1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-01-08

ACCORD CL7の足回りアーム類一式、クラッチ交換、などのオーバーホールです。

テーマ:ACCORD CL7_1

 

ACCORD CL7の

 

足回りアーム類一式、

 

クラッチ交換、などの

 

オーバーホールです。

 

 

 

今回ご紹介致しますのは、

 

鳥取県からご依頼いただきましたアコードCL7のユーザー様です。

 

いつもご遠方からのご来店頂きありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回ご依頼いただきました作業内容は、

 

走行距離の増加や年式により足回り各部品のオーバーホール、

 

クラッチ交換、セルモーター、オルタネーター交換、

 

 

 

 

サスペンションアーム一式の交換、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヘッドライトのコーティング

 

 

ラジエターホース、サーモスタット LLCなどの交換

 

エンジンのバルブクリアランス調整、

 

 

足回りのアライメント調整などです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年もシビック、アコード、インテグラ、S2000など、

 

年式、走行距離の増加に伴い、

 

エンジンのオーバーホールを中心に、

 

足回りのブッシュ、ミッションのオーバーホールなど

 

HONDA車のユーザー様が一番気になり個所を中心に

 

徹底的にオーバーホールを行っていきますので、

 

お気軽にお問合せ下さい。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2016-11-01

ACCORD CL7のミッションのオーバーホールとクラッチの交換作業です。

テーマ:ACCORD CL7_1

 

ACCORD CL7の

 

ミッションのオーバーホールと

 

クラッチの交換作業です。

 

 

今回の作業は、ミッションのオーバーホールと

 

クラッチカバー、ディスク、フライホイールの交換です。

 

ユーザー様は福岡県在住のアコードCL7です。

 

 

 

作業内容の詳細は、

 

ミッション1~6速を純正ギア比のまま新品に交換です。

 

シンクロ、ベアリングなども交換になります。

 

 

 

 

 

クラッチカバー、ディスク、フライホイールも純正に交換します。

 

ファイナルギア比を4.7から5.1に変更しました。

 

 

 

 

これで、ミッションの完全オーバーホールにより、

 

快適にシフト操作ができ、クラッチミートによるロスもなく、

 

スムーズに加速していきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2016-08-12

ACCORD CL7のエンジンオーバーホール&チューニングなど埼玉県ユーザー様からご依頼です。

テーマ:ACCORD CL7_1




ACCORD CL7の

エンジンオーバーホール&チューニングなど

埼玉県ユーザー様からご依頼です。










今回ご紹介致しますのは、

埼玉県のお住まいのACCORD CL7ユーザー様です。










ご依頼内容は、

エンジンのオーバーホール&チューニングにハイカムセッテイング、

エンジンマウントの交換、フライホイール、タワーバー、

強化クラッチペダル、ビッグスロットル・・・・

などです。











最初はお電話でお問合せ頂き、

お見積をご提示させて頂き、その後ユーザー様がご来店されて、

ご依頼内容の詳細の打ち合わせを行い、

改めて埼玉県までお車のお引取りを行いました。

完成後の納車も埼玉県まで陸送納車致します。











さて、今回ご依頼いただきましたエンジンの仕様ですが、

K20A 2000ccチューニングエンジンの製作です。

排気量は2000ccのままで鍛造ハイコンプピストンを使用して、

通常のエンジンの分解、洗浄精密組立を行います。

オーバーホールに各部の加工、研磨、バランス、軽量などを施しいて、

ハイカムを加えたチューニングエンジンです。












エンジンの詳細は、


純正交換部品一式

エンジン分解、洗浄、精密組立

ダミーヘッド使用

エンジンブロック ボーリング/ホーニング

バルブシート摺合せ

バルブガイド入れ替え

シートカット

ヘッド面研

強化バルブスプリング

強化チェーンテンショナー

エンジンオイル ミッションオイル、クーラント交換

ヘッドチューニング/ポート研磨、段付き修正

ハイカムシャフト IN/EX


などです。
























今回は、そのK20Aエンジンの降しから、

分解までの画像をご紹介致します。


































如何でしたか、

次回は、精密組立作業から完成エンジンまでをご紹介いたします。




































エンジンのオーバーホールからチューニングエンジンまで、

お見積などお気軽にお問合せ下さい。




AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2015-12-12

ACCORD CL7ユーザー様、12月4日オートポリスタイムアタックに2分7秒のベストタイム更新

テーマ:ACCORD CL7_1



ACCORD CL7ユーザー様、

12月4日オートポリスタイムアタックで

驚きの2分7秒のベストタイム更新しました。






オートポリスでの「レブスピードパーティ」のタイムアタックも終わり、

間もなく12月4日のスポーツ走行にて、

ナンバー付きのアコードCL7で、タイム更新を果たしました。


そのタイムは、驚きの「2分7秒97」というベストタイムの更新です。






コース状況はドライで気温は低いものの、

車はACCORD CL7のナンバー付きの車です。






もちろんガソリンの量は、偏り防止のため半分以上が必要ですので、

車の重量は、車検書記載で1470Kgにも及ぶ巨体になります。

CL7の画像を見ても重量級というのが良くわかりますね。


この体で、FF車のNAでの2分7秒台は驚異的なタイムですね。

関西、関東、東北方面の方で、オートポリスを走られたことが無い方は、

オートポリスホームページのレースリザルトでコースタイムを確認頂けたら、

良くお分かり頂けると思います。










エンジンは、2000ccのM&Mチューニングエンジンに

スポーツインジェクションを装備したハイパーチューニング車です。

足回りには、M&MオーリンズSPモデルを履き、

ピロブッシュに打ち替えです。

ブレーキには、M&M APレーシングキャリパーKITを装着。





排気系は、EXマニにM&MスーパーチタニュームEXマフラーです。

空力には、エアロダイナミックスフルフラットボトムを装着していますが、

今回は、ユーザー様のご希望で、リアバンパーの下部を2/3ほどカットして、

空気の流れを良くしてのトライになりました。

このACCORD CL7のチューニング仕様は、そのほか沢山有りますので、

詳細につきましてはお問合せ下さい。






まずは、オンボードカメラで、そのタイムアタック動画をご覧ください。

特にFFユーザー車オーナーの方、必見です。

そのドライビングは、丁寧で無理なく高回転を維持し

FF、NA車の基本となるドライビングスタイルだと思います。








いいね!した人  |  リブログ(0)
2015-12-04

ACCORD CL7にM&MオーリンズダンパーKITタイプ1とタワーバー、ガセットプレートです。

テーマ:ACCORD CL7_1



ACCORD CL7に

M&MオーリンズダンパーKITタイプ1と

フロントタワーバー、

トランクルームガセットプレートの

取付けです。






今回ご紹介いたしますのは、

北九州在住のACCORD CL7ユーザー様です。


前回、オートポリスサーキットを純正ダンパーで走行されて、

足回りに不満を抱き、次回のサーキット走行までにと、

ご注文頂きました。




























今回の仕様は、

サーキット走行はもちろんですが、ストリート走行まで幅広く対応できる、

M&MオーリンズダンパーKIT(全長調整タイプ)に

直巻きスプリング フロント14Kg   リア12Kgを装着、

アッパーマウントは純正を使用して、アルミスプリングシートで対応しました。

※サーキットタイムアタック仕様では、フロント24K リア20K(Sタイヤ仕様)を使用します。







































ボディ重量にハンディがあるアコードですので、

ボディ補強は欠かせませんが、今回は、フロントタワーバーに、

トランクルームガセットプレートで対応します。































タイヤ、ホーイールが純正のままですので、

ダンパーの減衰力、強化されたスプリング、車高を落としての重心の安定性など、

足回りのほうにアドバンテージがあるのは当然です。

純正比、30mmダウンの設定です。

旋回性能ではタイヤのほうが負けますので、

サーキットでの安全性やドライビング上のコントロール性を体感するのには

良く大変勉強になると思います。















次回のサーキット走行が楽しみですね。

頑張ってください。






いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。