こだわりのHONDA車オーナーの為のコダワリブログ!


「ホンダのほんき!」

$「ホンダのほんき!」


$「ホンダのほんき!」
 M&M HONDA on facebook

Facebookもチェック!


「ホンダのほんき!」


http://www.mandm-honda.com

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2015-03-27

車高の低い車のタイヤ交換に重宝するタイヤスロープが4色そろいました。

テーマ:チューニングパーツ情報



車高の低い車の

タイヤ交換に重宝する

タイヤスロープが

4色そろいました。







今回はサーキットでのタイヤ交換に重宝する、

タイヤスロープのご紹介です。






車高が低いとジャッキアップするときに、

ジャッキアップポイントにジャッキが入らなく困ったことがありませんか?


このタイヤスロープに車を乗せると、簡単にジャッキが使えます。





この商品は、2ピースで分解でき持ち運びや保管に便利なスロープです。

カラーも黒、オレンジ、蛍光グリーン、蛍光ピンクと、

華やかなカラーになりました。






サーキットでの必需品、タイヤスロープのご紹介でした。






最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2015-03-20

ACCORD CL7 純正ダンパーマウント専用直巻きSPアルミアッパーマウントシート65φ

テーマ:ACCORD CL7_1


ACCORD CL7 

純正ダンパーマウント

直巻きSP専用

アルミアッパーマウントシート65φが

入荷しました。







今回は、ACCORD CL7ユーザー様から

ご注文を沢山頂いておりました、

純正アッパーマウント対応の

直巻きスプリング専用アルミアッパーマウントシートが

大量入荷致しましたのでお知らせ致します。









ピロアッパーマウントと同じくらい人気商品の

この「アルミアッパーマウントシート」は、

純正のゴムラバーのアッパーマウントを使用しながら、

手軽に直巻きスプリングを使用できるので

ピロアッパーマウントまで必要ないユーザー様に

発売当時から広くご注文を頂いております。















詳しくは前回ご紹介致しましたブログ、

「ACCORD CL7の足回り交換!

M&Mオーリンズダンパーにフロントサブフレーム4箇所のブッシュを

リジットマウントに、F/Rのアーム類の新品交換です。」


をご覧ください。





現在在庫は確保致しており、即納可能です。

ご注文は、フロント、リア用がございます。

お早目のご注文お待ち申し上げます。







2015-03-14

ACCORD CL7のシフトブラケットリジットカラーの交換とシフトワイヤーの交換です。

テーマ:ACCORD CL7_1


ACCORD CL7の

シフトブラケットリジットカラーの交換と

シフトワイヤーの交換です。






今回は、ACCORD CL7のユーザー様の

シフトブラケットリジットカラーの交換のご紹介です。







シフトフィーリングのダイレクト感がシフトアップ、ダウン時に

驚異的な感覚でシフトレバーを操作できます。

その感覚はサーキット走行やスポーツ走行時に素早いシフトワークを

要求されたときに威力を発揮して小気味よいシフトフィーリングを実感できます。









純正との比較画像をご確認ください。




















今回はシフトブラケットリジットカラーの交換だけでなく、

純正部品のシフトワイヤーの金属疲労で加締めが外れ、

シフトレバーが入らない状態になっていましたので、

新品に交換です。






長年乗ると純正部品も思わぬところに、

不具合が出てきます。






今回はまさしく予期せぬ出来事で、シフトワイヤーハーネスの破損で、

シフトレバーが動かない状態に陥りました。









このように、場所を選ばず日頃のメンテナンスできるか個所以外にも、

突然の故障が訪れます。



今回は、シフト関係のご紹介でした。





2015-03-13

S2000 AP1に無限製ハードトップの装着です。

テーマ:S2000_1


S2000 AP1に

無限製ハードトップの装着です。



今回ご紹介致しますのは、

S2000に無限製のハードトップを

取り付けです。






最近特にソフトトップからハードトップに変更して、

新たにS2000のイメージを変え

乗られるユーザー様が増えています。






今回のユーザー様もその一人で、

長崎県からのご来店です。


オープンボディのS2000もそれなりオープン感覚の

雰囲気を体感できますが、

殆どのユーザー様は、

オープンボディで乗ることが少ないのがS2000の現状です。







それならハードトップを装着して、

スポーツクーペスタイルの2シーターボディのレイアウトの

雰囲気もスパルタンボディに変身でき、

新たな気持ちでS2000の良さを感じ取ることができるし、

ソフトトップはそのまま現状維持でき

楽しむことができます。




















車検も問題ありませんので、

S2000のユーザーの方、如何ですか?

ハードトップ画像でその雰囲気をご覧ください。
















ハードトップに関してのご質問、納期、などはお気軽にお問合せ下さい。


2015-02-28

カーマガジン「ホンダスタイル」の取材、写真撮りです。

テーマ:雑誌取材_1


カーマガジン

「ホンダスタイル」の

取材、写真撮りです。






今回、ご紹介致しますのは、

「ホンダスタイル」の取材での写真撮りです。





車種は、ハイパーワイドボディKITを装着した、

ハイパーS2000とINTEGRA DC2 TypeRの

2台の撮影です。





















その撮影風景を何点かご紹介致します。

詳しい内容にゆきましては、次回発売の「ホンダスタイル」を

ご購読下さい。


1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>