こだわりのHONDA車オーナーの為のコダワリブログ!


「ホンダのほんき!」

$「ホンダのほんき!」


$「ホンダのほんき!」
 M&M HONDA on facebook

Facebookもチェック!


「ホンダのほんき!」


http://www.mandm-honda.com

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-09-17

CIVIC EK9 B16B 18仕様エンジンオーバーホール&チューニング

テーマ:CIVIC EK9

 

CIVIC EK9

 

B16B 18仕様

 

エンジンオーバーホール&チューニング

 

スポーツインジェクション プラス

 

ハイカム フルコンセッティング

 

 

タイトルが長くなりましたが、

 

今回ご紹介致しますのは、

 

愛媛県のEK9ユーザー様です。

 

 

 

 

上記画像は完成写真です。

 

 

 

今回の作業内容は、

 

エンジンのオーバーホール&チューニングと

 

ハイカムによるECUの変更でフルコン仕様のセッテイングになります。

 

スポーツインジェクションとハイカムの組み合わせにより、

 

フルコンを使用して専用ハーネスを製作後、データーをすべて作ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まず最初は、エンジンの分解、洗浄から始まり、

 

精密組立を行います。

 

エンジンの仕様はB16Bの1.8L仕様で

 

鍛造ハイコンプ、I断面断像コンロッド、クランクはB18CタイプRを使用します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

作業内容は、

 

エンジンを分解、洗浄するところから始まります。

 

ダミーヘッドを使用したボーリング、ホーニング処理

 

コンロッドフルフロー加工処理、バルブシートカット

 

バルブガイド入れ替え、バルブ摺合せ、WPC加工

 

エンジンヘッド 段付き修正、ポート加工、研磨、バランスなど

 

純正消耗部品の交換・・・・・・など多数、手を加え精密組立を行います。

 

その作業内容は、HONDA車エンジンチューニングに携わって35年間の

 

実績により細部にわたる沢山のデーターをもとに、組み立てていきます。

 

今回は、分解させたエンジンパーツから組立作業までの画像を一挙に

 

ご紹介させて頂きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エンジンの組み立てが終了しましたら、

 

アイドリングでエンジンの状態を確認します。

 

その後、エンジンの慣らし走行を終えてからフルコンの製作にに入ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回の仕様では、スポーツインジェクションに、

 

純正もしくはセミコンでは制御できないハイカムシャフトを使用しましたので、

 

何も情報が入っていない素のフルコンからマップを作り上げますので時間がかかります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現在マップの製作後、自走でのセッティングを現車合わせで行います。

 

間もなく完成のハイパーチューニングEK9のご紹介でした。

 

 

エンジンのオーバーホール、チューニングに関してのご質問は、

 

お気軽にお問合せ下さい。

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2016-09-06

This is Hyper Wide Body Design.

テーマ:M&M HONDA 情報

 

This is Hyper Wide Body Design.

只今好評発売中のハイパーワイドボディキットを装着した、

 

Honda車 Hyper VTEC 軍団です。

 

 

 

 

現在、S2000、INTEGRA DC5 DC2、CIVIC EK9の

 

オーナーの方必見です!

 

 

新発売のCIVIC EK9のワイドボディを加えて、

 

ワイドボディキットを装着した4車種の集合写真です。

 

 

迫力あるワイドボディスタイルのカスタマイズで、新しいカーライフを満喫します。

 

ストリートユーザーからサーキットユーザーまで、

 

タイヤ、ホイールのデザイン、組み合わせによりイメージが大きく変貌する、

 

ユーザー好みのホンダスタイルを創り上げます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワイドボディキットに関しての詳細やご不明な点、価格、納期、

 

また、取付け、塗装、車検までお受け致しています。

 

デモカーも展示していますので一度ご来店頂き、

 

実車の迫力のワイドボディを確認してください。

 

ご来店お待ち申し上げます。

 


 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2016-09-03

CIVIC EK9 ハイパーワイドボディKIT、次号カーマガジン「ホンダスタイル」写真撮影

テーマ:CIVIC EK9

 

CIVIC EK9

 

ハイパーワイドボディKIT、

 

次号カーマガジン「ホンダスタイル」

 

取材写真撮影です。

 

 

 

 

 

今回ご紹介致します画像は、

 

新登場、発売中のCIVIC EK9 ハイパーワイドボディKITの

 

写真撮影です。

 

 

 

次号発売の、カーマガジン「ホンダスタイル」の

 

取材、写真撮影を行いましたのでご紹介致します。

 

 

 

 

CIVIC EK9 Type Rをベースに、

 

車幅片側60mmのワイド化されたハイパーワイドボディKITです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回発売された、ハイパーボディKITは、

 

フロントフェンダー、リアフェンダー、サイドスポイラーの3点KITのワイドボディと

 

ハイパーアンダースポイラーKITになります。

 

製品の詳細は、「ホンダスタイル」をお買い上げ頂き確認してください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

只今、世界規模で絶賛販売中です。

 

価格、納期等はお気軽にお問合せ下さい。

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2016-08-30

S2000 AP1 フロント、リアの前後アッパーアームに強化ブッシュの打ち替え作業です。

テーマ:S2000_1

 

S2000 AP1

 

フロント、リアの前後アッパーアームに

 

強化ブッシュの打ち替え作業です。

 

今回ご紹介致しますのは、

 

大分県からご来店頂きましたS2000 AP1ユーザー様です。

 

作業のご依頼内容は、アッパーアーム前後のブッシュ交換です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

純正ブッシュから強化ブッシュに打ち替え作業です。

 

S2000のアッパーアームブッシュは、

 

年式や走行距離に応じて、ブッシュの疲労が一番大きい部位でもあります。

 

特にサスペンションを強化されている場合、ダンパーストロークは強化スプリングに

 

比例してアッパーアームの動きに伴ってアームブッシュを過酷に動かします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

足回りのオーバーホールはS2000にとって、とても重要です。

 

その第一歩としてアッパーアームブッシュの交換や強化ブッシュへの交換を

 

お勧め致します。

 

 

 

 

 

足回りのゴムブッシュは長年蓄積されたブッシュにかかる過酷な動きを

 

ネジレや亀裂、変形などの現象でどうにか保っています。

 

早めの交換をお勧め致します。

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)
2016-08-28

S660 足回り強化パーツ、ピロロアアーム&ピロコントロールアーム新発売です。

テーマ:S660

 

S660

 

足回り強化パーツ、

 

ピロロアアーム&ピロコントロールアーム

 

新発売です。

 

 

今回ご紹介いたしますNEWパーツは、

 

全長調整式のリアピロロアアームASSYと

 

全長調整式のリアピロコントロールアームASSYです。

 

 

 

 

ダンパーの強化、車高ダウンの次は足回りブッシュの強化です。

 

S660のミッドシップレイアウトの最大の利点はフットワークです。

 

ですが、純正ゴムブッシュマウントでは剛性不足で峠やサーキットでの

 

スポーツ走行では役不足になり、ゴムブッシュマウントの変形、ネジレ現象が起こり、

 

緩慢な動きになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回発売のピロアームは、S660のボディ剛性をしっかり受け止め、強化されたダンパーの動

 

きを活性化させて、ドライバーに路面の状況を的確に伝える役目をします。

 

ハンドリングに直結する足回りピロは高速コーナリング時においても、安定した動きを保ち、

 

タイヤの性能を十分に発揮できるフットワークを約束します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

S660 Rear Control Arm Pillow Arm Assy

 

 

ターンバックル全長調整式のリアピロコントロールアームASSYです。

コントロールアームの両端部にはロッドエンドピロ/スフェリカルピロを配し、

純正ゴムブッシュの弱点のネジレ、剛性不足の弱さをピロを使用することで

大幅に改善されて、S660のミッドシップレイアウトの利点であるハンドリングに

直接反応します。峠、サーキットなどのコーナリング時にその効果はすぐに体感でき

足回りの動きをシビアに感じ取ることができます。

また、全長調整式の為、トーイン調整の細かな作業においてサーキットでのセッティングに

幅が広がります。

調整幅は-5mmから+20mmまで調整が可能です。

アーム本体はカチオン電着塗装により強固な塗膜を形成しています。

改造申請書類付きですので安心して取付け出来ます。

 

 

S660 Rear Lower Arm Pillow Arm Assy

 

 

ターンバックル全長調整式のリアピロロアアームASSYです。

コントロールアームの片側にはロッドエンドピロを配し、

純正ゴムブッシュの弱点のネジレ、剛性不足の弱さをピロを使用することで

大幅に改善されて、S660のミッドシップレイアウトの利点であるハンドリングに

直接反応します。峠、サーキットなどのコーナリング時にその効果はすぐに体感でき

足回りの動きをシビアに感じ取ることができます。

また、全長調整式の為、キャンバー調整の細かな作業においてサーキットでのセッティングに幅が広がります。

調整幅は-5mmから+20mmまで調整が可能です。

アーム本体はカチオン電着塗装により強固な塗膜を形成しています。

改造申請書類付きですので安心して取付け出来ます。

 

 

以上、コントロールアームとロアアームのピロアームのご紹介でした。

 

この2点は同時装着をお勧め致します。

交換後はアライメントの調整が必要です。

 

価格、納期等はホームページをご覧頂くか弊社までお問合せ下さい。

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。