こだわりのHONDA車オーナーの為のコダワリブログ!


「ホンダのほんき!」

$「ホンダのほんき!」


$「ホンダのほんき!」
 M&M HONDA on facebook

Facebookもチェック!


「ホンダのほんき!」


http://www.mandm-honda.com

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2014-11-27

INTEGRA DC5 オートポリス最速タイム更新の装着足回りのセッテイングでお問合せの件です

テーマ:INTEGRA DC5




INTEGRA DC5

オートポリス最速タイム更新で、

装着足回りのセッテイングつきまして、

お問合せ多数頂いていますので、

このDC5の足回りの仕様をご紹介致します。









今回ご紹介致しますのは、

前回のレブスピードパーティで、

オートポリス2分06秒のベストタイムを更新したDC5の足回りの

セッティングをお尋ね頂くDC5ユーザー様が多いので、

そのセッティング内容をお知らせいたします。












エンジンのチューニングは前回ご紹介致しました通り、

K24ブロックを使用した2400ccチューニングエンジンに

スポーツインジェクションを装着した仕様です。






ストリートエンジンチューニングで、

使用も通常のストリート走行、通勤まですべてをこなす、

とても扱いやすく、どの回転域でもどこから踏んでも瞬時に加速する

チューニングエンジンです。





カムシャフトはDC5の純正をそのまま使用、

ミッションは、ファイナル5.1を使用して1-5まで純正仕様、

LSDは、M&MメタルのタイプRR/2WAY(00101-K20-M002)を装着。



今回お問合せが一番多かった足回りにつきましては、

M&Mオーリンズスペシャル タイプ(00200-DC5-M001-SA)を装着。







その仕様は、オーダーセッティングで注文をお受けしている商品ですので、

ストリートからサーキットまでユーザー様のご希望にすべてお答えできる商品です。


今回装着している仕様は、サーキット走行セッティングでして、

減衰力、ストローク量、スプリングレートなどすべてサーキット走行に合わせた

仕様になっています。












---------------------------------------------------------------------------

特徴:


HONDA車専門店が作った高性能で絶大の人気メーカーのオーリンズを超えたオーリンズ!究

極のダンパーセッテイングを堪能してください。M&Mオーリンズは内部構造はもとより、減衰

力、スプリングレート、シェルケース素材、アッパーマウント構造、などすべての設計において

オリジナルのM&Mオーリンズダンパー製作しています。すべてのオーナーの方に満足を提供で

きるよう、オーダーセッティングを取っています。他メーカーやオーリンズダンパーと是非乗り

比べてください!その違いは、乗った瞬間からわかります。
 












対象ユーザーは、とにかく足回りにこだわりを持った方で、サーキットセッティングを重視され

る方や、ストリートにおいて質の高い乗り心地を求められる方にお勧めです。ファミリー、スポ

ーツ、サーキットとすべての条件で妥協せず、あらゆる条件でテストを繰り返し完成したスペシ

ャルダンパーKITです。スプリングレートは、お客様の走行条件を重視したセッテイングのた

めに自由設定になっています。このタイプ1はFピロアッパーマウント、F/R強化スプリングは

オプション設定です。ストレートアームのジョイントブラケットが 最大の特徴。車高を落とした

ときの最適なアライメントの適正化を追求した究極 の形です。いち早くM&M HONDAがこ

の形状をINTEGRAに採用いた しました。



フロントは倒立タイプの全長調整式車高調、リアは正立タイプのネジ 式車高調でどちらも20段

減衰力調整機能です。シリンダーケースは耐久性や強度 を重視したスチール素材を採用。アライ

メントは、よりスポーツ性重視の方向で キャンバ角の変更(3度)とステアリングタイロッドで

のトーイン調整範囲を可能にしました。スポーツ走行、サーキット走行、モータースポーツなど

を重視したセッテイングのため、PCVやDFV機構をあえて使わず、モータースポーツで使用

されている初期作動性に優れ、路面追従性を大幅に向上させた従来の機構にこだわって製作しま

した。














スペック

減衰力調整:伸圧同時20段調整/前後

減衰力設定:フルオーダーメイド

キャンバー設定:ネガティブ3度設定

ピロアッパーマウント調整角:---

車高調整範囲:可能 F/-15mm~-50mm R/-15mm~-50mm(±5mm)

フロントダンパー構造:倒立式全長車高調整式

リアダンパー構造:正立式ネジ式車高調整式

有効ストローク:M&M設定

バンプラバー:ウレタン

ショック構造:単筒式

ケース材質:スチール(特殊加工)

ピストン径:フロント/50Ф リア50Ф

アッパーマウント:---

スプリング:オプション設定 F/直巻き65Ф R/直巻き65Ф使用 バネレートオーダーセッテイ

ング

仕様変更:可能

オーバーホール:可能

------------------------------------------------------------------



スプリングレートに合わせた仕様ですが、

フロント16K152 リア28K152 の組み合わせです。

タイヤサイズ フロント245/40-17   リア225/45-17サイズです。



など細かな仕様はありますが、

大まかな装着パーツは以上です。


以上、ご参考までにお知らせいたします。

詳細はお気軽にお尋ねください。




2014-11-25

オートポリスにてREVスピードパーティでのタイムアタックで大幅にベストタイム更新!

テーマ:サーキット情報_1




M&M INTEGRA DC5

11/22、オートポリスにて開催された、

REVスピードパーティのタイムアタックで、

ベストタイムを大きく更新しました!







今回は、先日開催された、REVスピード主催の

走行会の模様とタイムアタックをご紹介致します。


弊社のユーザー様でHONDA車大好き、サーキット走行大好きなお客様たちと

一緒に参加し、天候にも恵まれ、楽しい1日を過ごしてきました。














その他、FD2,FN2,DC2など弊社のお客様がいらっしゃいますが、画像がなくごめんなさい。



オートポリスREVスピードパーティーの走行会内容は、

初心者からベテランまで誰もが気軽に参加でき、

安全に安心してサーキット走行できるように、

デビュークラス、初級クラス、中級クラス、上級クラスと4段階に

細かくクラス分けをされています。


誰もが楽しめるサーキット走行会です。




M&M HONDAでは、

ショップ対抗のタイムアタックに参加、

ナンバー付きINTEGRA DC5をエントリーさせました。








ショップ対抗のタイムアタックには、

地元の有名チューニングショップが多数参加されていて、

車種も多く、どの車も個性的でフルチューニングが施され、

驚異的なタイムを叩き出す、レースカーより速いチューニングカーの軍団です。

参加台数は24台にも及び、クラス分けは行わず、NSX,GTR,FD3S,S15,AP1,86など

大排気量車、ターボ車など含め全車両タイムアタックにコースインします。

チューニング好きのユーザー様にはたまらない興奮の光景をご覧いただけます。









その中で、弊社のINTEGRA DC5は、今までのベストタイムを大幅に更新!

NAエンジンでナンバー付きストリートカーのK型エンジンでは、

オートポリス最速最強ではないかと思います。







エンジンはM&M HONDAチューニングのK24のブロックを使用した2.4Lの

スポーツインジェクション仕様のハイコンプピストンチューニングエンジンです。

もちろん特別仕様のエンジンではなく、ストリート走行も耐久性も兼ね備えた

誰でも気軽に普通に乗れるエンジンです。








フルコン仕様でオートポリスの高地でのセッティングも行い万全の態勢で

今回のタイムアタックに臨みました。



今回のドライバーは、誰もが知る究極のタイムアタッカー、

「ターザン山田選手」です。





アウトラップからの1週回だけのタイムアタックですが、

1発「2’06.849」のベストタイムを叩き出して頂きました。

さすがプロドライバーですね。

初めて乗って頂いたDC5でベストタイム更新です。











この2.4エンジンは、レブリミット7,500rpmですが、

走行後のご感想は、「どこから踏んでもタイムラグなく加速するエンジンで、

最初はNAエンジンでなくスーパーチャージャー搭載かと思った。」と好印象を頂きました。






また「最高回転の7,500rpmレブの、VTECエンジンではとても低い最高回転でも

全く問題なく、すべてのレンジでアクセルに俊敏に対応する加速感に驚いた。」

とご感想を頂きました。






詳しくは、次回発売のカーマガジン「レブスピード」をご覧ください。



今回残念ながら参加できなかった方、

来年は弊社でも申し込みを受け付けていますので、

ご一緒にサーキット走行を楽しみましょう。

詳しくはお問合せ下さい。
2014-11-21

新製品S2000ハイパーワイドボディKIT「ホンダスタイル」と「ワークアルミホイール」の取材風景

テーマ:S2000_1




新製品「S2000ハイパーワイドボディKIT」の

カーマガジン「ホンダスタイル」と

「ワークアルミホイール」カタログ撮影

の写真撮りです。



今回ご紹介致しますのは、

新製品の、「S2000ハイパーワイドボディKIT」の

取材風景をご紹介致します。







場所は、福岡市内の「レベルファイブスタジアム」で、

今回は、カーマガジン「ホンダスタイル」の次号の取材と

アルミホイールメーカー「ワーク」の新カタログの写真撮りです。

車はS2000 AP1前期タイプで、

ユーザー様は福岡県在住のオーナー様です。

「S2000ハイパーワイドボディKIT」は、

純正バンパー、S2000 AP1 130以降、AP2の純正バンパー対応になりますので、

前後のバンパーを交換して取り付けになります。







今回のユーザー様は、

他メーカーのワイドボディKITからの交換でしたので、

リアフェンダーは加工済です。

フロントは、純正フロントフェンダーに交換しての取り付けになります。

今回の「S2000ハイパーワイドボディKIT」の装着に伴い、

ボディカラーを一新して全塗装を施しました。










タイヤ、ホイールもワイドボディ化に伴い、

幅広タイプに交換です。

タイヤ ホイールサイズは、

「ハイパーワイドボディKIT」の

ワイド化されたボディサイズ、

フロント片側+80mm リア片側+100mmのサイズアップに合わせて


タイヤサイズ:フロント アドバンA050 265/35-18

       リア   アドバンA050 295/30-18

ホイールサイズ:フロント ワーク マイスターM1 10.5J/18 -8

         リア   ワーク マイスターM1 11.5J/18 -19

を装着しました。


マフラーはHKSをチョイス、エキゾーストのレイアウトが

リアバンパーから覗けるよう、バンパー下部をカットして、

Sタイヤとのコラボでレーシング雰囲気を醸し出しています。







今回のS2000には、

オプション設定のフロントアンダーディフューザーも装着して、

フロントからの画像アングルも大迫力のワイドボディを

一層醸し出しています。

フロントバンパー、フロントオーバーフェンダーの張り出しのラインから

ドア周りの絞り込みにかけて、

ドアの絞り込みから一挙に張り出したリアオーバーフェンダーにかけてのワイドボディライン、

そのシルエットはフロント80mm、リア100mmの驚異のサイズアップのボディとは思えない、

軽快でシンプルでグラマラスな曲線美が周囲の人を驚かせます。



それでは、その全貌をご覧ください。

















































いかがでしたか?

実車をご覧いただくと、写真以上の感動を約束します。

是非ご来店頂き、実際にご自分の目で確かめてみてください。


只今、好評発売中!です。

ご来店お待ち申し上げます。






2014-11-20

S2000フルコンECUチューニング、セッティングでのユーザー様のインプレッションの紹介です。

テーマ:S2000_1
S2000

フルコンECUチューニング、

セッティングでの

ユーザー様から走行後のインプレッションを

メールにて頂きましたのでご紹介させて頂きます。



今回ご紹介致しますのは、

佐賀県在住のS2000ユーザー様です。

前回、エンジンオーバーホール、チューニングを施して、

今回は、より細かなフルコンでのECUセッテインングです。


吸気系のチューニングで無限製のエアクリーナー&BOX KITも

同時装着でのECUセッティングになります。




エンジン仕様は、

2000cc鍛造ハイコンプピストン、鍛造I断面コンロッドを使用しての

エンジンオーバーホールを含めた高回転対応エンジンチューニングです。



まず、エンジンチューニング、ミッションクラッチ等の作業工程の画像を紹介致します。








































































































































































以上が、エンジンオーバーホール&チューニングの内容です。



今回は、そのチューニングエンジンに合わせた、

フルコンを使用したコンピューターチューニングです。

そのセッティングを行った後の、

ユーザー様からインプレッションをメールで頂きましたのでご紹介させて頂きます。


--------------------------------------------------------------------


M annd M HONDA 真島様、スタッフ一同様

 
こんにちは、佐賀の(^O^)です。先日来よりお世話になりました。

先週の土曜日に車を受け取り翌日曜日に、早速、湯布院から安心院までのツーリングに参加し

てきました。今回のフルコン化のシェイクダウンでのインプレッションをご報告します。



6月のエンジンチューニング以来、3000キロ以上走り、かなりエンジンの回転も軽くなっ

てきてからの今回のフルコン化でしたので、思いっきりエンジンを回す事が出来ました。



低速域でのトルク感は若干上がったかな、という程度でしたが、高速に乗ってからの回転の上昇

の速さには、ビックリしました。特にVTECに切り替わる5000回転を過ぎてからあっという間

にレッドゾーンに到達するまでのスピード感は、いままでのエンジンでは絶対に味わえないもの

でした。



無限のエアクリーナーとも相まって、エンジン音もかなり変わりました。峠道でも、常にVTECゾ

ーンをキープ出来、登りでの加速感、トルク感も申し分のないものでした。



なめらかで、鋭いエンジンの回転に比例しての加速感を充分に堪能出来ました。オープンで走れ

ば、まるでバイク感覚ですね。大満足です。ただ、低回転域と高回転との差があり過ぎて少し乗

りにくさは感じますが、これが、2.2リッターのチューニングだったら解消出来るのでしょう

ね。



こうなってくると、ラジエター、オイルクーラー、ブレーキもと、欲が出てきそうです。

思わず、ニンマリしてしまった週末でした。

また、寄らせて頂きます。


----------------------------------------------------------------------


以上です。

いつもありがとうございます。

こちらこそ、これからもよろしくお願いいたします。

次回のご来店お待ち申し上げます。


以下の画像は、フルコンのセッティング風景です。

エンジンチューニング仕様に合わせて細かくセッティングを行います。

フルコンの強みはパワー、トルクに現れますね。





















2014-11-14

S2000 ハイパーワイドボディKITのカタログ、雑誌取材前の準備風景です。

テーマ:S2000_1




S2000

ハイパーワイドボディKITの

カタログ、雑誌取材前の

準備風景です。







今回は、S2000ハイパーワイドボディKITの画像をご紹介致します。

来週月曜日に「ワークホイールカタログ撮影」と、

カーマガジン「ホンダスタイル」の取材撮影のため、

準備を進めているセッテイング風景の画像をご紹介致します。







S2000をリベラブルーに全塗装を施し、

現在新発売の中のエアロボディKITの

「ハイパーワイドボディKIT」と「フロントウイングディフューザー」を纏った

最新のS2000 タイプMRcingです。


「ハイパーワイドボディKIT」の

ワイド化されたボディサイズは、フロント片側+80mm リア片側+100mmです。


タイヤサイズ:フロント アドバンA050 265/35-18

       リア   アドバンA050 295/30-18

ホイールサイズ:フロント ワーク マイスターM1 10.5J/18 -8

         リア   ワーク マイスターM1 11.5J/18 -19






詳しい内容につきましては、次号の「ホンダスタイル」をご覧いただきたいと思います。






今回新たに新発売になった商品をご紹介致します。


Hyper Wide Body Kit内容:

●フロントオーバーフェンダー Front overfender












●リアオーバーフェンダー Rear overfender





●フロントバンパーエクステンション Front bumper extension





●リアバンパーエクステンション Rear bumper extension





●サイドスポイラー Side spoiler








●S2000ハイパーワイドボディKIT
価格 ¥268,000円(税別) 5点KIT
付属部品:ステンレス製六角ボタンねじ、ボルトナット、ステンレス製ワッシャー、ステンレス製ブラインドナット(専用工具ナッター使用)オーバーフェンダー専用フチゴム、両面テープ






●フロントウイングディフューザー Front wing diffuser
価格 ¥68,000円(税別)





●フロントバンパーカナード Front bumper canard
価格 ¥14,000円(税別)


●カーボンGTウイング/タイプMRS Carbon GT Wing Type MRS
価格 ¥155,000円(税別) サイドマウントタイプ
仕様:WETカーボン ウイング幅1600mm車検対応/1700mm ウイング高245mm(ブラケット高さ)タイプMRacing専用エンドプレート ガーニーフラップ(オプション)¥23,000円(税別)


●カーボンGTウイング/タイプMRC Carbon GT Wing Type MRC
価格 ¥180,000円(税別) センターマウントタイプ
仕様:WETカーボン ウイング幅1600mm車検対応/1700mm ウイング高245mm(ブラケット高さ)タイプMRacing専用エンドプレート 専用センターマウントベースブラケット



上記商品の詳しい情報はお問合せ下さい。






1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>