■ 中村信仁 公式ホームページが完成しました !!

↓↓↓↓↓↓↓

http://poji-poji.com/


◆ 永業塾の開催スケジュールは

http://poji-poji.com/eigyou-jyuku/ をご覧下さい。


◆ 永業塾へのお問い合わせはメールにていつでもご質問ください。

↓↓↓↓↓↓↓

ask@mgfan.com

永業塾は業界、業種を問わず社会人であればどなたでも参加いただけます(学生不可)。

入会金不要。参加費5千円。各ステージ月1回開催(札幌、宮城(不定期開催)、福島、東京、名古屋、大阪、福岡、熊本、宮崎 )

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2015-06-01 15:30:50

ブログのお引越し

テーマ:ひとりごと

こんにちは、中村信仁です。

このたび blog を引っ越すことにしました。


http://poji-poji.com/blog/


中村信仁公式ホームページにブログを綴ります。

これからもぜひ訪問ください。

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2015-05-21 12:18:46

大阪都構想 頓挫におもう

テーマ:ひとりごと

大阪市の橋下徹市長が進めた「大阪都構想」が反対多数で断念することになりました。

884万人の大阪府民の中に269万人の大阪市民がいて、大阪府職員82,483人と大阪市職員34,694人。その職員たちが働く事業所の数が大阪府約41万ヶ所、大阪市約19万ヶ所。

「この無駄をなくすために大阪都構想を実現する。そのために政治家になった。府知事を辞め大阪市長になる」

これが橋下徹市長が政治をする志であり目的だった。それを大阪市民に「賛成」か「反対」かを問うたのが5月17日の住民投票だった。

その結果、反対する人が賛成の人より約1万人多かった。これにより「大阪都構想」は断念する結論となりました。

賛成 694,844票
反対 705,585票

橋本徹市長は任期満了での政界引退を表明しました。なんと潔いことか。自分は大阪都を作るために政治家を目指した。しかし、それが実現できなかった。つまりこの時点で役割を終えた。まずはきちんと幕引きをします、というわけです。

国民のために、とか地元民のために、などと云って具体的な志や目的もなく政治を行う人の多い中で、なんとも気持ちいい男だと思いませんか皆さま。

私はこのような筋の通し方がとても大好きなのです。




中村信仁
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-05-19 23:12:22

草食男子が日本を正す

テーマ:ひとりごと
いい車に乗りたいと若い頃考えましたが、それは「いい車に乗りたい」のではなく、いい車に乗っている自分を誰かに評価されたかっただけなのだ。

いい車に乗っている人を羨ましいと思った。いい家に住む人を羨ましいと思った。いい時計や、いい鞄、いいスーツを着ている人を羨んだ。だから自分もそうすれば人から羨ましがられると思った。とてもくだらない見栄を張っていたのだ。

これは完全にアメリカ型資本経済の洗脳に他ならない。つまり物欲の権化と化していた。モノでしか価値観の優劣をつけられない。

そんな中、最近は「草食男子」なるモノが現れ、一切物欲を持たないことが特徴だという。車もいらない、家もいらない、豪勢な暮らしなんて興味ない……等々。

まさに、かつての日本人本来の価値観に戻りつつあるのではと思う。精神性の高さこそ価値観の優劣なのだという日本思想。そう考えると「草食男子」を嘆くどころか、喝采を送りたい気分の夜である。



中村信仁
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-04-20 13:22:23

最高の講話者たちと感動の三時間

テーマ:ひとりごと
昨日、熊本にて大きなイベントを終えました。とても楽しく、とても有意義な時間を素敵な仲間たちと過ごしました。

永業塾第一回ブロック大会。栄えある第一回に選ばれた地は九州ブロックでした。長男の福岡ステージ、次男の宮崎ステージ、三男の熊本ステージ。その三つのステージから選りすぐりの勇者たちによる講話です。

持ち時間は15分。
テーマは共通で「営業と古事記」。全11人による3時間のアウトプット大会。

楽しかった。可笑しかった。感動した!これが3時間の素直な感想。誰一人眠る人も現れず、誰もが身を乗り出して聞き入ってしまう11人たちの講話。

手前味噌で恐縮ですが、永業塾恐るべし。講話の鍛錬をし続け、プレゼンテーションの練習をし続け、情報発信の訓練を続けた結果が、聴く人を惹きつけ、説得力を生み、語りに物語が加味される話術を普通に使いこなしている仲間たちに感動です。
{D19E5BCE-DBDF-4C49-875D-11BA11F68640:01}

{F43274E9-5C59-4DA4-8DA8-E0662214DCDB:01}

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-04-14 10:37:07

チャンスは変わらぬ準備を続けるものに訪れる。

テーマ:ひとりごと

マーリンズに移籍してからのイチロー外野手にスタメンの機会は訪れなかった。得意とするセンターのレギュラーはマーリンズではオズナの定位置だ。

2015年4月12日、マイアミでのレイズ対マリナーズのデーゲーム。

試合準備のためクラブハウスへ入ったイチローはいつものようにスタメン表を確認する。もちろんこの日もイチローの名前はない。

ところが突然チャンスが訪れる。
午前10時5分の練習開始になってもオズナが姿をみせないことにレイモンド監督が厳しい態度をとった。「5番センターイチロー」そしてイチローは3打数1安打1打点と結果で応えた。

スタメン出場を告げられたとき、「僕はいつでも問題ないよう準備している」と答えている。過去5戦も先発時と同じように準備してきた。突然の出番に戸惑うはずもなかったのだ。

チャンスは準備を怠らない者に訪れるという。いつでも大丈夫なように構えておく、いつでもできるように鍛錬を続ける、そういう人にチャンスはやはりやってくるようだ。



中村信仁

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2015-03-16 10:39:58

親は死して尚なにかをおしえる。

テーマ:ひとりごと
新聞を読んでいてふと気づいた。今日は父の命日であることに。旅から旅を繰り返すうちに曜日感覚どかろか月日の感覚も失っている。

旅をしているのだから、時間管理は人一倍しっかりしているのでは、と不思議がられるが、北から南、南から北へと移動を繰り返していると、まず最初に季節感がなくなる。

桜が咲く町で過ごした翌日には雪が舞う町に立つという暮らしを想像して欲しい。果たして今が春なのか冬なのかわからなくなる。

朝、ホテルで、喫茶店で、空港で、新聞を開き月日と曜日を確認し、初めて「あー、今日はなん日かぁ、もう今月も半ばなのだ」などと呑気に景色を眺める始末。

そんなわけで、今日、父の命日であるのとを朝になって知る親不孝な息子なのだ。早いものでもう13年。ダラダラとホテルの部屋で過ごしていたが、父の命日を思い出した途端突然体がシャンとなり、今日も一所懸命頑張らなければと背中を押された気がしました。

「人は死ぬまで生きる。だけど毎日が楽しくて、簡単には死ねない」父がいつも言っていた口癖を思い出しました。


中村信仁
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2015-03-15 17:13:29

荒野の古本屋

テーマ:読書感想(本のアウトプット)

兵庫県伊丹市にブックランドフレンズ という素敵な本屋さんがある。JR伊丹駅を降りて1~2分の場所。


そこの店主は通称「こんぶ」といい、お客さんから親しみをこめて「こんぶさん」と呼ばれている。


その本屋さんで昨日、晶文社刊の「荒野の古本屋」というエッセイにかなり近い私小説を買った。


梅田に宿をとり、今朝は曇り空の大阪で朝を迎え、ホテル横のスターバックスでドリップ珈琲を飲みながら「荒野の古本屋」をパラパラめくっていた。


その書中に東京の電車のことが書かれていて、新宿駅の手前で中央線や埼京線が山手線と並走する瞬間があるというくだりがあった。


そこから文書は発展し、詩人萩原朔太郎(はぎわら さくたろう)の随筆「汽車の中で」へ向かった。


その随筆にはこう書かれているらしい。(らしい~というのは私自身は読んでいないからだが……)要約して書く。「同じ速度で並走する列車に乗っている時、ふと、タラップから隣の電車に乗り移りたくなる。だが、その誘惑の衝動を感ずるとき、実はぞっとする。なぜなら片足を移した瞬間、並走するどちらかの列車が速度を変えたらどうなるのか。人間の運命とチャンスについて、つねに同じことを考えて戦慄する」と。


この「荒野の古本屋」著者は森岡督行(もりおか よしゆき)40才の作。(現在41才)その著者が百年以上前に生まれた詩人に言及する凄さに感動した。真の読書家とはこういう人間なのだと。著者自身が原著の中で云っている「読書と散歩が趣味」と。


そして、その百年前の詩人の随筆の思考にも打たれた。最後の一行にある、「人間の運命とチャンスについて、つねに同じことを考えて戦慄する」との思考。


まさに運命における両足で立つまでの不安定さをここまで上手に表現した文書を私は読んだことがなかったからだ。


そして最後に、ブックランドフレンズ の選書の上手さに感動した。なかなかこんな本を置いている本屋はない。フレンズではこの本を平積みにしているのだ。




中村信仁

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-03-09 16:45:21

ビギナーズラック

テーマ:ひとりごと
伊集院静の本「無頼のススメ(新潮社刊)」を宮崎から羽田への機内で読んでいると、ビギナーズラックについてのくだりがあった。

「ビギナーズラックというと、単なるマグレ当たりみたいに聞こえるかもしれませんが、私は、それこそが今まで人類が生き延びてきた原因ではないかな、と考えています。ヒトは生まれ出でてたちまち死ぬようにはできていない。なんとか自分の目で見て、感じて、危険を乗り越えて生きようとする。」

と書いてあった。

飛行機は気流の悪い中を飛んでいるのか、激しく揺れている。文字を追うと酔いそうになる自分と戦いながらページをめくっているのだが、確かに、われわれは毎日がビギナーだ。

なにが起こるか分からない毎日を生きている。それなのに、日々、そこそこ頑張って生き抜いているじゃないか。これはビギナーズラックの連続なんだと考える。

だってそうじゃないだろうか……、初めての仕事、初めての経験、初めての挑戦…など、ハジメテのことほど、意外なことに上手くいく。

結果が残せる、残せない、は別にして初めてのことには良き出会いや良きパートナーに恵まれる。その縁が後々の人生を大きく飛躍させたりもする。このように初めてのことに挑戦することが毎日毎朝訪れている。新しい一日、そこにはすべてのラッキーが隠れている。



中村信仁
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-03-06 09:47:56

天才と凡人の違いとは……。

テーマ:読書感想(本のアウトプット)

「お前なぁ、どうせ営業をするなら、世界で一番きつい営業に挑戦しろよ。初めてのことに挑戦する時は、常にその世界で一番キツイことからやるんだよ。それが基本だ。どうせ最初から上手くいくことなんてないんだから。どうせ上手くいかないなら、一番キツイ、一番難しい、一番大変な営業をしな。でも、それを嗅ぎ分けられるかどうか……その嗅覚が天才と凡人の違いだよ」 ※ 営業の魔法 勇気の言葉 154ページより。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-03-04 13:31:53

メッセージには愛を込めて。

テーマ:ひとりごと

今月(3月)の28日土曜日に札幌で久々の講演をいたしますが、申込みサイトからたくさんのメッセージが届いています。本当に愛されていることを感じ嬉しくてしかたありません。皆さま、ありがとうございます。開催まであと3週間、まだまだ席に余裕がありますので、お仲間をお誘いの上、ぜひ、ぜひ、足をお運びくださいませ。


≪ メッセージご紹介 ≫ ―――――――

お疲れ様です!私ともう1名、都合2名で参加いたしますのでよろしくおねがいします。開催までもう少しですね準備が色々とあり大変かとと思いますが皆様体調を崩されないようご自愛ください。(兵庫県 S.I さん)


江別の劇団で制作を担当しております。一度講演会に参加してみたく待っていました。(江別市 H.T さん)


宮崎中央新聞を読んでいて、久しぶり信仁さんのお話が聞きたくなっていたところでした。楽しみにしています。(札幌市 C.I さん)


いつもオハヨーほっかいどうの人物語のコーナーを楽しみに聴いております。是非お話を聴きたいと思います。よろしくお願いいたします。(当別町 S.Mさん)


中村様の事は毎朝木曜日、金曜日のラジオで知りました。木曜日AM8:30の「人物語」のコーナーが楽しみでいつも拝聴させていただいております。私事で恐縮ですが物流の営業をさせていただております。物流はものを運ぶイメージが強いと思いますが,それだけでは価格競争に負け、資金力のある企業のみ幅をきかせているのが現状です。ですので日々、お客様の潜在的なニーズを考え何かサービスにつなげていけないか試行錯誤しております。講演会では何か一つでもそのヒントとなるようなものを持ち帰りたいと思います。長くなって申し訳ございません。よろしくお願い申し上げます。(札幌市 K.Oさん)


中村社長、営業道 満30周年おめでとうございます。講演会楽しみにしております。(札幌市 T.Uさん)

現在、営業職に携わっています。中村さんの著書を読ませていただき仕事に対する考えや人生観までもが変わりました。当日を楽しみにしておりますのでよろしくお願い致します。(札幌市 Y.Uさん) 

―――――――――― ありがとうございました。


営業を始めた最初の十年間は、どうやってノーのお客様をイエスにするかと必死に活動していました。


次の十年間は、イエスのお客様にとことん愛される活動を模索しました。


そして三十を迎えるまでの十年間は、イエスもノーも関係なくなり、どうやって楽しんでもらおうかと考えていたような気がします。


あっという間の三十年でした。

講演時間は90分と短い時間ではありますが、「人生笑いあり、涙なし」の営業道と、ご縁に感謝する、そんなおはなしをさせていただきます。ぜひ、札幌エルプラザへ足をお運びくださいませ。




「人生笑いあり、涙なし」

中村信仁 営業道満30周年記念講演会


日 時/平成27年3月28日(土)
18時30分開場 19時00分開演(90分間予定)


場 所/札幌エルプラザ 3F 大ホール
(札幌市北区北8条西3丁目/JR札幌駅北口より徒歩5分)


料 金/前売り3,000円 当日 3,500円
(定員300人になり次第〆切)


お申込み/http://poji-poji.com
または ☎ 011-700-5300 よりお申込み下さい。


主 催/株式会社 アイスブレイク
後 援/STVラジオ
協 力/永業塾北海道ステージ



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。