オゼリャン

テーマ:
 留学中お世話になった人にたまたま会って、帰国前に食事でもという話になった。あまり仰々しくしたくなかったので、この間スロヴェニアでたまたま見付けたヴィパヴァ地方のオゼリャンという集落にあるピザ屋グラッドに連れて行ってもらった。前にも書いたけど、ここは揚げカラマーリがなかなか美味しくて、その内にまた行こうと思っていたのだ。この友達はかなり年上のゴリツィアーノだったんだけど、オゼリャンの標識を見て、突然興奮しだした。「あ~、オゼリャン!ここがオゼリャーノか。なんという偶然!」
 彼は子供の時に父親や叔父さんの口からその土地の名をよく聞いていたらしい。実はこの日は彼の父親の法要があった。そんな日に記憶の彼方にあったオゼリャンという地名を耳にしたことで、忘れていた昔の記憶が鮮明に甦ってきたというのだ。カラマーリをつつきながら、彼は興奮気味に家族の歴史について話しまくった。
 彼のお父さんダミアーノは1904年にゴリツィアで生まれたオーストリア官僚の子で、財産は全くなかった。グラーツの商業学校で学び、戦後またゴリツィアで少し勉強を続けた。ダミアーノの母親はスロヴェニア人で、家ではスロヴェニア語とフリウーリ語を話していた。戦争中はダルマチアのスプリットで戦い、戦後、ゴリツィアで雑貨屋を開けた。彼の店は品揃えの良さで評判になり、あっという間に町一番になった。戦争直後のゴリツィアでは全ての日用品が不足していた。その中でも箒はユーゴスラヴィア側、イタリア側の両方で非常に需要の大きかったものの1つだった。ダミアーノはミラーノで大量に箒を仕入れることに成功し、ゴリツィアに持ち帰って大成功したらしい。更に冷戦期ゴリツィアでは一定の商品〔チョコレート、石油、蒸留酒など〕の生産・販売において納税上の優遇措置を受けられることになり、さっそく蒸留酒の工場を開けた。これで商売の範囲をイタリア全土に広げることに成功し、ゴリツィアでも有名な企業家となった。
 50歳を前にして、フリウーリ地方のお菓子工場で働いていた20歳年下のお母さんと知り合って結婚。お母さんはその後お父さんの工場で工員として働いていたそうだ。このお母さんは整備されていない山の斜面でのスキーを楽しむような人で、今でも元気にしているらしい。戦後国境設定の問題やそれ以後の民族対立で国境地域が政治的に緊迫していた時にも、平気で家族を旧ユーゴのスプリットやモスタルまで旅行に連れて行ったりしたらしい。
 彼の記憶の中で、お父さんは最初から「巨大な老人」だったそうだ。その存在感は絶大だった。それに比べ4人の子供をそれぞれ養育係に預けた母親に対する愛着はあまりないそうだ。彼は今以てこの2人が結婚した理由が分からないとしながら、彼らがとても愛し合っていたことだけははっきり覚えていると言っていた。
 話ながら友達は「子供の時の小さな出来事なんて普段すっかり忘れていたよ。なんかだか昔に帰ってお父さん達と一緒にいるみたいな気がする。」と彼は言った。「XX〔私〕がオゼリャンに連れてきてくれたからだ。ありがとう。」と何度も言われて思わず恐縮。運転するというのに沢山飲む彼に「どの位飲めるの?」と聞いたら、ビール3リットル、ワイン2リットルなら平常心で飲めるという返事が…。ちなみに彼のお父さんも食事時に毎日2リットルのワインを飲み「水は体に悪い」と言っていたらしい。昔話を沢山聞けた一夜だった。
AD

イゾラとピラン

テーマ:
に行ってきた。イストゥリア半島の海沿いの町々はもうすっかり春らしくなっていた。ピンクや黄色の花が開き、青々した畑と美しい対照をなしていた。この辺りは1月でも平均気温6、7℃あるので、ゴリツィアと比べてもかなり暖かい。
mimosa
 スロヴェニアのイゾラやピランは日本人にとってはあまり馴染みがないかもしれないけど、ローマ史にも名を残す歴史ある美しいアドリア海沿岸の町だ。中世までヴェネツィアの支配下にあり、第2次大戦前までイタリア領だったこともあり、イタリア語を解する人が多いけれど、現在は5,6%らしい。カジノも温泉も大ホテルもなく、ポルトロージュやブレッド湖に比べると知名度が落ちるものの、その分落ち着いた滞在ができてオススメ。個人的にピランはイストゥリアの海辺の町で一番気に入っている。2つともヴェネツィアによる統治時代のゴシックっぽい面影が濃厚に残っているのが魅力なんだけど、特にピランは幹線道から外れ若干アクセスが面倒なせいか原形をよくとどめている。今回イゾラの後に訪れたピランは残念ながら霧がかかっていて、よい写真が撮れなかった。取り敢えずイゾラのチェントロの写真だけ少し。
izola,port
(イゾラの港)
izola
izola
izola
(狭い路地)
izola
(フィアットのライセンスを得て旧ユーゴで生産していたZASTAVA。中年以上にこの車の想い出を語る人が多い。)
izola.musica
(音楽学校)
izola
(教会と塔。塔は崩れやすいので注意、とありました。)
 帰り道、Kozina(スロヴェニア)のビール醸造工場兼ゴスティルナに寄った。ここは若いトリエスティーニの間ではとっても有名な店。なんといっても国境を越えてすぐだし、安いし、美味しいから。オープンしてから10年ほどのようだけど、店はいつも繁盛している。オススメは肉各種を焼いたもの。カラマーリとか魚介類もおいている。ここしばらくず~っとイゾラに行きたかったのは以前blogに書いたSonjaという海の幸料理が旨くて安いゴスティルナがあるからだったのに、残念ながら今回は寄れなかった。
AD

久々の快晴

テーマ:
 日曜日は久々の快晴だった。2月の日曜日はあちこちでカーニヴァルをやっていて、この日は地元ゴリツィアやムッジャでも。午前中はいつもより賑やかなゴリツィアの町を後に、Devetakiデヴェタキ、Doberdo,ドベルド、Rubbiaルッビア等、ゴリツィア近郊のカルソをうろうろしてきた。ドベルドの集落ではカルソの窪地ドリーナでブドウ栽培や畑をやっている農家を結構見かける。ドリーナは土の養分が貧しいカルソの地では比較的肥沃といわれているかららしい。ルッビアの城も大分改修が進みなかなか格好良くなってきた。今年の観光シーズン〔復活祭の後〕から営業を始められるのかもしれない。
 午後もトリエステの方は晴れているようだったので、Muggiaムッジャ、Ankaranアンカラン、Koperコーペルの辺りまで遊びに行ってきた。キャンプ村もあるスロヴェニアの海のリゾート、アンカランにはイタリア中のサッカー選手が治療に訪れる有名な整形外科の病院がある。そんなに有名な病院がイタリア側ではなく、スロヴェニア側にあるというのが面白い。ひょっとすると設立はWWIIの前、イタリア領の時代だったのかもしれない。
 本当にいい天気で海辺はとても気持ちよかったんだけど、コーペルに着く頃には体が冷えてしまった。海辺のバールでウィスキー入りのホットチョコレートを頼んだら、これが運ばれてくるまでなんと30分。しかもウィスキーにチョコが混じったような(全然ホットじゃない)のが出てきてびっくり。一口でも食道から胃に移動するのが分かるくらい強くて、さすがに交換してもらった。それにしてもスロヴェニアに入ると途端に商売っ気がなくなるのが面白い。ポルトロージュはまた少し別なんだけど。

koper
〔コーペルの海。イタリアより押さえた使用料を設定しているお陰で世界中の船が停泊するようになった。〕
AD

カムニックと温泉

テーマ:
 年末ばたばたしつつ、なんとかリュブリャナの友達を訪ねて来た。ついでにカムニックの温泉でゆっくりして、前々からよい評判を聞いていたリュブリャナに近い集落にあるPri Kobačuというゴルティルナ(トラットリア)で食事もできた。
 ゴリツィアを出発する辺りで既に曇っていて、国境を越えナノスに近づく頃には濃霧でほとんど何も見えなくなった。去年の今頃、スロヴェニアは雪に埋もれて真っ白だったのに、今年は随分温かい。友達も1ヶ月くらい季節の推移が遅れているような感じがすると言っていた。リュブリャナのゴスティルナで以前知り合った人達の近況を教えてもらった。親しくしてもらっていた友達は就職や留学をきっかけにほとんどみな海外へ出てしまった。冬のリュブリャナは相変わらず賑やかなイルミネーションがほどこされ可愛らしかったけど、知り合いがほとんどいなくなってしまったと思うと以前とは違って見えた。
 年の瀬に訪れたカムニックでは少しゆっくり散歩してきた。カムニックは小さいながらその起源を12世紀中頃にまで遡ることができる由緒正しい町。その頃のカムニック(Stein)伯はカルニオラやイストゥリアをおよそ150年に渡って統治していたらしい。町の中央にはささやかなお城が残っている。本当に小さな町なので、見所は直ぐに見終えてしまう。古いバールに入り今年初めてのホット・チョコレートを飲んだ。
kamnik1
(肉屋の看板か?)
kamnik2
(カムニックの町)
kamnik3
(カムニック2)
 カムニックの温泉は大晦日を前に大混乱していた。コンピューターが壊れ、電子ロッカーも使用不能。サウナへの入り口も閉まったきり。それにサウナだけの切符がなくなっていて、プール込みで1人2時間13euroと高め。〔ちなみに時間制限のないノヴァ・ゴリツァ(Slo)のサウナは7.5euro、ゴリツィア(I)で10euro。〕今回コンピューターが壊れているせいで制限時間が確認できないようだったので、ゆっくり出来た。
 カムニックの温泉プールは足用、背中用、肩用の水圧マッサージがあり、ガラス張りのせいか周囲の自然を身近に感じながらゆっくり遊ぶことが出来る。泉質はカルシウム53.0mg/l、マグネシウム25.0mg/l、ナトリウム3.7mg/l、カリウム1.6mg/l、その他。プール中央には水温高めの足マッサージ用の浴槽があって、温泉気分になれる。サウナは清潔で常時ミントの香りがし、お茶のサービスがあったり、ジャグジーやトルコ風呂があって、シーツは無料。ほとんどの客は30kmほど離れたリュブリャナからやってくるようだ。
温泉プールの後すさまじい眠気に襲われ、その日は早く床についた。温泉プールでも温泉は温泉。やっぱり疲れとかストレスから開放されるみたい。ゴリツィアでも鉱泉を探して掘ってみればいいのに。

日曜日も買い物

テーマ:
がスロヴェニアではできる、と以前も書いた。今日は夕食時にやってくる友達のために「和」っぽい料理を準備する必要があって、ノヴァ・ゴリツァ(スロヴェニア)最大のスーパーマーケット、メルカートルが入っている大型商業施設まで行くことにした。工業地区の先にあるメルカートルに向かう途中、言葉を交わした女の子が自転車用近道を教えてくれたお陰であっという間に到着できた。
 日曜日だけあって生鮮食料品売り場はなんとなく活気がなかった。欲しかったネギも見つからず、どうしようかな~と考えていたところで、友達にばったり。例のスウェーデンの技師だった。買い物後にお茶を飲みながら前日オーストリアに行った話をしたら、私が通ったプレディル峠のそばに彼の土地があることが分かった。あんなにいいところ(トリグラウ国立公園の敷地内)に広大な土地があるのに、放ってあるなんて勿体ない話。
 帰宅してからはひたすら料理と掃除に励んだ。夕食に関してはほめてもらったものの、「和食」とはほど遠い料理しか作れず不完全燃焼気味。ゴリツィアに住んでいる限り、本物の和食を作るなんて不可能だと思うし、まあそれはそれでいいような気もする。
mercator

3国越境ツーリング

テーマ:
 週末ツーリングも恒例になってきた。若干の茶飲み休憩と昼食以外他に何をするわけでもない、体育会系の強行軍が私の肌には合っているみたい。暑い夏にスピードを上げて海や山、湖の空気を吸い込む気分の良さは何とも言えない。
 ノヴァ・ゴリツァのイタリアとの国境で待ち合わせ、まずはいつものエメラルド・トレイルを北上。ソチャ川でカヤックを楽しむ人々を横目にカナル、トルミン、コバリド、ボーヴェッツと、さらに北上。トリグラウ国立公園の険しい山々を通り抜けた。写真の高い山は2700mくらいあるMangrt。
predil
そういえばこの途中に面白い形のモニュメントがあった。プレディル要塞を防衛する兵士達のために、ローマ帝国時代からの遺跡の上にハプスブルク皇帝レオポルト1世によって1849年に作られたものらしい。上に登ることも可能らしい。
lione
 Predil峠を越えてイタリアに入った。タルヴィージオまでの間には鉛、亜鉛鉱山があり、鉱夫が住む建物が集中しているいくつかの村を通り過ぎた。伊・ 墺・ス国境地域ではあまり見ない荒んだ貧しい様子が非常に印象的だった。よく知られたスキー場があるSella Neveaにも近く、観光産業の潜在的な発展可能性が大きい土地だけになんとも残念だ。
 タルヴィージオからコッカウ峠を越えればオーストリアだ。伊・ 墺 共にシェンゲンに入っているので、国境を越える感慨は特になし。大きな廃墟のような税関を見て、来年以降のカザ・ロッサ国境の姿を想像してしまった。
 この後Rosental湖のほとりにあるVeldenという保養地でゆっくり食事を取って、少しだらだらしてからクラーゲンフルトに向かった。
lake.austria
lake.austria2
(湖岸にはスロヴェニアやフリウーリ=ヴェネツィア・ジューリア州の旗が。)
 湖の沿岸道路はよく整備されていて、爽やかな景観を楽しむことができる。すぐに到着したクラーゲンフルトはいかにも「中欧」な可愛らしい町で、市やラントの役所、ちょっとしたモニュメントを軽く案内してもらってからイタリアへの帰途についた。
klagenfurt
(マリア・テレジアや竜の像がある市庁舎広場)
rathaus
(市庁舎)
 帰りはスロヴェニアを経由することなく、ひたすら墺・伊高速を進んだ。オーストリアでは高速に乗ってもRosentalやジューリエ・アルプス前山の眺めを楽しむことができるのに対し、イタリアに入るとひたすらトンネルが続き、タルヴィージオからポンテッバまで暗くて寒くて辛いのが印象的だった。道中、時速が160から180位まで出るようになると、「ここで事故ったら生存可能性はほとんどないだろうな~」と逆に覚悟が決まって若干気が楽になった。あっという間にジェモーナやカルニア、ウーディネ、パルマノーヴァを通り過ぎ、ヴィッレッセからグラディスカ経由でゴリツィアに到着。
 解散は集合と同じくカザ・ロッサ。すっかり体が冷えてしまっていたのでカプチーノを頼んだ。帰り道、ひょっとしたら私がバイクに慣れるように、これまで徐々にツーリングの距離を長くしてくれたのかな?とふと思ったのだけれど、やっぱりそういうことだったらしい。今週は泊まりがけのアルプス・ツーリング計画があるそうで、そこにも招待してもらった。本当に行けるか分からないけど、いざとなったら手袋や風よけジャケット、それなりのパンツや姿勢を安定させるベルトなど、私に必要なものを持ち寄ってくれるらしい。本当によくしてもらい感謝している。
 解散後、自転車で家に向かいながら異様な空気の冷たさを感じた。帰ってからローカルニュースで8月にこんなに寒かったのは20年ぶりのことだと聞いて納得した。こんな日にGジャン、手袋なしでアルプス前山を越えたなんて無謀だったな。近所のサン・ロッコ地区でも恒例のサグラ(夏祭り)が始まったようで、賑やかな音楽がきこえていた。
 先週末は1日ツーリング。慣れてきたのかあまり疲れず楽しむコツが分かってきた。
 朝10時頃おなじみのカザ・ロッサ国境で待ち合わせ、ノヴァ・ゴリツァを出発。ゴリツィアをキレイに見渡せるモンテ・サントに向かう山道を上り、途中でTrnovo、Nemci方向への道に入っていく。ひたすら蛇行する山道をすすむと、30分ほどで初心者用のスキー場があるLokveロクヴェという村に到着する。ひとまずここでお茶(カプチーノ)のみ休憩。
 この辺りはTrnovski gozd(トゥルノヴォの森)と呼ばれる標高1000m前後の山地で、ジュリアン・アルプス前山をすぐ裏に控えているだけあり夏でも結構涼しい。近くには製氷工場があると聞いて納得。昔ここで氷を作ってゴリツィアまで運んでいたらしい。
 ロクヴェからPredmejaを通り、アイドゥッシナやヴィパヴァの平野に降りていった。ナノス山やトゥルノヴォの森、カルソの山々に囲まれた狭隘な平野を山から望むのはなかなか気分がいい。途中でバイクを降り、景色を楽しめたんだけど少しガスがかかっていたので写真は撮らなかった。
 アイドゥッシナに降りると途端に猛暑に苦しんだ。トリエステのバイク用品店に行きたい人がいたので、シュタニェル方向に進みたかったのだけれど、ドルンベルク、ミレン方向に誤って進み、えらい時間をかけてカルソの山を走りセジャーナの国境に辿り着いた。この辺りは標識が不親切だから不慣れな人はまごつくみたい。
 昼下がりにカルソの山にあるゴスティルナの庭でイカをメインにした軽い食事をとった。ここで以前も書いた「桃入りワイン」を頼んだら、自然な甘さですごくおいしかった。
桃入りワイン
 トリエステの町中で右腕に強烈な痛みを覚えた。どうやら蜂に刺されたらしい。数日前に友達から「バイクに乗っていたら蜂に刺された」というsmsをもらったので、バイク乗りには結構よくあることなのかもしれない。アウリジーナに近いダンテのトンネル近くで再度休憩をとることになったんだけど、暑すぎて全然休まらなかった。崖を降りて海に飛び込みたい気分だった。ちなみに初めてここを通る車がみな3回クラクションを鳴らすことに気付いた。理由は不明。
 システィアーナのバイク専門店で、なんとダイネーゼの日よけ付きヘルメットをプレゼントしてもらった。お陰でとっても快適になったし、ツーリング仲間として迎え入れてもらえたのは嬉しいんだけど、誰がお金を払ったのかよく分からないままで申し訳ない気も…。
 ゴリツィアに帰り着き、国境のゴスティルナにてビールで乾杯して1日ツーリングは終了。7時半くらいだったと思う。ジャケットを脱いだら、右腕の痛かったところが少し腫れていた。また来週ツーリングの予定があるらしい。ドライブより楽しいかも。

ソチャで泳いだ

テーマ:
 7月半ば、スウェーデンからやってきたエンジニア、パヴェルにソチャ川を北上し、泳ぎに連れて行ってもらった。バイク乗りに愛される「エメラルドの道」 については以前何度か書いたので、省略。ソチャの水は想像通り冷たかった。川の流れは思ったよりかなり早く、流れに逆らって泳ぐのはほとんど不可能…。

kanal
kanal2
kanal3
(Kanalカナルの町。毎年8月にジャンプ大会が行われる橋の下には泳ぐ人の姿がちらほら。)
tolminへ
(Tolminトルミンに向かう)
tolminへ2
(トルミンの町から見える景色。この先はユリアン・アルプス前山で国立公園になっている。)
ソチャ1
ソチャ2
(泳いだのはトルミンとコバリドの間。キアンティにパニーノでメレンダ。この日トルミンではたまたまメタル・フェスタをやっていて、全身黒ずくめの若い人で溢れかえっていた。)

 ワインを飲みながら、パヴェルは色んな話をしてくれた。お母さんはサン・フロリアーノ、お父さんはロジュナ・ドリーナ(カザ・ロッサ)の人で、本人はリュブリャナ大を卒業して、シュトゥットゥガルトで研修を受けた後すぐ、学生時代の旅行でコネを作ったスウェーデンのABB(元ASEA)で働き始めたそうだ。写真を撮るのが好きだといったら、「アナログ」カメラを何台も取り出し内部の説明までしてくれたけど、よく分からなかった。撮影の腕もプロ級だそうで、会社を辞めてプロになることも考えたそうだ。南米での冒険の話やスウェーデン社会の話、と久々にローカルネタを離れることの出来た爽やかな1日だった。

ソチャに沿ってコバリドへ

テーマ:
 先週土曜日の朝、プランツォ(昼食)前のミニ・ツーリングに連れて行ってもらった。この日も朝から快晴で、9時にはもう不快な暑さを感じるほどだった。それなのにSMSで指定されたのは、丈夫な靴、風よけジャケット、ジーパン…。ふらふらしながら待ち合わせ場所のカザ・ロッサ国境にたどり着いた。
 一同は朝10時にゴリツィアを出発した。周囲の緑に沈んだエメラルドグリーンのソチャ川がきらきらと輝くのを横目に、どんどん北上していった。視線を上げると「雪を被っていない」これまた緑のユリアン・アルプスの山々が見える。電車では見えたり見えなかったりするこの美しい自然を、身近に感じられるのがEmerald Trailのウリで、多くのバイク愛好家が世界中からやってくる。彼らの多くはソチャ川を北上してBovecを通り、オーストリアまで行くらしい。
 バイクに乗ってすぐに分かったのは、真夏でもジャケットは必須だと言うこと。数十分スピードをだしたバイクに乗っていると、寒くなってくる。とはいえ信号で止まったりすると途端に恐ろしい暑さを感じるのが辛いところ。私たちは次から次にカーブを曲がり、どんどん自動車を追い越しながら進んでいった。
 大きなセメント工場があるAnhovoを越えると絵になる小さな町Kanal(Santa Lucia)はすぐだ。Anhovo以北は目に見えて水質が改善するし、川の水深も浅くのるので、水浴びを楽しむ人の姿が時折見られる。「晴れていれば」イタリア・スロヴェニア国境地域で一番美しいと思われるトルミンもここからすぐだ。結局ゴリツィアから1時間弱でKobaridに到着した。
 イタリア人にとってのみならずKobarid(Caporetto)はどうしても大戦の暗いイメージが付きまとう。しかし実際には清潔で明るく花が咲き乱れ、カヤックをはじめとする多くのウォーター・スポーツ、スキー、トレッキング、パラグライダーなどの拠点となる町でもある。
ここまで来るとオーストリア人が非常に多く見られる。バールで喉を潤しながら、重装備で生真面目な彼らをからかう友人達のイタリア節が炸裂した。「あいつらって本当に…」とこの数100年間お互いを笑い合ってきたのだろう。
kobarid
kobarid2
(写真は町のチェントロと評判の魚料理レストラン)

サボティンを行く

テーマ:
 fortunale(フォルトゥナーレ:疾風)が吹いた翌朝、フリウーリの平野からゴリツィアにかけて素晴らしい晴天に恵まれた。そこで以前から行ってみたかったサボティンの頂上に友達と出かけることにした。スロヴェニアとの国境を越えたところで待ち合わせたんだけど、イタリア側からひっきりなしに大型バイクがやって来るのが印象的だった。友達曰く、イタリア側では自然保護や軍事機密を理由に侵入できない場所が多いけれど、スロヴェニアはその手の規制が緩い上、山道の急カーブなど多様性に富んだ地形を楽しめるらしい。
 スロヴェニアを経由せずイタリア側から入ろうとすると軍事施設を通るため、許可証が必要だそうだ。ところがスロヴェニアのブルダからPlaveプラーヴェ方面への道に入り、Sabotinという表示で右折、舗装されていない狭い道を10分くらい進むと駐車場がある。坂道を上っていくと鍵のかかった門のある私有地(元々はゴスティルナだったらしい)があるので、頑張って門を越えると右手にサボティン登山の入り口がある。不法侵入?という気もするんだけれど、複数のスロヴェニア人が行き来していたので私たちもくっついていった。
 山に登り始めるとすぐに目に入る眺めがなかなか。カルソの猛々しい白い岩盤が近隣の山の緑によく映えていた。美しいと思った岩盤をよく見ると、そこかしこに穴があいているのが分かった。塹壕や見張り場として使用された跡らしい。
sabo2
オスラヴィアの納骨堂もくっきり見えた。ここからスロヴェニアのワイン(さくらんぼう)産地ブルダの全貌が見渡せる。
sabo3
第1次大戦時に大砲がおかれた場所。
sabo4
同じく第1次大戦中オーストリア兵が見張りをしていた場所。岩盤がくり抜いてある。
sabo1
第1次大戦中に持ち込まれた有刺鉄線。
sabo5
モンテ・サント(スヴェタ・ゴーラ)も正面にくっきり見える。
sabo6
ゴリツィア周辺。奥はカルソの山。これを越えればモンファルコーネだ。イゾンツォ川の右手にはスロヴェニア人が住むサン・マウロ地区からピエディ・モンテの丘。
sabo7
スロヴェニアのニュータウン、ノヴァ・ゴリツァ。高層住宅が目立つ。
sabo8
サボティン山の頂上で記念ノートにサインするスロヴェニア人のおじさん。
sabo9