バゾヴィッツァのフォイバ

テーマ:
 先週帰国に先立ち、日本とイタリアの社会学の教授3名と同輩1名と共にイストゥリア半島の旅に出た。といっても私が一緒に回れたのは5日間だけで、6日目の日曜日にはポーラからコーペルに戻ってミラーノへ。
 取り敢えず大学で社会学の学会があったトリエステに全員集合。学会を終えた某先生がトリエステ大の某教授に車での同伴を頼み、5名でBasovizzaバゾヴィッツァのフォイバへ行ってきた。トリエステ市内にあるバゾヴィッツァの町はカルソの山の上に位置している。ドリーネと呼ばれるなカルソ地方独特のなだらかな丘陵地帯のなかにあり、周囲には大理石がゴロゴロと転がる雑木林が広がっている。
 現在「バゾヴィッツァのフォイバ」として知られる「穴」は元々20世紀初頭に石炭を探しのために掘られ、そのまま放っておかれていたらしい。その後ゴミ捨て場のように利用されて来た「穴」には、第2次大戦終結後の混乱が続いていた45年の初夏、旧ユーゴのパルチザン兵らによって民間人、兵士を問わず多くの人が殺害され、その死体が放り込まれた。
foiba
〔現在「穴」の上には金属性の「蓋」がかぶせられている。この出来事を封印しようとするイタリア政府の意思表示、だとM教授は言った。〕
foiba
〔「穴」の深い部分には第1次大戦の大砲などが埋まっていた。この碑にはその後の発掘の状況なども記されている。〕
basobizza
〔バゾヴィッツァに近いスロヴェニア系の村落Jezeroからの景色〕
 今や全イタリア的あるいは国際的にもよく知られた「バゾヴィッツァのフォイバ」の近くにはファシズム政権下のイタリアで国防特別裁判にかけられ銃殺されたスロヴェニア人反ファシスト4人のモニュメントも残っているが、こちらはイタリアでは全然その存在を知られていない。一方のスロヴェニアでバゾヴィッツァBasovicaというとアンチ・ファシズム、アンチ・イタリアを象徴するこちらのモニュメントが有名だというから面白い。私たちはトリエステの歴史家に両方のモニュメントを見せられたという「絶滅研究家」T氏の案内でバソヴィツァの2つの側面を見ることが出来たのだった。
basobizza
〔4人のスロヴェニア人の名前〕
basobizza
〔銃殺時の立ち位置か?〕
basovizza
〔バゾヴッツァの町にあった碑。44から45年にかけてナチファシズムと戦って死んだスロヴェニア人の名前が記されている。〕
 この後オピチナの町でマリア・テレジアの時代に現在トリエステ大学がある辺りからのばされた坂道の記念碑について住民男性に説明してもらった。碑には「商業上の便を計るために」とある。当時オピチナをオーストリア帝国唯一の港トリエステの町とつなぐ道は10度以上の傾斜があり、非常に危険だったという。これを5,6度程度に押さえる道路の設計をコンコルソ形式で募集し、つづら折り道路を実現するまで2年しかかからなかったというから驚きだ。
opicina
 その後トリエステ大の先生の車を降り、トラムに乗って町へ帰った。トリエステは夜の方がよっぽどキレイだと私は思う。その中でもオピチナートリエステ線の車窓から見える景色は絶品で、旅行でトリエステに出かける人には是非おすすめしたい。
opicina
opicina
 この後オベルダン広場で降りて、ビッレリアで食事。メニュにない「トリエステ(中欧)盛り」、という感じの非常に重たい一皿をみんなで頼んでしまい、飛行機の移動で疲れている一部の先生が辛そうだった。要は豚肉とイモとキャベツ。
AD

イゾンツォ河口

テーマ:
 日曜日もまたまた快晴。この日は午前中スロヴェニアの 山に登り、午後はイゾンツォ河口の自然保護地区や漁師村へ遊びに行ってきた。
イゾンツォ河口のフォッサロンの辺りは一帯が沼地だったそうだが、現在はムッソリーニが干拓して出来た畑が広がっている。湿気が多くてアスパラガス栽培がさかんに行われているらしい。現在は自然保護地区に指定され、小さな博物館のようなものも出来ていた。
fossalon
 Punta del Beccoベッコ岬に向かう途中にあるSdobbaスドッバにはかつての漁師村が残り、小さな家の入り口にはガラスや陶器の破片を使った魚を模るモザイクなんかが見られる。この先を岬の方へ歩いて行くと、葦原が広がり、モンファルコーネやドゥイーノ、トリエステ、ムッジャ、コーペルなどを見渡すことのできるミニ展望台がある。
vill.pescatori
vill.pescatori
vill.pescatori
pesce
canne
 この後、少しグラードの砂浜を歩いてから帰宅した。
grado
 最近私が帰国することを知っている友達がよくあちこちに連れて行ってくれるんだけど、疲れるし、時間的にぎりぎり。「すぐに帰ってくるから」とか「来年以降少し時間ができるかも」とか言っても、やっぱり色々見せておこうと思ってくれるんだろう。本当に感謝している。
AD

トレ・チーメとグラディスカ

テーマ:
 土曜日の朝、リーエンツの町を少し見て回ってからTre Cime di Lavaredoトレ・チーメ・ディ・ラヴァレードへ向かうことにした。ここはイタリア側のドロミティのあまりにも有名な観光スポット。3本の巨岩が屹立していて、夏場はロック・クライミングやハイキングを楽しむ人でにぎわうらしい。冬場に行っても面白いのか謎だったけど、取り敢えず行ってみることにした。
 駐車場に車をおき、5,6人が乗れる客車を付けたスノーモービルで標高2000m程のトレ・チーメのすぐ麓まで上っていく。スキーを履いて上っていく人も多かったし、普通に歩いて行く人も沢山見た。ただ重要なのは帰りのソリを持参すること。ソリを乗せたスノー・モービルは簡単にトレ・チーメの山小屋〔冬は閉まっているみたい〕の前まで連れて行ってくれた。
slitta
slitta2
(道中)
trecime.slitte
(到着!)
 ここで気持ちのいい山歩きをした後、いよいよソリで平地まで戻ることになる。ソリの操作は決して難しくないけど、かなりスピードが出るし崖から落ちたら命はないので、子供だけでは乗せたくない感じ。実際親子一緒に滑り降りている人が結構いた。ソリが終わってからも駐車場まで歩きで30分くらいかかる。
tre cime1
tre cime2
 この後ブラブラしていたら凍結した路面での運転を学んだり、レースを楽しむ学校〔Volvoがスポンサーになっているみたい〕と犬ぞり訓練学校が一緒になった場所で休憩がてら食事をした。スペックとかポレンタとかこの辺の定番料理だった。
cortina.piatto
(茶色いのがポレンタ)
cortina.piatto2
 ところで、この辺では大体どこでもチロル風の大きなストーブを使っているんだけど、これが非常に快適そうですごく気に入っている。毎年ゴリツィアにもチロル・ストーブの商人がやってきて、設置まで完全にやって帰って行くらしい。値段は日本円にして100万円はくだらないっていう話だけど、使っている人はみんな満足そうだった。食事の後は学校見学というか散歩して腹ごなしをした。
inuzori
(犬ぞり学校)
kuruma
(凍結した路面専門の自動車運転学校)
 道中大変なこと続きでどっぷり疲れて帰宅したら、ベッドの上に1kgのチョコレートが置かれていた。色々手伝ってくれたから、と大家さんが置いていったらしい。少し横になって休憩した後、夜はソムリエさんと食事に出かけた。この日はゴリツィアの隣町、グラディスカ・ディゾンツォのアル・ポンテへ。マイダの次女カテューシャの夫の店だ。ここはニョッキとかチャルソンスとかフリウーリっぽいプリーモが美味しいみたい。ついでにアブルッツォのヴァレンティーニという生産者の99年のワインを少し試させてもらったけど、料理よりこっちの方が印象に残った。
al ponte
〔これは緑のニョッキとかいう料理。経営をしている兄弟のおばあさんのレシピを使ってるらしい。〕
AD

コルティーナ・ダンペッツォへ

テーマ:
 金曜日、朝7時頃ゴリツィアを出発してコルティーナ・ダンペッツォへ向かった。今回は友達に誘われて急遽決まったので、特に予定のない小旅行。
cortina
cortina d'ampezzo
〔コルティーナの町。ゴリツィアから車で2時間半くらい。〕
 コルティーナ・ダンペッツォは一年中明るい日差しが溢れている町。360°をドロミティの美しい山々に囲まれてはいるものの、少し距離があるせいか山の麓にある町に独特な威圧的空気を感じない。早朝から夕方まで山の陰に隠れないから、気温も高め。世界的なスキー基地、アルピニズモの基地として認知されている。1年中、世界中から観光客がやって来るし、お金がある人は別荘を購入する。町には高級ブランドを扱う店が軒を並べ、職を求めて世界中から人が集まって来る。ユーロ高に加えイタリアの観光地に顕著な物価高が影響し、従来のドイツやアメリカからの観光客が減り、ロシアやチェコ、ハンガリーなど「東」からやって来るニューリッチが急増中らしい。
 コルティーナではピザで昼食を済ませ、早速ミズリーナ湖へ。勿論湖面は凍結しているし、その上には雪も積もっているので、湖というよりは雪原みたいだった。スキー場が近くにあったので、リフトで山を上るとこんな感じ。
misurina2
misurina
 この日は雲1つない最高の天気で、町歩き用の格好でも全く寒さは感じなかった。景色を見たり、バールでホットチョコレートを飲みながら少し日焼けをして、またリフトで麓に降りていった。この時ずっと父子のスキーヤーが滑降するのを上から眺めていた。無理矢理、難易度の高いコースへ誘導された子供がぎゃーぎゃーわめいた挙げ句、転び、”Vedi che succede!!!”(ほら見たことか~!)と父親を罵っていたのがおかしかった。これは多分本来は母親の台詞なんだろう。
 この後クリスタッロのスキー場でのんびり日光浴を楽しむ予定だった。ところが、この世界的な観光地で働く人達とか客のあまりの下品さにびっくり。隣の中年グループは1時間下ネタを連発。逆のテーブルの2人組もこっちがイタリア語を分からないと思って、散々しょうもないことを言っていた。しまいには駐車場管理人にセクハラまがいの悪戯をされ、めちゃくちゃ気分を害した。イタリアの観光地に行くとよく感じることだけど、これはよっぽどこの手のからかいに対して日本人〔女性?〕観光客がされるがままになっている、あるいは喜ぶからなんじゃないかと思わずにいられない。
cristallo
cristallo2
(クリスタッロの麓で)
cristallo.cane
(バールの裏庭にいた犬)
 この後オーストリアのリーエンツに向かい、ビール醸造工場がやっているホテルに宿を取った。オーストリアでいつも思うのは
・〔イタリアと違い…〕人がよく働くしボラれたりしないので快適・安心
・料理はおいしいけど、種類が少なくて飽きる
・バターの味が濃厚でパンが柔らかい
・ビールはイタリアより美味しい
・クイズのテレビ番組がやたらと多い
国境を越えるだけで、この違い。面白いなあ。
lienz.hotel

夜のトリエステを歩く

テーマ:
 のはそんなに多くないことに気付いた。スロヴェニアや周辺の町で食事をした帰りに車で通り過ぎたり、大学に少し遅くまで残って帰宅するときくらいかもしれない。
 ボーラ(強烈な季節風)が全く吹いていない温かい日、久々に夜のトリエステを散歩する機会があった。埠頭の先まで歩いて行くとトリエステを取り囲むカルソの丘の村々の明かりが星のようで、ライト・アップされた統一広場のオーストリア・ハンガリー時代の建築がよりいっそう華麗さを増して見えた。正直なところトリエステがこんなに美しく見えたのは初めてだった。
 8時頃、チェントロの多くの店はまだ開いていて、広場や歴史地区の歩行者専用路はかなり混雑していた。夜もこうやってぶらぶらできる環境は私が住むゴリツィアにはない。もう慣れてしまったけど、たまにはこうやって外で冬の夜を過ごすのもいいなあと思った。
notte.trst

クリスマス・イブもカルソ…

テーマ:
 24日、真っ青な空には雲1つなかった。この1週間ゴリツィアをはじめイタリア・スロヴェニア国境地域では概ね快晴が続いている。そのせいか一昨日頃を境に一気に冷え込んだのだけど、それでもこの日は日中10度くらいあった。ゴリツィア、というと多くのイタリア人は「寒そう」という印象を受けるらしいけど、室温は昼間16度はあって、家の中にいる限り暖房をつけることはほとんどない。家はしっかりした石造りで2重窓。それに私は2階に住んでいるから、ひょっとすると1階(高齢者2世帯)の熱が伝わってくるのかも。
 ともあれこの日友達に誘われてカルソにツーリングへ。全身しっかり着込んだ上にホッカイロを4個貼って、マフラーでヘルメットの隙間を塞いだ。お陰で寒さをほとんど感じることもなくドゥイーノに到着。よく晴れた空を反映しキラキラした海のそばでは、猫が昼寝をしたり近所の人達が散歩をしていた。ここで思いがけずクリスマスのプレゼントを頂きかなり恐縮。
 私はクリスマス前に家族や友達、恋人にプレゼントを買うという習慣にはかなり腰が引けてしまう。クリスマス前に友達に会ったりすると結構もらい物をすることが多いんだけど、こちらで用意することはまずない。やはり自分が帰依している訳ではない宗教行事に呼応するのはどうしても難しいのだ。クリスマスカードも年賀状もどきで代えるか、season’s greetingsにするか。夜には「クリスマス」気分を満喫している友達連中からsmsが来て嬉しい反面、Buon Nataleと返事を書くのは正直ちょっと怠い。この時期RAIでもカトリック関係の番組をよくやっていて、信者が信仰について熱く語っているんだけど、聞けば聞くほど一体感を持てないことを実感する。
 遅めの昼ご飯はSalesという集落のトラットリアで済ませた。猪肉と大きな丸いニョッキにむちゃくちゃ甘いチョコレートのデザート。シンプルだけど美味しかった。帰国が近づいて考えることが多かったので、ダラダラ食べながら、ついつい話し込んでしまった。「お金か時間か」とか「快適さか情熱か」というのは住んでいる土地とか世代を問わない普遍的な悩みなんだな~と実感する。話したお陰で大分気分はすっきりしたんだけど、気がついたらもう外は暗くなっていた。帰り際、カルソの加工肉の種類について店の人に話を聞いたら、近くの集落Sgonicoズゴニコにある〔今のところ〕「カルソ地方唯一」のエノテカをすすめられ、そのまま直行することにした。

トリエステのプレゼピオ

テーマ:
 某教授に約束を反故にされトリエステでぶらぶらする時間が出来たのでPresepio vivente生きた動物のプレゼピオ(キリスト降誕の場面を通常は人形で表現する模型)やクリスマス市の様子を見てきた。Presepio viventeはゴリツィアのような小さい町にもあって、そう珍しいものではないけど、Il più grande presepio vivente〔一番大きなプレゼピオ〕を謳っているだけあってなかなか見応えがあった。

(入り口付近にはなんと「うり坊」が!中国の干支についての説明もなくいきなりうり坊を見ても、トリエステの人は訳が分からないだろうに…。)
camello
camello2
(一番人気だったのはこのラクダ。大きくて絵になる立派なフタコブラクダで、寄ってきたおじいさんやおばあさん達が「お~」と珍しそうに顔に触ったりして喜んでいる姿が微笑ましかった。)
presepio
(人形はサンタントニオ広場の噴水の上にセットされていた。後ろに写っているのはセルビア正教会。)
canale
(この日は晴天でまあまあ温かかったので、運河を見ながらサンドイッチで昼ご飯を済ませた。冬にトリエステに来ると歩いていてもボーラがあまりに冷たくて、すぐにどこかのバールに入りたくなるんだけど、今日は特別。風も頬に心地よい程度で、全く不快じゃなかった。)
bancarell
 市をぶらぶらしながら「高~い」と言う声をしばしば耳にした。市にはプレゼントにできそうな防寒小物とかツリー飾り、インテリア小物、アクセサリー、チョコレート、加工肉、オーストリアのパン、スロヴェニアの民芸品などを扱うなんということのない店が並んでいる。日本で言えば駅ビルに入っている小物屋が扱っている程度のものが多いんだけど、値段は倍くらい。同じ中国産のものを輸入して売っているはずなのに…。ちょっと小ぎれいな革手袋になると40euro(6千円)を超えていた。これならローマの専門店に入っても変わらない。この地方である程度の「規模」を達成できない小売店が扱う日用品の価格には毎度驚愕させられる。
 結局本屋を何軒か回ってゴリツィアに帰り、食前酒に待ち合わせしていた友達にクリスマスプレゼントをもらった。

マタユールへ

テーマ:
kaki
 11月29日水曜日、久し振りに晴れた。「サン・マルティーノの夏」以来かもしれない。重そうに実をつけた庭の柿の木が日に照らされてとてもキレイだった。
 この日、前々からの約束で友達とMataiùr (Matajur)マタユール山に上ってきた。勿論車で。マタユール山というのはスロヴェニアのコバリド(カポレット)から近い1600m位の山で、第1次大戦中まだ中尉だったロンメルが戦った戦場として有名だ。チヴィダーレ・デル・フリウーリからスロヴェニアへ抜ける国道沿いにあり、途中スロヴェニア系の集落を沢山通りぬける。この辺りはまだアグリツーリズムなどが発達しておらず、各集落はかなり閉鎖的な印象を与える。冬期はチヴィダーレなどからのスキー客でにぎわうようになったというが、この日はほとんど人の姿を見ることがなかった。
 5時頃、頂上付近にはまだ明るい日差しが残っていて、景色も結構楽しめた。霧がなければ海の方まで見渡せるらしい。直ぐに日が暮れ、眼下の小さな山村に明かりが灯りだした。
matajur
matajur3
matajur4
matajur2
 帰りにローカルなトラットリアでプロシュット盛りとかフリコをカベルネと一緒に食べたんだけど、イマイチ美味しくなかった。どうもまだ風邪気味で食欲がない。

チョコ祭り

テーマ:
gradisca6
gradisca2
gradisca3
gradisca4
gradisca5
 グラディスカ・ディゾンツォというゴリツィアの隣町でチョコレート祭りがあると誘われ、出かけてきた。祭りは地域の歴史と関わりがあるわけでもなさそうで、トリエステやペルージアなどイタリア中の色んな町で似たような試みがあるらしい。出店は近場のメーカーを中心に、イタリア各地のものが集められていた。ともあれ祭りはチョコレートの洪水。「あらゆる」モノを模ったチョコレートに感心させられた。
 今回は同世代の友達5人と一緒だったんだけど、その中でゴリツィアーノは1人だけだった。たまにはこういうのも新鮮でいいなあと思った。みんなが次々に馬鹿話を披露しあい、とにかく笑って笑って2時頃帰宅した。外は雨で、気温は15度前後あった。
(縫い目が破けてホッチキスで応急処置を施された友達のスカートを縫合するS)
gradisca

サン・マルティーノ!

テーマ:
 今年のサン・マルティーノは友達とカルソのオスミツァに行ってきた。期待していたほど晴れてはいなかったけど、気温は16、17度はあったと思う。
 取り敢えずアウリジーナやプロセッコをうろうろして、トリエステに至り、ムッジャのオスミツァを新規開拓してみよう!ということになった。町中をぶらぶらしながら、オスミツァ好きそうなおじいさんに聞いたら「今日はプロセッコで市がある」ということで、高速に乗り、行きに素通りしたプロセッコに戻った。
 プロセッコはミラマーレ城に近いスロヴェニア系の小さな町で、ここのサン・マルティーノ市はトリエステ住民にはよく知られているらしい。内容はゴリツィアで12月に開かれるサンタンドレア市とほとんど一緒。周辺の農民が農産物を売りに集まったところに起源はあれども、現在はイタリア中の市や祭りを渡り歩く人々が似通った品物を売っているいるだけで、あまり地方色は感じられないのが残念だ。アフリカの置物、ペルーの飾り物、イタリア南部や中部の食肉加工品、漬け物など。中国製の衣料品、靴、鞄には当然偽ブランドも混じっているけど警官は気にもしていない様子。 食べ物はポルケッタの屋台が2,3出ていた位かな。後は移動遊園地とか小さな飲み屋が開設されて、結構賑わっていた。ここでお腹を満たすのはちょっともったいない、と考えてプレポットのシュケルクに行ってみたら、時間が早すぎたのかまだ開いていなかった。
prosecco2
(プロセッコの教会の鐘楼)
prosecco
(プロセッコの出店)
prosecco3
(臨時の飲み屋。結構賑わっていた。)
 近くでオスミツァの印(月桂樹の枝の束)を幾つか見かけたので、一番近かったJožkoという店に入ることにした。店の門にもこの通り印が。結構寒いのに、庭で飲み食いする人も結構いた。店の中はとても温かく、学生やグループ、子供連れの家族、カップルなどで大にぎわいだった。学生が誕生日を祝う歌を歌い始めると、店の客みんなが盛り上がるという具合。
prepotto
prepotto2
 私たちはテラン(土地の酸味の強い赤ワイン)にポルケッタ(プロシュット・アッロスト)、ソーセージ入りパニーノを頼んで乾杯。勿論全て自家製。生姜の乗ったポルケッタがすごく柔らかくて絶品!だった。普段ほとんど酔わない私たちもすぐに顔が赤くなった。多分まわりの雰囲気に酔ったんだと思う。オスミツァ、というのは独特な空間で、あらゆる社会階層の人が集まる非常に地方力の強い場所だ。ここではみな気軽に言葉やグラスを交わし合う。温かく気取らない雰囲気に誰もが周りを気にすることなく酔っぱらってご機嫌になれる。
 最後にリンゴのシュトゥルーデルと微炭酸のヌーボーワインを頼んで店を出た。ゆっくり楽しく飲んで食べて1人9ユーロくらい。みんなに愛されているのも納得だ。すっかりカルソのオスミツァ・ファンになってしまった。あのポルケッタを食べにまたすぐにでも行きたいな。