Third Rockで誕生日を祝う

テーマ:
 今年の誕生日にはDVDと本、食事のプレゼントをもらった。DVDはシットコム、Third Rock from the Sunを2シーズン分。本は今年の5月にゴリツィアの出版社LEGが出したばかりの第1次大戦時の東部戦線に関するものとルーチョ・バッティスティのインタヴューや作品解説で構成されたものだった。
 論文を書いているとき鬱っぽくなって人付き合いが悪くなる、という研究者の友達や先輩は多い。「観葉植物としか話せなくなる」と言う人もいるくらい。私はそこまで極端ではないけれど、1日中部屋に籠もってじ~っとしているとどうしても気持ちが落ち込んでくるのは確か。かといって身支度を整えて外出するのは時間とエネルギーの無駄のような気がするし…。そんなときに研究と関係のない本やDVD、 CD、楽器などが大きな救いになる。
 Third Rockは以前アメリカで見て気に入ったシットコムで、エイリアン(宇宙人)の地球調査団一行が物理学者とその家族に身をやつし、アメリカ中西部の町で人間や社会を観察しながらコミュニティに適応していく話。エイリアン(外国人)として(特に英語圏で)研究生活を始める留学生にとってはなかなか面白いのではないかと思う。主人公Dick Solomon役を務めるJohn Lithgowはオランダ系の舞台一家に生まれ、ハーヴァードの奨学生として演劇を学んだ後、フルブライト奨学生としてLondon Academy of Music and Dramatic Artで勉強を続けた。共演者も丁々発止の掛け合いを得意とする舞台役者やコメディアンが多く、役作りでマルクス兄弟を意識したという話にも納得。なんとJohn Cleeseが出演する回まである。
 ただまあ同じ場所に数年住んでいればある程度コミュニティに同化してしまうから、シリーズを重ねる毎に新鮮味に欠けてきて、とってつけたようなハプニングや色恋沙汰がネタになり、数あるどたばたシットコムの1つになってしまうのが残念。オススメできるのはせいぜいシーズン2までかな。
AD

Donald Sutherland

テーマ:

私の中でセクシーといえばこの人。35年カナダ生まれの俳優さんで、もう70歳…。30歳くらいで映画デビューするまでは少年DJとして活躍したり演劇を勉強したりしていたみたいですね。Barbra Streisandの元夫Elliott Gouldと組んで大ヒットしたM★A★S★Hで一躍大人気になりました。映画自体もよかったけど、当時36歳だった初々しいDonaldが素敵でした。私が彼に興味をもったのはFelliniのCasanovaから。ついでにSix Degrees of Separation(私に近い6人の他人)とかKlute(コールガール)とかでも本当にステキ。演技云々という問題ではなくて、単に嗜好の問題か。Six degreesの後はコレっていう映画に出ていないのが残念。Donaldに比べると、例のテロ退治モノのテレビドラマで突如人気者になった息子の方は2まわりくらい小さく感じます。

AD
ナポリが誇る天才コメディアン。ベニーニと初タッグを組んだNon ci resta che piangereは私の中ではNo.1 コメディです。ナポリ出身の小学校の用務員役の彼が歌うvo~la~re o o canta~re o o o o~が脳裏に焼き付いて離れない。こんなに才能豊かなコメディアンが心臓の持病と常に戦っていたなんて。Il Postino完成の翌日に亡くなられたというのは有名な話ですね。合掌。ちなみに彼の発音ですが、非常に聞き取りが難しいです。一緒に映画をみたイタリア人も「何いってんのかよくわかんない」そうです。
AD

Daniel Auteuil

テーマ:
「メルシー人生」を見終わって思わず顎がはずれそうになりました。オートゥイユ様がついにはじけちゃった。二枚目(あるいは真面目)路線でやって来た俳優がある日突然、それまでのイメージを裏切って頭の回路が切れちゃってるような役にトライするのは何故?彼にときめきを覚える高校生だった私には、コンドーム型の帽子をかぶったオートゥイユ様が神輿にのせられ町をパレードする絵など想像すら出来なかった。と、書きながらマツケン・サンバを思い出すのは何故でしょう。ま、それでもやっぱり素敵な人は素敵です。黒髪のハンサムさんは几帳面そうでインテリ~。べアールとはどうなったんでしょうか?

Christian Bale

テーマ:
アメリカン・サイコのエリートサラリーマン役のベイルが一番のお気に入り。役に備えて筋トレしてたら頭がどんどんバカになって行くような気がした、っていうインターヴュー記事に思わず納得。彼は本来もさっとした感じの天才子役だったわけで、有名ブランドのスーツに身を包んだセクシーで野心的なベイルは意外な感じがしたものです。ちなみに本作はかなり風刺が効いている意欲作だと私は思うのですが、批評はおおむね否定的だったような印象があります。この作品を無意味なスプラッターとしてしか捉えられない人の精神世界の貧しさにはがっくり。作品の時代背景としてのレーガノミクスやその狂乱と過剰を冷静に描き出していると考えれば、力強い反骨精神をそこに見ることが可能なのでは?ともあれこの作品のベールは2年ほど前にAll the Little Animals(コーンウォールの森へ)で知的障害者役をやっていたときから大変身ぶりでした。役者として大きな成長を感じることができた1本。
官能的かつダイナミックでキレのある踊り。完璧なスタイルに愛嬌のある顔。天才振付師Bob Fosseの一番弟子、愛人にして彼の妻の良き友。なんて都合のいい。おそらくはバレエの英才教育を受け、真面目にレッスンに励み常に成果を出し続けたよい子だったのでしょう。ショービジネスの天才に見初められ、一時代を築き上げた彼を間近で見続けた人。彼女は未だにブロードウェイで”fosse style”を踏襲したchoreographyを売りにしている。女性の生き方の1つの典型かも。現在はクジラのように大きくなってしまわれましたが、お化粧だけは以前と変わりません。

Colin Firth (コリン・ファース)

テーマ:
 全世界の職業女性をとろけさせたBBCのPride and prejudice(高慢と偏見)のDarcy様を演じられました。この原作になったオースティンの小説は高校のときに読んで大好きになったんだけど、95年にテレビ化されたことは全く知りませんでした。このテレビシリーズに入れ込んだ作家Helen Fielding書いて大ヒットしたのがBridget Jones’s Diaryです。この本が出たことでBBCのドラマの存在を知ったんです。Bridget...の映画版(2001)では不器用だけど誠実な弁護士Darcyを演じました。決して美形というほどではないと思うんだけど、Queen’s Englishのぽつぽつとしたアクセントの可愛さもあってか、何故だか分からないけどセクシー!!!
 ちなみに女子校育ちの私ですから彼にはまったきっかけは当然「アナカンAnother Country(1984)」のジャドです。意外な感じがしたのはConspiracy(2001)っていうユダヤ人の大量虐殺を決定づけた会議の様子を描いたテレビ映画で演じていた法学博士役ですかね~。

Katrin Cartlidge

テーマ:
意志の人。Searching for Debra Wingerで「情熱がなきゃ朝起き上がることも出来ない」って言ってたのが印象的。私もこれ分かります。個人的には一番思い入れの強い女優。Career girls(キャリアガールズ)で見せた才気溢れる演技は必見。青春時代の途方もない暗さ、かっこう悪さ、後味の悪さみたいなものが上手く表現できてる。そんなに出演作品は多くないのに記憶に残る女優。No Man’s Landのごりごりなジャーナリスト、Before Rainの強くて哀しいジャーナリスト、とジャーナリスト役がすごくはまってた。というのも強い意志を感じさせる情熱的な彼女の瞳のせいかもしれない。ご冥福をお祈りします。