3年に渡るゴリツィアでの留学生活もこれで終わり。11日月曜日は朝も午後もばたばた動き回った。
 朝一番、ミラーノに用事で出かけなければならない友達がわざわざ17個ほどの段ボール箱をガレージに運んでくれた。更に5箱ほど日本に送る荷物も託した。本当にお世話になりました…。5年くらい前に歴史で留学していた先輩が持ち帰った本はトン単位だったと聞いてびっくりしたけど、それは決してオーバーな話ではないのだと実感した。
 数年前に定年退職してドゥイーノで年金生活をしている経済史の先生にお会いして、一緒にアルキヴィオへ。どこの国でも今経済史は斜陽で大変だ、というような話をした。滞在の最後にアルキヴィオで見たのは、前日グミュンドゥで見た一代目ポルシェが生きた、あるいは「オゼリャン」という題でこのブログにも書いたダミアーノが生きた時代のゴリツィア産業史。中小企業支援団体の資料にざっと目を通した。史料があまりあちこちに散らばっていない、都合のいいテーマなので、ここでしばらく掘り起こし作業を続けようかと思った。
 音楽学校に行くのもこの日が最後だった。結局発表会には間に合わなかった。先週ついに男の子が生まれたといって、アントニオが写真を見せてくれた。6月にはナポリのオーケストラの公演で日本中を回るらしいので、東京で会う約束をした。事務で働いている友達や、夏にお世話になった先輩にも挨拶して、借りていた楽器を返した。いつかまたチェロを再開できるといいんだけど。
 夜は安価な郷土料理の店、ファレニャーメで巨大リブを友達親子と堪能。美味しかった~。またみんなに会えるのはいつになるのかな…。

falegname
〔オススメのオルゾット〕
falegname
〔海の幸スパゲティ〕
falegname
falegname
〔巨大な焼きリブ、ファレニャーメ風〕

Via Maniacco, 2
tel. 0481-547390
定休日 日曜日(月曜定休が多いゴリツィアでは希少!)
AD