Sale e Pepeサーレ・エ・ペペ

テーマ:
sale e pepe
sale e pepe
やっと念願のサーレ・エ・ペペに行ってきた。私が近々日本に帰国するのを知った友達がお昼ご飯をご馳走してくれるというので、図々しくもサーレ・エ・ペペをお願いしてみた。
この店はStregnaというマタユールやカステル・モンテにも近い、チヴィダーレの北の寂しい集落にあって、ゴリツィアからだと車で1時間弱くらい。この辺の地理に詳しくない人にとっては分かりづらい場所にあるのに、店はいつも繁盛している。沢山のグルメ本でも評価されていて、実は今まで2回予約を試みたけど、両方満席だと断れた。客層は「食べ歩きが趣味」という感じの熟年カップルとかグループがほとんどで、駐車場には高級外車が数台停まっていた。でもこの店は評判の割に押さえたコストと地域の伝統的な料理を再生させている点が評価されている。
今日は連れが風邪を引いていて、私も最近アルコール控えめなので、なんとグラスワインで済ませてしまった。ただ本来この店は行き届いたワインリストでも知られているらしく、見せてもらったらコッリオの生産者達のワインがよく揃えられていた。ゴリツィアのダミアンとかオスラヴィアのプリンチッチまで入っていた。
胡桃入りカボチャスープ、薫製ニシンとラディッキオのサラダ〔乾燥ブドウが入っていた〕。猪肉入りフリウーリ風ニョッキ、自分でも真似して作ってみたいチーズ入りのオルゾット(大麦リゾット)、子豚〔maiale di latte〕のヒレ肉のステーキとポレンタ。それにRubiniのトカイ・フリウラーノとメルロー。
sale e pepe
sale e pepe
sale e pepe
sale e pepe
sale e pepe
そう言えば、最近夜はチェントロにある友達の事務所へ行って、コピー取りをしている。イタリアは日本に比べて、コピー制限がかなり厳格に守られているので、顔見知りのコピー屋の所でもじゃんじゃんコピーを取るには若干のストレスがある。と言うわけで友達の申し出は本当に有り難く、せっせと人がいなくなった事務所通いを続けている。

Stregna(Udine) 33040
Via Capoluogo, 19
Tel. 0432-724118
Email alsalepepe@libero.it
AD