パラチンケを探して

テーマ:
 もう週明け。およそ1ヶ月後には帰国の予定でいる。ちょっと距離の長い移動の前はいつも忙しくなる上、今回はかなり荷物があるから大変だ。今回帰国してもどうせまたすぐにゴリツィアに来るだろうし、この先も長い付き合いになる、と言ってもやはり一応お世話になった方々にご挨拶などをしておく必要もある。コピーを取っておくもの、入手すべきものなど、大急ぎでかき集める毎日だ。
 夕方にノヴァ・ゴリツァのモンテ・サントへ上る途中にあるゴスティルナへ「パラチンケ〔クレープ〕を食べに行こう!」と友達の車で出発。その店のパラチンケはパラチンケと名乗りながら全くの別物で、外観はグラタン。とにかく大きくて熱々とろとろな一品で、結構頻繁に食べに行った。今回帰国したらいつ来られるか分からないから写真でも撮っておこうと思ったら、休業中。2月末まで閉めるらしい。頂上の店も閉まっていたし、コルモーンスのラ・スビーダやサン・フロリアーノのコルシッチやヴォグリッチといい、スロヴェニア系の店は2月半ばに閉めるところが多いのかな…。というわけでソルカンのピザ屋に行って、普通のパラチンケをオーダー。ちなみにHIT系のこのピザ屋ではなかなか立派な具が乗ったピザが食べられてオススメ。大きなエビなんかも。
paracinke
 その後音楽学校に向かい、8時半過ぎにレッスンを始めた。前の生徒エリザベッタはもう10年くらいアントニオに習っているとかで、非常にプライヴェートなことまでしゃべりまくって帰って行く。今日はヒステリックな母親との確執についてまくしたてていた。30代後半(?)くらいの独身の薬剤師だけど、そんな問題を抱えているなんて知らなかった。レッスンは快調そのものだったんだけど、途中でマエストロの友達から電話が…。音楽家仲間だという彼はなんとその日奥さんに捨てられてしまったらしい。ちなみにその奥さんはマエストロのオーケストラ仲間だそうだ。これでレッスンは中断し、その分次回長めにやることになった。それにしても本当にこの辺は離婚が多い。めちゃくちゃ多い。ま、我慢して無理に引き延ばすよりマシなのかもしれない。
 家に帰ったらルームメート、パオラの友達がサルデーニャのカリアリから到着した。サルデーニャ土産を色々持参して来たので、その説明などをしてもらった。試食はまた今度!疲れたから早く寝る。
salsicce.sarde
(サルデーニャのソーセージ)
pecorino.sardo
(羊チーズ)

(ボラの卵。パスタの具とか、とにかく何にでも入れるらしい。)
dolci.sardi
(アーモンドをベースにしたドルチ各種)
AD

イゾンツォ河口

テーマ:
 日曜日もまたまた快晴。この日は午前中スロヴェニアの 山に登り、午後はイゾンツォ河口の自然保護地区や漁師村へ遊びに行ってきた。
イゾンツォ河口のフォッサロンの辺りは一帯が沼地だったそうだが、現在はムッソリーニが干拓して出来た畑が広がっている。湿気が多くてアスパラガス栽培がさかんに行われているらしい。現在は自然保護地区に指定され、小さな博物館のようなものも出来ていた。
fossalon
 Punta del Beccoベッコ岬に向かう途中にあるSdobbaスドッバにはかつての漁師村が残り、小さな家の入り口にはガラスや陶器の破片を使った魚を模るモザイクなんかが見られる。この先を岬の方へ歩いて行くと、葦原が広がり、モンファルコーネやドゥイーノ、トリエステ、ムッジャ、コーペルなどを見渡すことのできるミニ展望台がある。
vill.pescatori
vill.pescatori
vill.pescatori
pesce
canne
 この後、少しグラードの砂浜を歩いてから帰宅した。
grado
 最近私が帰国することを知っている友達がよくあちこちに連れて行ってくれるんだけど、疲れるし、時間的にぎりぎり。「すぐに帰ってくるから」とか「来年以降少し時間ができるかも」とか言っても、やっぱり色々見せておこうと思ってくれるんだろう。本当に感謝している。
AD

Gradのカラマーリ

テーマ:
日曜日の朝はスロヴェニアのノヴァ・ゴリツァからアイドゥッシナ方面へツーリング。この辺りにはTrnovski Gozd(トゥルノーヴァの森)の1000くらいのなだらかな山が続いていて、麓のヴィパヴァ地方はスロヴェニア有数のワイン生産地として知られている。シェンパス近くで、山の頂上を目指してうろうろさ迷うも、結局車でも上れるようないい道を見付けられなかった。諦めて途中の牧草地で少し昼寝をして山を下りることにした。この日も日差しがとても強くて、少し日焼けしたような気もする。この後Gradという名のピッツェリアに入った。Grad(城)というだけあって、結構古そうないい建物で、イタリア人客が半分。カラマーリ(ヤリイカ)がメニューにあったので期待しないで頼んでみたら、これが意外とおいしかった。ピザの釜も本格的だし、また戻ってみたい感じ。
AD

トレ・チーメとグラディスカ

テーマ:
 土曜日の朝、リーエンツの町を少し見て回ってからTre Cime di Lavaredoトレ・チーメ・ディ・ラヴァレードへ向かうことにした。ここはイタリア側のドロミティのあまりにも有名な観光スポット。3本の巨岩が屹立していて、夏場はロック・クライミングやハイキングを楽しむ人でにぎわうらしい。冬場に行っても面白いのか謎だったけど、取り敢えず行ってみることにした。
 駐車場に車をおき、5,6人が乗れる客車を付けたスノーモービルで標高2000m程のトレ・チーメのすぐ麓まで上っていく。スキーを履いて上っていく人も多かったし、普通に歩いて行く人も沢山見た。ただ重要なのは帰りのソリを持参すること。ソリを乗せたスノー・モービルは簡単にトレ・チーメの山小屋〔冬は閉まっているみたい〕の前まで連れて行ってくれた。
slitta
slitta2
(道中)
trecime.slitte
(到着!)
 ここで気持ちのいい山歩きをした後、いよいよソリで平地まで戻ることになる。ソリの操作は決して難しくないけど、かなりスピードが出るし崖から落ちたら命はないので、子供だけでは乗せたくない感じ。実際親子一緒に滑り降りている人が結構いた。ソリが終わってからも駐車場まで歩きで30分くらいかかる。
tre cime1
tre cime2
 この後ブラブラしていたら凍結した路面での運転を学んだり、レースを楽しむ学校〔Volvoがスポンサーになっているみたい〕と犬ぞり訓練学校が一緒になった場所で休憩がてら食事をした。スペックとかポレンタとかこの辺の定番料理だった。
cortina.piatto
(茶色いのがポレンタ)
cortina.piatto2
 ところで、この辺では大体どこでもチロル風の大きなストーブを使っているんだけど、これが非常に快適そうですごく気に入っている。毎年ゴリツィアにもチロル・ストーブの商人がやってきて、設置まで完全にやって帰って行くらしい。値段は日本円にして100万円はくだらないっていう話だけど、使っている人はみんな満足そうだった。食事の後は学校見学というか散歩して腹ごなしをした。
inuzori
(犬ぞり学校)
kuruma
(凍結した路面専門の自動車運転学校)
 道中大変なこと続きでどっぷり疲れて帰宅したら、ベッドの上に1kgのチョコレートが置かれていた。色々手伝ってくれたから、と大家さんが置いていったらしい。少し横になって休憩した後、夜はソムリエさんと食事に出かけた。この日はゴリツィアの隣町、グラディスカ・ディゾンツォのアル・ポンテへ。マイダの次女カテューシャの夫の店だ。ここはニョッキとかチャルソンスとかフリウーリっぽいプリーモが美味しいみたい。ついでにアブルッツォのヴァレンティーニという生産者の99年のワインを少し試させてもらったけど、料理よりこっちの方が印象に残った。
al ponte
〔これは緑のニョッキとかいう料理。経営をしている兄弟のおばあさんのレシピを使ってるらしい。〕

コルティーナ・ダンペッツォへ

テーマ:
 金曜日、朝7時頃ゴリツィアを出発してコルティーナ・ダンペッツォへ向かった。今回は友達に誘われて急遽決まったので、特に予定のない小旅行。
cortina
cortina d'ampezzo
〔コルティーナの町。ゴリツィアから車で2時間半くらい。〕
 コルティーナ・ダンペッツォは一年中明るい日差しが溢れている町。360°をドロミティの美しい山々に囲まれてはいるものの、少し距離があるせいか山の麓にある町に独特な威圧的空気を感じない。早朝から夕方まで山の陰に隠れないから、気温も高め。世界的なスキー基地、アルピニズモの基地として認知されている。1年中、世界中から観光客がやって来るし、お金がある人は別荘を購入する。町には高級ブランドを扱う店が軒を並べ、職を求めて世界中から人が集まって来る。ユーロ高に加えイタリアの観光地に顕著な物価高が影響し、従来のドイツやアメリカからの観光客が減り、ロシアやチェコ、ハンガリーなど「東」からやって来るニューリッチが急増中らしい。
 コルティーナではピザで昼食を済ませ、早速ミズリーナ湖へ。勿論湖面は凍結しているし、その上には雪も積もっているので、湖というよりは雪原みたいだった。スキー場が近くにあったので、リフトで山を上るとこんな感じ。
misurina2
misurina
 この日は雲1つない最高の天気で、町歩き用の格好でも全く寒さは感じなかった。景色を見たり、バールでホットチョコレートを飲みながら少し日焼けをして、またリフトで麓に降りていった。この時ずっと父子のスキーヤーが滑降するのを上から眺めていた。無理矢理、難易度の高いコースへ誘導された子供がぎゃーぎゃーわめいた挙げ句、転び、”Vedi che succede!!!”(ほら見たことか~!)と父親を罵っていたのがおかしかった。これは多分本来は母親の台詞なんだろう。
 この後クリスタッロのスキー場でのんびり日光浴を楽しむ予定だった。ところが、この世界的な観光地で働く人達とか客のあまりの下品さにびっくり。隣の中年グループは1時間下ネタを連発。逆のテーブルの2人組もこっちがイタリア語を分からないと思って、散々しょうもないことを言っていた。しまいには駐車場管理人にセクハラまがいの悪戯をされ、めちゃくちゃ気分を害した。イタリアの観光地に行くとよく感じることだけど、これはよっぽどこの手のからかいに対して日本人〔女性?〕観光客がされるがままになっている、あるいは喜ぶからなんじゃないかと思わずにいられない。
cristallo
cristallo2
(クリスタッロの麓で)
cristallo.cane
(バールの裏庭にいた犬)
 この後オーストリアのリーエンツに向かい、ビール醸造工場がやっているホテルに宿を取った。オーストリアでいつも思うのは
・〔イタリアと違い…〕人がよく働くしボラれたりしないので快適・安心
・料理はおいしいけど、種類が少なくて飽きる
・バターの味が濃厚でパンが柔らかい
・ビールはイタリアより美味しい
・クイズのテレビ番組がやたらと多い
国境を越えるだけで、この違い。面白いなあ。
lienz.hotel

 雨が降っていた朝、サン・フロリアーノにあるパラスコスのカンティーナへ向かった。薬学を学びにトリエステに来たギリシア人留学生だったご主人がゴリツィアでホテルを営む家の娘だったスロヴェニア人マイノリティの奥さんと知り合い、この地に残ることを決めたらしい。ちなみに奥さんはマイノリティ学校の前校長で、そこに勤める友達のこともよく知っているようだった。彼らの息子はトリエステ大学経済学部を出たばかり。ギリシャ語、スロヴェニア語、イタリア語、英語、(ドイツ語)を操れるというサン・フロリアーノではちょっと珍しい青年だった。
 99年からここで生産を始めたというかなり新しいカンティーナだけれど、二酸化硫黄を洗浄以外では一切使わないとか、色んなこだわりを持っているらしい。イタリアの近隣地域よりは海外市場に向かうオスラヴィアの生産者とは違い、この地に強い根を張っている奥さんの実家ナヌットゥ家の支えもあってか、生産量の半分くらいはゴリツィア周辺でさばけるのだそうだ。サン・フロリアーノやスロヴェニア側のコッリオ(ブルダ)に畑を買い急速に生産量や生産種を増やしているときき、カンティーナの案内や試飲の後に畑の案内をしてもらうことにした。おじさんがアグリ・ツーリズモをやるつもりで買ったという小さな家の側にある新しい畑に着く頃には、雨が上がり、ゴリツィアの景色がキレイに見えた。
  この後オスラヴィアの麓にあるダリオ・プリンチッチさんのカンティーナを昼食ついでに訪問。彼はオスミツァみたいな雰囲気の飲み屋を11時から1時と、夜も数時間だけやっていて、電話で食事の予約もできる。私たちが着いたときにはF.V.G.州の地元紙ピッコロのグルメ記事ライター2人が来ていたお陰で、予約なしで昼食を一緒に取ることが出来た。4、5種類の瓶詰めワインを試飲し、プリンチッチさんが作ったという揚げウサギや のヒレ肉のステーキなどを食べながら、〔ここには書けないけど〕色んな話を聞くことが出来た。オスラヴィアの生産者の近況とか人間関係、過去の話がやっぱり一番面白い。
 プリンチッチさんのところで別の生産者カステッラーダ(ベンサ)の息子ステファノにたまたま会って、急遽そっちにも向かうことになった。これがすごかった。前に会ったときにも本当に話好きな親子(とうか父)なんだなあ、と思ったけど、今回3時半に着いてそのまま5時半くらいまで「庭で」世間話になってしまった。それもワインとは全然関係ないことばかり…。5時半にはグラウナーの愛弟子ダミアンのカンティーナを訪問する約束をしていたのに、この時間になってベンサのところの試飲が始まるという有様。終わったのは7時半で、結局ダミアンは別の機会に、ということになった。
 私は体力的にしんどくなってここで失礼したけど、ソムリエ氏はさらにサン・ダニエレに近い小さな村落Melsのリストランテまで出かけて行った。「いつもは仕事で忙しいし、日本に帰ったらこうやってイタリアまでレストラン巡りに来る機会はなかなかないから」とは言うものの、これは体力勝負以外の何物でもない。先の見えない不安を抱えながら自分に投資をし続けて勉強を続ける辺り、研究の世界と似ているようにも思えた。
 それにしてもサン・フロリアーノやオスラヴィアの生産者はみんな本当に親切だった。ただそれもこれも彼ら深い友情を築くことに成功したインポーターさん達の影響力のお陰。みんな若くて個人で頑張っている人達なのに、地元の生産者の信頼を得て、競争的な日本のワイン市場で勝ち残っている。本当にいい仕事をしているんだなあ、とつくづく感心した。

アルバからのお客

テーマ:
さんが来た。イタリアのあちこちでワインやら料理やらを修業中のソムリエさんで、この地方の白ワインを試飲したり、リストランテやトラットリア巡りをするのが目的らしい。経済的に厳しい修業時代に、あらゆるレストランを回り、試飲、試食を繰り返しても、将来何の保証もない。そういう境遇には大きなシンパティアを感じる。
 初日の夜にはカザルサというパゾリーニの故郷にある900ノヴェ・チェントというレストランに行ってきた。というのも地元の名だたるレストランはみんな予約で一杯か閉まっていたから。実はこの日はサン・ヴァレンティーノだったということをカザルサでようやく思い出した。サン・ヴァレンティーノはイタリアでもかなりどうでもいい類の新しい商業的なイヴェントらしく、無視する人は完全に無視する。
 食事は魚介類をメインにしたサン・ヴァレンティーノ・メニューで、軽くおいしく食べられた。チョコレートづくしのドルチがなかなか美味しかった~。
http://www.ristorante900.it/
〔ゴリツィアGorizia〕

修道院経営で男性客のみ。インターネットの接続とか洗濯機とかもあるらしい。場所は少し不便。
http://www.convittosanluigigorizia.it/SLuigi/index.htm

修道院経営で女性客のみ。場所は不便。
Via Vittorio Veneto n. 185_34170 GORIZIA
Direzione Pensionato Studentesco
Tel: 0481/531651 - Fax: 0481/531659

お城に行く途中のB&B、場所がいい
http://www.alcastellogorizia.it/

〔サン・フロリアーノS.Floriano〕
どちらもローカルな料理がおいしく食べられるトラットリア付。

Korsic
Loc. Sovenza, 7
Tel. 0481_884248

Vogric
Loc. Uclanzi, 23
Tel. 0481_884095

州の観光推進オフィス〔ゴリツィア〕
giubileo.11@adriacom.it
fax 0481_386227

1人が借りると2人住む

テーマ:
 ゴリツィアの貸部屋では結構こういうのが多い。それぞれの友達や恋人が常時出入りするから、女性専用とか客は泊めないとか、そんなルールは結局有耶無耶になってしまうのだ。元から親しい友達と住むなら何の問題も起こらないのだろうけど、赤の他人がルームメートになる場合上手くやらないとこじれる可能性がある。
 当たり前だけど、きちんととコミュニケーションを取ることが一番大切だと思う。調子を訊ねたり、自分の方から相手が共同生活に不満がないか聞いたり、食べ物を分けてあげるのもいい。それから闖入者である彼氏が低姿勢を保ち、ルームメートに対しても陽気に親しく接すること。恋人がいくら暇な学生でも、シャワーを毎日2回とか使わせると後で光熱費が2倍請求される可能性がある。資力があれば頻繁な差し入れで相殺する手もありか?
 今、サルダ〔サルデーニャ出身〕のパオラと住んでいて、彼女のボーイフレンドが入り浸り状態。本当に毎日いる。春休み中で、昼も夜も家でゆっくり料理・食事するし、我が家にはリヴィングがないため、テレビ、勉強も台所。とにかく1日中、夜中まで台所に居られるので大分うんざり。 勿論、お風呂や台所の使い方も汚くて、掃除させても焼け石に水。夜中3時4時まで2人で活動するので、頻繁に目が覚めてしまうのが一番辛い。さらに現在彼女の3人のゲスト(サルデーニャの人らしい)が滞在中。明るくて楽しいけど一緒には住めない、っていうタイプ。
 火曜日の午後から、日差しの強い春のような陽気が続いている。庭のミモザの花もきれいに開き、レムーダ公園ではもうプリムラ(サクラソウ)とかクロッカスが咲いていた。2月半ばだというのに、どこを歩いても去年の3月末のような雰囲気だった。
mimosa
(ミモザ)
primula
(プリムレ)
クロッカス
クロッカス
(クロッカス)
remuda.sentiero
(レムーダ公園の小川)
 散歩ついでにどこかのトラットリアで昼ご飯でも食べようかとレムーダの馬場からサン・マウロ地区の辺りまでふらふらさまよっていたとき、偶然友達に遭遇。
sabotin
oslavia
(サン・マウロ地区からみるサボティン山とオスラヴィアの白い納骨堂)
 お腹の空いた私をおいしいトラットリアまで連れて行ってあげよう、と言ったものの、どこも閉まっていた。商人の町ゴリツィアではお店が休みになる月曜はレストラン、トラットリアは開いていて、火曜日定休のところが多いのだ。ついでに水曜日も閉めるところがあるから、要注意。
 ちなみに今回寄ってみたのはコッリオのアグリツーリズモも含めて合計10件くらい。全部閉まっていた。仕方がないのでパニーノもやっているバールで降ろしてもらった。昼下がりからカードで遊ぶおじさん達がいつもたむろっている店だ。そこからイゾンツォ川沿いに道なき道を歩いてゴリツィアのチェントロまで戻った。道中なかなか美しい景色も見られた。
ponte
(イゾンツォ川に架かる橋)