釜山旅行記②ー再掲

テーマ:

さて、釜山旅行の続きです。


2日目の朝は6時に目が覚め、部屋の風呂(温泉)にゆっくりと入って、その日のスケジュールを考えました。


ホテルから歩いて10分くらいのところに金剛山、金剛公園という場所があって、ロープウエイで山頂まで行けるようです。それから地下鉄で3つほど先にある梵魚寺という古刹に行く。・・・という計画を立てました。


昨日とうって変わって秋晴れです。暖かいくらいかと思いましたが、冷え込んでおりました。金剛公園をぶらぶらと歩くと木立の中、年配の女性の集団が「エイ、エイ・・・」と気迫のこもった大声を上げて、体操をしておりました。何やら軍隊のような。



おばちゃん1




その横ではこれまた3人ほどの女性がフラフープをしておりました。



おばちゃん2




何なんだ、この国は。(笑)


写真を撮ると国家機密を撮影したかどで逮捕されそうな気もしましたが、勇気を出して写真をパチリ。ソソクサとその場をあとにしてロープウエイ乗り場へ。


15分くらい待たないと朝1番のロープウエイが動かないとのこと。待合室で山頂の土産物やで働くおばちゃん達と一緒にTVを見ながら待つことに。


ロープウエイから見る景色はすばらしかったです。




ロープウエイ




山頂をぷらぷらと歩いて、異国の山の秋を楽しみました。ゴロゴロした岩石がある場所に行ってみると、写真のような光景が。



こわい岩




唖然。何かちょっと強い台風でも吹けば転げ落ちそうな。(笑)


岩の向こうに行ってみました。どこまでも無謀なオヤジです。(笑)


釜山の町並みが広がり、絶景でした。写真ではうまく取れませんでした。見たい方は現地に行って下さい。


ロープウエイを降り、地下鉄に乗って、梵魚寺駅へ。


更にバスに乗り継いで梵魚寺に着きました。古刹というのでしょうか。中学生くらいの子供たちが社会科の授業か何かで大勢、来ておりました。


紅葉が美しかった。からくにの地で眺める紅葉、オヤジの痛んだ心の中に沁みていくのでありました。




秋2



わざわざ、ここで読もうと持ってきた三好達治の詩集をおもむろに開きます。(ケ、キザだねぇ。(笑))




秋


あわれ花びらながれ

おみなごに花びらながれ

おみなごしめやかに語らいあゆみ

うららかの跫(あし)音 空にながれ

おりふしに瞳をあげて

(かげ)りなきみ寺の春をすぎゆくなり

み寺の甍(いらか)みどりにうるおい

(ひさし)々に

風鐸(ふうたく)のすがたしずかなれば

ひとりなる

わが身の影をあゆまする甃(いし)のうえ


え、これって秋じゃなくて、春の詩じゃないですか。

Σ( ̄ロ ̄ll)ガーン。
オヤジがいくら気取ってもダメってことね。(笑)


とここまで書いて、また疲れました。続きはまた明日ということで。(笑)


AD

コメント(2)