I'll Remember April

テーマ:


曲とは全然関係ない話。

日本ハムの大谷はすごいなぁ。打ちゃうんだもね。しかも打球が鋭かった。

まぐれとかじゃないね。後世おそるべしとはこの事だね。
AD

ヨルダン2:1日本

テーマ:
いささか六菖十菊の感はあるがヨルダン戦を観た感想を書く。


刻々と状況は変化していたのにザケローニ監督は商業主義に毒され勝ちにいったことがブラジル行きを決められなかった最大の理由だと思う。


本田と長友がケガで招集を見送られ、替りに誰が起用されるかがポイントだったが本田の替りには大半の予想を裏切り香川を、長友の替りにカナダ戦で攻撃に見るべきものがあった酒井高徳を起用した。


プレミア・リーグでアジア人初のハット・トリックを達成した香川のトップ下は国民みんなが見たがっているポジションだろうし、酒井高徳の左バックは攻撃を重視すれば当然だろう。


ただヨルダン対日本戦に先立ちオーストラリア対オマーンが引き分け、日本は引き分けでもワールド・カップ出場をきめることができる状況になった。


引き分け狙いならベテランで、チームでボランチを勤めることもある中村憲剛だろうしカナダ戦で痙攣した酒井高徳でなく守備力重視で駒野起用だろう。



ザケローニが最初に酒井功徳を代え駒野を起用したのは遅きに失した感はあるが正解である。


決定的な2点目を失ったのは酒井孝徳のサイドである。なんでサイドを突破される段階でファールをしてでも止めなかったか。カバーに行った吉田までが抜かされ万事休す。


これが激しいがフェア・プレーを重んじるプレミア・リーグに所属する吉田でなければシナリオは違っていただろうか。


この試合は先制点は絶対に許してはいけない試合だった。それを選手に徹底し選手起用で意識付けしなければいけない試合だった。勝ち点1を取れなかったのはザケローニの采配ミスだが、重視しなければいけないのはオーストラリアがホームでオマーンと引き分けたということ。事実上、日本は出場を決定した。


名実ともにブラジル行きを決定するのは残り2試合を勝つことでなく引き分けで勝ち点1を取ること。