日本VSウズベキスタン

テーマ:

ワールドカップ3次予選、最終戦。


日本、ウズベキスタンとも最終予選進出は決まっていて、またこれは全く知らなかったのであるが、最終予選のシードはFIFAランキングによるとのこと。(日本のシードはほぼ決まり)


アジア・チャンピオンとしての意地はあるだろうが、何が何でも勝たなければいけない試合ではなくなった。


今回は海外組も召集されるが、イングランド・プレミアム・リーグでチェルシーと戦ってイバノビッチとケーヒルの2人のDFをスピードでいっぺんに置き去りにした19歳、宮市を見てみたい。

AD

It's Easy To Remember

テーマ:
差し障りのある方、記事の内容を不愉快に思う方がいらっしゃたら、ご容赦を。

私が学生だった頃、証券会社でもN証券は別格で、就職は難しかった記憶があるが、N証券OBの不祥事が目につく。

贅沢をすれば、きりもないだろうが、そんな贅沢をする必要性がどこにあるのか。

他人の不幸の上になりたつ幸福なんてありえないと信じたい。またまた曲に関係ない記事。

AD

日本代表VSアイスランド

テーマ:

昨日のアイスランド戦を観て。


開始3分ほどで1点目がはいったが、別にケチをつけるわけではないが、ワールドカップ予選では、あんなルーズなマークはありえないだろう。


アジア・カップの準決勝、韓国戦の同点ゴールにも似ていなくもないが、長友のクロスが韓国DFとぎりぎり競り合いあげられたものに対し、槙野のクロスはアイスランドDFの間をつめるでもない緩慢なプレーに助けられたとしか言い様がない。


立ち上がりの10分、15分に失点しないことは、いまどき小学生の試合でも監督が口を酸っぱくなるまで言うことで、アイスランドのチームがどれほどのモチベーションで来日しているのか疑いたくなる。


むしろ、アイスランドに槙野がPKを献上したことを重視するべきでないか。

3点リードしたとき、この試合が失点しないという課題の練習をするための試合であることをDF陣は強く意識すべきであって、ペナルティエリア内のディフェンスの仕方も練習すべき課題であるはずなのだ。


テストマッチという位置付けなら、テストしなければいけない課題があるわけで、ただ勝った勝ったと喜んでいては弱い小学生チームと大差ない。


厳しいことを書いたが、期待する故の苦言と勘弁してもらいたい。

Oleo

テーマ:
国旗掲揚&国歌斉唱条例違反、従うことのできない人間は公務員をやめればいいと言い放つ市長、知事。

わたしは国歌も斉唱し国旗掲揚に起立するが、なんか違和感を感じる。

屈折した左翼思想も嫌だし、強権的なのもどっちも嫌だ。またまた曲とは関係ない話。