投資成績の総括 4月28日

テーマ:

アメブロの調子が悪いのか、私のアップの仕方が悪いのか、同じ記事を2回書いて、いずれも失敗。すこし疲れました。(笑)なので表のみアップしてお茶を濁させていただきます。



2006/4/28現在 中国株・持ち株の状況> 


銘  柄

コード

株 数

取得

@HK$

時価

@HK$

評価損益

JPY

天津創業環保

1065

30,000

2.035

1.910

-58,760

深セン高速道路

0548

2,000

3.025

3.725

17,341

馬鞍山鋼鉄

0323

2,000

2.775

2.775

-3,195

珠江船務

0560

2,000

1.090

1.160

-1,079

中海コンテナ

2866

15,000

2.602

2.425

-41,315

合  計

-87,008






良い週末をお過ごし下さい。再見。

(^o^)丿

AD

ところてん論争

テーマ:

GAIさんが提起された「ところてん」論争で盛り上がっております。(笑)

確かに「豆寒」には黒蜜をかけますから、同じ寒天でできている「ところてん」に黒蜜をかけても良いんでしょうが、関東の方ではあまり聞きませんねぇ。


「ところてん」というと夏。日差しが強く茹だるように暑い一日がようやく暮れかかり、雷が鳴って驟雨が激しく地面を打つ音が葭簾ごしに聞こえる・・・なんてシチュエーションで頂くものというイメージですね。(私だけかなぁ(笑))酢醤油に清涼を求めたのではないでしょうか。


妄想を更に進めると、できれば糊のよく効いた浴衣をきた、うなじのきれいな女の人が盆に2つ、「ところてん」を持ってきてくれるなんていう展開だと、ますます嬉しい。(笑)


以前、「納豆は関西の人は食べないと聞きました。」と書いて、結構な反響がありました。うどんの汁が関東では真っ黒でびっくりという話も聞きます。食文化というのはその人の大切な記憶に連なる部分があるから夫婦でも結構言い争いになります。(うちだけかな、仲が良い証拠?それともただ相性が合わないだけ・・・(苦笑))


今回の「ところてん+黒蜜」は正直、意外でしたがまた一つ勉強になりました。黒蜜で「わらび餅」を食べたくなり、かみさんに買ってくるようにお願いしました。


GW、ここ数年の恒例になりましたが、益子の陶器市に行こうかと思っております。

皆さまも素敵なGWをお過ごし下さい。再見。

AD

調味料バトン

テーマ:

GAIさんより 「調味料バトン」 なるモノを 受け取りました。 いろんなバトンがあるもんですねぇ。書く事のないブログなので、有難くお題を頂戴します。


Q1 次のメニューにどんな調味料をかけますか?(薬味は含みません)

目玉焼き →醤油少々

納豆 →醤油 高校生の頃、バターをごはんに乗せて、その上に納豆&醤油を掛けて食べました。いまとなると「う~ん」です。(笑)

冷奴 →醤油

餃子 →醤油&ラー油

カレーライス →なし

ナポリタン →食べない

ピザ →食べない

生キャベツ →ソース 二度ツケ厳禁(笑)

トマト →なし

カキフライ →ソース

メンチカツ →ソース

コロッケ →ソース

天ぷら →天つゆ 家でならめんつゆか?

とんかつ →ソース

ごはん(おかずなしの時)→調味料ですよね。それなら塩かな。(笑)


Q2 意外と驚かれる好きな組み合わせは?

Q1で答えた「納豆 →醤油 高校生の頃、バターをごはんに乗せて、その上に納豆を掛けて食べました。」ですかね。そうやって食べる(食べていた)ことを誰かに言ったことはないので、驚かれたことはありませんが。


Q3 それが一般的だと分かっているのに苦手な組み合わせは?

すき焼の「たまご」ですかね。そもそも生卵が苦手なので、生まれてから一度もたまごにすき焼肉をつけて食べたことがありません。


ちなみにGAIさんの苦手な組み合わせ、ところてん&酢醤油は当然ですねぇ。酢醤油に咽ながら、ところてんを啜るのもまた一楽というものです。(笑)黒蜜というと葛餅、わらび餅を思い浮かべます。ところてんとは繋がりませんね。(笑)


Q4 バトンを回したい方は誰ですか?

基本的にバトンは回さない主義なの、こちらはパス。(笑)

AD

円急騰 恐るべしFX

テーマ:

しかし、FXは怖いですねぇ。昨日の円の急騰で2つのポジションがストップ・ロスに引っかかり、23,037円の損。この前、痛い目にあったのでストップ・ロスを今回はきっちりと設定しておりましたが、何だかなぁ。(笑)


ドル円 116.95 買 10,000通貨 115.90 決済 スポット▲10,500円 スワップ463円 手数料▲2,000円 決済損益 ▲12,037円

ドル円 116.46 買 10,000通貨 115.46 決済 スポット▲10,000円 スワップ0円 手数料▲1,000円 決済損益 ▲11,000円


以下は4月24日東京市場の前場の市況を伝えたものです。


午前の東京外為市場はG7の余韻からアジア通貨先高観を背景に総じて円が強含みに推移。ドル円相場は、レンジ幅を切り下げたとの見方が広がる中、114円台半ばでもみ合いに終始したが円相場上昇圧力の拡大を見込む投機筋などからの更なる円買いを意識しているとの声からドル買い戻しがあっても限定的になるとの見方が示されている。また5.10日の仲値決済に伴うドル買いは目立っておらずクロス円全体の今後の動向に警戒感が漂う。


NZドルの失敗で学んだことのひとつに経済要人のコメント、重要指標の発表などスケジュールをチェックしておくことがあったのですが、すっかり忘れておりました・・・(汗)。


性懲りもなくドル円 114.66 買 10,000通貨、ユーロ円 141.81 買 10,000通貨。

これらはストップ・ロスを設定していません。シン@薩摩さんがコメントで書かれていたようにストップをどのくらいの値に置くかは難しいですね。


個人的にはFXのほうが株より難しいと思います。経済スケジュール、ファンダメンタル、チャートと押さえるポイントが多すぎます・・・(汗)損が20万円に達したら、FXからは撤退するつもりです。石の上にもFX・・・ナンジャそりゃ。(笑)


これから泡盛「マイルド瑞穂」を頂いて眠りにつく予定です。明日は外貨exの川口一晃さんのセミナーに参加予定です。では、良い1週間をお過ごし下さい。再見。

FX キウイ損切りしました

テーマ:

あまり気乗りはしませんが、FXの取引報告です。(笑)


3月上旬に平均単価78.76円で買ったNZドル、25,000通貨を4月18日に73.89円で損切りしました。為替損益▲121,710円、スワップ+22,072円、売買手数料▲5,000円で決済損益は▲104,638円です。


この取引を通じて、スワップ狙いでFXの取引をするにせよ、ストップロスの設定は必ずやるべきであると思いました。外為どっとコムの初心者向けセミナーで外貨預金のつもりでFX取引をする人がいるけれども、為替の値動きはスワップの何倍もあるので注意が必要だという話がありました。受講したときは、「そんなのわかっている」と気にも留めなかったのですが、痛い経験をして初めてわかる言葉の重み。(笑)

そしてドクター田平さんが言う「3勝2敗」で儲けるには大きく負けないことが大切という意味もよくわかりました。頭が悪いので体で覚えないと、ようわからんオヤジです。(笑)


でもって、性懲りもなくUSドルを116.95円で1万通貨買い。早速に為替損益▲3,700円、スワップ+308円、総合損益▲5,392円です。トホホ・・・。


「若松 黒麹仕込み」を飲み終えて、「蔵の師魂」1升瓶を開けるのも躊躇され、もらったまま放ってあった「じゃがいも焼酎」というのを飲んでみました。まずい。(笑)「こんぶ焼酎」というのはご近所の方にお持ちしたのですが、まずいものをお贈りしたのではないかと心配になりました。同じ会社から出ている「紫蘇焼酎」は美味しいんですがねぇ。もらったものなので、捨てることも出来ず、処分に困ってしまいました。


良い1週間をお過ごし下さい。再見。

投資成績の総括 4月21日

テーマ:

香港市場に上場している会社のほとんどは12月決算で、決算発表が相次いでおります。日本に比べると発表は遅いですね。売却、乗り換え候補の華能国際電力(0902)、大唐国際発電(0991)が10%を超える上昇で儲けそこねました。・・・トホホです。そんな中、私は中海コンテナ(2866)13,000株を買い増し、天津創業環保(1095)30,000株購入という無謀な行動に出ていきなりの含み損です。(笑)

中海コンテナは昨年に比べ当期利益を大きく減らしていますが、それでも1株当たり0.59元でPERは4.41。PBRも0.85(推定)と割安です。原油価格の高騰などコスト高、海運市況の問題等はあるのでしょうが、1年くらいの期間で考えれば15%くらいのリターン(目標株価3.00HK$)は見込めると考えて買い増ししました。


天津創業環保の決算も売上、利益とも前年を大きく下回っております。しかし、環境問題への対応は今後の中国の課題の1つでしょうし、公的事業の色合いが強いので下値不安はあまりないように思い勝負に出ました。(笑)こちらは2ヶ月以内に10%程度のリターン(目標株価2.200HK$)があれば売却するつもりです。



2006/4/21現在 中国株・持ち株の状況> 


銘  柄

コード

株 数

取得

@HK$

時価

@HK$

評価損益

JPY

天津創業環保

1065

30,000

2.035

1.940

-46,903

深セン高速道路

0548

2,000

3.025

3.725

17,860

馬鞍山鋼鉄

0323

2,000

2.775

3.150

8,056

珠江船務

0560

2,000

1.090

1.270

2,216

中海コンテナ

2866

15,000

2.602

2.600

-2,836

合  計

-21,607



FXの成績は明日にでもあらためて報告します。NZドルはすべて損切りしました。



最近、安くて美味しい中華料理の店を見つけて週に2~3回は通っております。家に帰ってからかみさんの料理を食べなくては(笑 決して義務とは思っておりません。かみさんに感謝の気持ちでいただいております。苦しい言い訳(汗))いけないのでバンバンジー、豚肉とにんにくの芽の炒めもの、生ビールをいただいて約1,000円。熊田曜子からフェロモンを3分の2抜き取ったような中国人のおねぇさんが料理を運んでくれます。(笑)


ホルモン焼きの店、中華料理店、ハンバーガーショップなど必ず30分ほど立ち寄ってはビール1杯を飲んで帰宅。家庭に居場所がないのかな・・・(笑)45歳を超えるまで、社用以外で外で飲むことはなかったので、その反動かも知れません。中年(老年)反抗期かな。(笑)


では、良い週末をお過ごし下さい。再見。

(^o^)丿

シン@薩摩さん、クーさんのところで拝見した日経マネー検定。恐る恐るやってみました・・・。結果は以下の通り。ややホッとしております。ニュース力の点が低いのは普段スポーツ新聞しか見ていないためか・・・(笑)チャート力が以外と点を取れていて驚きました。通勤電車の中で読んでいる川口一晃さんの本のお陰でしょうか。


いずれにせよ、日本株、FXで大きな含み損を抱える身であることに変わりはありません。トホホ・・・(笑)今後も精進したいと思います。


良い1週間をお過ごし下さい。再見。(^o^)丿


日経マネー投資力検定の成績
http://www.toushikentei.jp/

●受験日 2006年4月17日
●点数 82点/100点(平均67.0点) ●偏差値 60.1
●マネー検定1級
●かなり知識レベルの高い投資家です。経験を積んで、より完璧な知識を身に付けてください。
●得意な分野は 基礎力と銘柄力とチャート力と感応力
●不得意な分野は ありません
●分野別得点
 ニュース力:13 基礎力:16 銘柄力:16 チャート力:17 感応力:20

投資成績の総括 4月14日

テーマ:


今週の香港市場は引き続き好調だったようです。カミヤンさんが教えて下さったので、あわてて確認すると馬鞍山鋼鉄(0323)が13%を超える急騰。先週末比+0.35HK$で3.125HK$になりました。その他の銘柄も先週末比で高くなっており、すべての銘柄で含み益がでております。中国株を始めて、こんな幸せな状態はなかった・・・。(笑)


そうした中、先日買った天津創業環保を売却。どこが長期投資か、とお叱りを受けそうです。@1.950HK$買い、@2.200HK$売り、10,000株。円ベースの売却益は18,288円です。



2006/4/14現在 中国株・持ち株の状況> 


銘  柄

コード

株 数

取得

@HK$

時価

@HK$

評価損益

JPY

天津創業環保

1065

0

-

-

-

深セン高速道路

0548

2,000

3.025

3.925

33,391

馬鞍山鋼鉄

0323

2,000

2.775

3.125

15,886

珠江船務

0560

2,000

1.090

1.270

5,438

中海コンテナ

2866

2,000

2.600

2.825

1,580

合  計

56,295



FXの成績は4月14日終値のNZドル売値73.32、平均取得単価78.76、25,000通貨買

為替評価損▲135,940円、スワップ20,984円、総合損益▲119,956円




NZドルが一時戻して74円台をつけましたが、週末は73円台前半に。しかし、総合損益で先週より約3万円ほど改善しました。

今週は豪ドルの売り取引を2回行いました。1勝1敗で▲2,042円。1敗はストップ・ロスを臆病に設定しすぎました。このあたり難しいなぁ・・・。


今週はお役所の調査があり、1日中お相手をする日々が続きました。別に特に問題になるような取引はないのですが、それでも精神的に疲れるものです。今週いっぱいで終わりと踏んでいたのですが来週もいらっしゃるとの事。う~ん。(笑)いかに暇な窓際族とはいえ、2週間仕事が滞るとねぇ・・・。


寝酒に芋焼酎「わか松 黒麹」を呑んで、泥のように寝る日々が続いております。「わか松 黒麹」は先週の金曜日に行った飲み屋のママさんからお土産にいただいたものです。お湯割でいただくと微かに芋の甘味があって、ほんわかと呑みやすい焼酎でした。




では、良い週末をお過ごし下さい。再見。

(^o^)丿






さて、大阪・神戸旅行記の最終回(笑)、飛田新地「鯛よし百番」 を目指した話です。夕闇せまる頃、万博公園を後にして千里中央駅から御堂筋線に乗って「動物園前」へ。しかし、行ったり来たりでほんま、疲れまっせ。(笑)一応、ぐるなびの地図はプリントアウトして持ってきていたのですが、位置関係がわからないのでいろんな人に聞きながら「鯛よし百番」を目指しました。一見してからにその筋の方と思われる方にも道を尋ねましたが、「どこやて、鯛よし百番?知らんなぁ~」と結構親切に答えてくれました。(笑)煙草屋のおばちゃんに聞いて、やっと方角がわかりました。言われるままに歩いていくと暗い道に白い看板が軒を並べておりました。3、4メートルの間口の店の真ん中に若い女性が座布団に座って、その隣にご年配の女性が座っております。前を通るとご年配の女性に「お兄ちゃん、お兄ちゃんたら・・・」と声を掛けられました。「お兄ちゃん」と呼ばれたのは30年ぶりかもしれません。(笑)永井荷風の「墨東綺譚」の世界に迷いこんだような異空間が広がっておりました。この空間を情緒と考えるか、嫌悪すべきものと捉えるかは人さまざまだと思いますので、詳しくは書きません。興味のある方は実際に足を運んでみて下さい。


で、ぶらぶらと異空間を歩いているうちに「鯛よし百番」を見つけました。年代を感じさせる重厚な店構え。う~ん、入ってみたい。しかし予約客以外お断りの札を見て、とぼとぼと今来た道を戻りました。で、「三丁目百番 」へ。こちらはごくごく普通の居酒屋です。どて焼きとおでん、麦焼酎をいただきました。特に情緒は感じられませんでした。(笑)で、お店の方に帰り道を教えてもらって、ジャンジャン横丁の串揚げ屋「てんぐ」に寄って、やっとのことホテルへの家路につきました。


で、「鯛よし百番」については商売繁盛お鮨やさんの女将さん、由美さん がブログ記事を書いていただけるということでバトンをお渡ししたいと思います。では由美さん、よろしくお願いいたします。

(^o^)丿

太陽の塔

テーマ:

さて、大阪・神戸旅行記の続きです。中止が決定した途端にさっさと甲子園を後にして阪神電車で三宮を目指しました。三宮花時計前から旧居留地・大丸前で降りて南京町に行きました。で、大丸の地下で蓬莱551の肉まんを1個頂きました。有名な店らしく新大阪にも店がありました。あん(肉)がシュウマイのあんのようです。雨が強かったので元町のアーケードを通って、途中から南京町の通りへと曲がりました。狭い通りに大勢の観光客、地元の人(?)が溢れておりました。ふかひれ入りチャイニーズ・バーガー(!?)やら海老団子の串刺し、ラーメンなど歩き回って、うまそうだと思えば食べて、童心に返った感じで楽しみました。(笑)味はそれほどでも・・・というところでしょうか。(笑)ラーメンは通常の量の3分の1くらい。ここに来る人はいろいろ食べ歩きたいのだから、それで良いのですね。工夫のあとが見られ、オヤジは関心することシキリ、馬鹿です。(笑)

メリケン公園、ハーバーランドの方をぶらぶら歩いて市営地下鉄に乗ってみなと元町前に戻りました。元町をあてなく歩いて、骨董品屋3軒を発見、のぞいてみました。それから鞄が好きなので鞄や。帆布と革を使った、シンプルなデザインのショルダーバッグがあったけど、結局、荷物になるので購入断念。コーヒーショップに入って、どうでもいいことを思い巡らしながら(笑)太陽の塔をまだ見ていないことに気付き急遽、万博公園に行く事を決定しました。行き当たりばったりのきまま旅です。時すでに3時半を廻っていたと思います。阪神電車に乗って梅田へ。梅田から御堂筋線に乗り換えて千里中央駅へ。そこからモノレールに乗り換えて万博公園前へ。ふー、疲れた・・・(笑)でも、モノレールの窓から太陽の塔が見えた時は感動でした。


以前、紹介した重松清の「トワイライト」は太陽の塔が主人公の「すばらしかった少年時代」の象徴として描かれています。大阪万博があったのは私が小学校6年の時です。高度成長の真っ只中で、GNPがどれだけ成長したとか、世界で何番目になったとか右肩上がりの景気の良い話ばかり。アメリカのアポロ計画、アームストロング船長の月面着陸など子供心に人類の未来は明るく輝いてみえました。一方で公害やら冷戦、核の恐怖なんていう問題もありましたが、今も昔も単細胞なので、三波春夫の作り笑顔にだまされるように明るい未来を信じておりました。


万博公園の太陽の塔の前に立って、感無量です。


その後の日本が辿り、至った現実は決して薔薇色でなく、表面は取り繕っているもののいろんな問題を抱えて破綻、破滅する寸前になっている。まさしく「トワイライト」の描く世界ですが、それでも希望を捨てなければ「再生」がある。そう信じることができるほど、岡本太郎の「太陽の塔」は圧倒的なパワーを私に与えてくれました。来て良かったです。


で、束の間の高揚感を抱え、公園内の日本庭園の一部を見てまわり(笑)、飛田新地「鯛よし百番」に向かうことにしました。どんな旅なんや、勇猛果敢支離滅裂とはこの事だろうか・・・(笑)

長くなりましたので、この続きはまた次回。再見。