2007-05-12 22:25:12

古書漁りついでに会社に立ち寄る

テーマ:ブログ

今日は午後から仕事に向かわなければならぬということで、重い腰を上げるために理由づけをすることにした。そうだ、古本屋に行くついでに会社に寄ればよいのだと。気の持ちようで理由が変われば体も軽くなる。いつもより一時間以上も早く支度を調えた。一つ手前で下車し、廃館した映画館の上階にスペースを設けた古本屋へと足を運んだ。数店舗の店が共同で商品を出し合っているため、程よく品揃えがばらついている。ただし、雑な扱われ方をされてしまう本も多く、それほど高額な本は置かれていない。売り上げ優先のため桃色雑誌が数多く棚を占めてしまう傾向もあるが、まあ、よく考えれば黒い商品棚に花を添えているともいえなくもない。時間もないので短時間集中でいく。いつも通り文庫棚から、横光利一『日輪』(岩波文庫・初版・帯)、二葉亭四迷『其面影』(岩波文庫)、岸田国士『古い玩具』(岩波文庫・帯・元パラ)、谷崎潤一郎『吉野葛・蘆刈』(岩波文庫・帯・元パラ)、久保田万太郎『大寺学校・ゆく年』(岩波文庫・帯・元パラ)各百円。木下杢太郎『南蛮寺門前 和泉屋染物店』(岩波文庫・初版・帯・元パラ)二百円。悩んだ末に中村真一郎『夏』(新潮文庫・初版・帯)三百円。最後に小穴隆一『二つの繪 芥川龍之介の回想』(中央公論社)四百円。なんとか腹も満たされ本日の目的も済んだところで、ついでに会社へ向かうことにした。



本日の収穫。またいつ読むともわからぬ本が積まれていく。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

まんだら堂さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。