2007-03-30 23:22:40

蛇塚(へびづか)

テーマ:甲子夜話

『甲子夜話』には、図入りで珍しい蛇塚が紹介されている。まさに、縦横一尺六七寸大の蛇桶が描かれているのだ。こんなものが路上にあったら、一目散に逃げ出すが、思わずご利益を信じて小銭を投げ込んでしまいそうだ。


丙戌六月廿五日、小石川三百坂にて蛇多く集り、重累して桶の如し。往来の人歩を留て皆見る。その辺なる田安殿の小十人高橋百助の子千吉、十四歳なるが云ふには、この如く蛇の重りたる中には必ず宝ありと聞く。いざ取らんとて、袖をかゝげ、右手を累蛇の中にさし入れたるに、肱を没せしが、やゝ探て果て銭一を獲たり。見るに篆文の元祐通宝銭なり。是より蛇は散じて行方知れずと。奇異と云べし。 追記す。田舎にてはこれを蛇塚と云て、往々あることとぞ。(東洋文庫『甲子夜話6』巻八十七 四)


*丙戌・・・1826年

*元祐通宝・・・中国の元祐時代に発行された貨幣

*一部漢字を書き改めました。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

まんだら堂さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

コメント

[コメントをする]

2 ■>蛇の交尾

最近は生きた教科書をみる機会がめっきり減りましたね。でも目の前でみたら逃げ出してしまいそうです。

1 ■蛇の交尾

昔田舎で見た記憶があります。圧倒されます。神懸り的な感じさえします。

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。