2007-03-07 22:06:20

室生犀星全詩集をいただく

テーマ:ブログ

職場に仕事でお付き合いのある方が立ち寄られた。すると、おもむろに大きな本を取り出して、蔵書にどうぞと小生に手渡したのである。みれば千部限定の『室生犀星詩集』(筑摩書房)ではないか。まだ手元にないものであった。ご本人は笑いながら、老い先を考えての形見分けですよと仰る。若い頃親しんだ詩集だけれども、どうせなら大事にしてくれる方に持っていてもらえれば嬉しいと、六百頁にも及ぶ豪華本をわざわざ小生のために届けてくれたのである。その気持ちが心に染みた一日であった。大切にいたします。



桜咲くところ


私はときをり自らを懺悔する

雪で輝いた山山を見れば

遠いところからくる

時間といふものに永久を感じる

ひろびろとした眺めに対ふときも

よき人の艶麗がにほうて来るのだ

艶麗なものに離れられない

離れなければ一層苦しいのだ

その意志の方向を先廻りすれば

もういちめんに桜が咲き出し

春浅い山山に

まだたくさんに雪が輝いてゐる


(室生犀星 愛の詩集 より)


『室生犀星全詩集』(筑摩書房・昭和三十七年三月発行)



限定千部の内、840番

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

まんだら堂さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

コメント

[コメントをする]

2 ■>杏っ子

仰るとおり、お勧めの作品ですよね。ワタクシは朝子さんの小説から父上の作品に移ったという変わり者なんですけど。あれだけ規則正しい生活をしていた父親にまさか愛人がいたとは、さすがに朝子さんも驚いたでしょうねぇ。

1 ■杏っ子

と併せてお読みになることをお勧めします。
犀星の業(ごう)みたいになものが見える気がします。

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。