2007-02-26 21:35:11

追想芥川龍之介

テーマ:ブログ

週末はスノーボードに行ってきたものだから、躰の節々が痛む。年には勝てぬが、まあ、次の日に症状が出ただけよしとしよう。


今日から『追想芥川龍之介』(芥川文・中野妙子〈記〉、中公文庫)を読み始める。中学の頃に初めて芥川の『歯車』を読み、そのせいでトラウマになった。読み終えた後、頭がぼうっとして熱を帯びたような興奮状態になったことを覚えている。それからだ、ドッペルゲンゲルを信じてもいいと念うことにしたのは。これまで何度も読み返してみたが、全く別物のように読む時々で感慨が異なってくる。それ以来、作品のイメエジが、まさに影のようについてまわる。風が吹いて地面の枯れ葉が舞うと、くるくる回り出すことを夢想し、いつか右目に歯車の映像が浮かぶのではないかと妄想するのだ。そしてレエン・コオトを着た男といつか擦れ違うだろうと恐怖と期待が交錯する。この強烈なイメエジは、ゴッホの画集で「糸杉と星の道」を観たときと似ている。さてと、痺れる右肘をさすりながら、死のニオイをかぎ取る作業をするとしよう。


追想芥川龍之介 改版/芥川 文
¥1,300
Amazon.co.jp
芥川龍之介全集〈6〉/芥川 龍之介
¥882
Amazon.co.jp


AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

まんだら堂さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

コメント

[コメントをする]

3 ■>暗輝閃眼

小生は右回りの眩暈を時たま発症します。ストレス性らしいですが、見事に漫画のようにくるくる回ります。
芥川の子供時分の原稿などはノビノビと書かれていますが、年を追うごとに几帳面さが際だってきますね。特に『歯車』での消えそうな小さな文字は、印象的です。

2 ■私も今まさに目の中に歯車が廻っています

しかしこれは網膜の一時的な痙攣(暗輝閃眼)であることが医学的に確かめられており,精神病とは無関係です。自殺以前の段階で芥川はこのことを知らなかったようです。もちろん,芥川の作品の価値を貶めるものはありませんが。

コメント投稿

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。