本が積まれる

テーマ:
昼休みにまとめて本を買う。まずは赤江瀑短編傑作選二冊目の『禽獣の門』(光文社文庫)。もちろん一冊目は読み終えていない。次に、まだ一巻目の三分の二しか読み終えていないが三巻目が出てしまった半藤一利『昭和史探索3』(ちくま文庫)。それから、限定復刻された芥川夫人の追想録、芥川文・中野妙子(記)『追想芥川龍之介』(中公文庫)。そして最後は、顔を通して日本文化を読み解くという惹句が気に入ったので、村澤博人『顔の文化誌』(講談社学術文庫)も併せて購入した。そうそう、ネットで購入した室生犀星『小説よきひと』(竹村書房)も本日到着したばかりだ。ふう、こうしていつ読むとも知れぬ本が積まれていく。
AD

コメント(5)