2007-02-06 23:00:13

鶏卵を食って村拂ひ

テーマ:明治大正 綺談珍聞大集成

鳥インフルエンザが蔓延する物騒な昨今であるが、明治の御代でも鶏卵を食うか食わぬかで大騒ぎになったことがあったという。



昔より宮城縣荒巻村にては鶏卵を食へば氏神(神明社)の祟りありとて一般食はぬ事にして置きしを同村の三五郎と云う男が祟りも糸瓜もあるものか鶏卵は滋養物の第一等なりとて近頃頻りに買集めて喰ふよし専ら村内での評判に頑固野郎共は怒り出し三五郎を村拂ひせねば規則が立たぬと云ひ出して當時紛紜最中のよし


(仙臺日日新聞 明治十三年二月四日)



その後どうなったのかは定かでないが、神様の前では卵一つも大っぴらに食えぬ時代があったのだ。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

まんだら堂さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。