冬至には弘法大師がやってくる。

テーマ:

冬至である。北半球では一年中でもっとも日照時間が短かい日であるから、非常に寒い日なのである。しかし現実はそんなこともなく、過ごしやすいぐらいであった。それはともかく、冬至の夜はサンタクロースじゃなくて、弘法大師が村にやってきて奇跡を起こしたという伝説が多いらしい。日本民俗語大辞典によると、この時期は太陽の光が弱まり植物が萎縮するので、農耕生活に危機が迫ると感じたという。そのため、神を迎えて農耕の再生を願い祝う行事をこの日を中心に行ったとしている。そんことはちっとも意識しなくなったとはいえ、南瓜やこんにゃくを食わなきゃならぬと云うことは忘れちゃいない。今晩は南瓜でも食うかと思っていた矢先、昼飯の日替わりランチに南瓜が入っていたので呆気なく終了。さあて、禊ぎに柚子でも買って帰るか。


AD