2006-12-05 21:54:17

坂ノ上言夫『古典感覚』

テーマ:坂ノ上言夫

坂ノ上言夫『古典感覚』(朝日書房)が届く。彼の『温故叢誌 拷問史』は手に入れていたのだが、まだこの書は未見であった。何でもこの書は、発禁になった『肉刑譜』の内容を一部変更して改訂版として出したらしいのだ。さっそく中をぺらぺら捲ってみると、末尾にその詳細が著者自身の記述があった。


「この一小冊は九月一日「肉刑譜」の名において刊行された、それの改訂本である。盖(けだ)し、「肉刑譜」は、その六日発行禁止命令を受けたのである。で、禁書の原因となつたらしい各篇「女犯」「捻ぢられた人間」「蛆淫」「古代スパルタの性的統制」「肉刑の図式」「息の根を閉める刑罰」を控除し、その憂なく信ぜらるゝ各篇にさらに「女の土俗」「神聖裁判」の二篇を加へて一冊とし、今これを再び上梓する。」


参考までに本書に掲載されている各篇を一部列記すると以下のようである。


・「宗教自殺」断章
・雨怪
・耳の点描
・病怪
・雲助
・釣瓶心中
・切腹---切腹刑
・拷問譜
・狂った足軽
・囚人楽書
・敲打刑について
・盗の道徳史
・乱波


まだ内容を詳しくみていないのでなんともいえぬが、タイトルだけみても削除されたものの方が面白そうで、それゆえ『肉刑譜』よりも少々見劣りするようだ。本書は発禁を受けた後、翌月の昭和八年十月に上梓されている。ちなみにこれらの作品は、一部書き下ろされたものだそうだが、それ以外は『新青年』『経済往来』『日本国民』『女性案内』『福岡日日新聞』『犯罪科学』『犯罪公論』誌上で発表されたものを加筆訂正して収録したという。


ああ、削除されたものを知れば知るほど無性に読みたくて仕方がない。もしかすると他の作品も、どこかの誌上で発表されている可能性もあるので、気長に探索するとしよう。



*一部の箇所で、よみがなを追加し常用漢字に変更しています。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

まんだら堂さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

コメント

[コメントをする]

2 ■>興味津々ですね

こんばんは
それがですね、よくわからないんですよね。
彼の書物も少ないですし、忘れさられてしまった感がありますからね。
何か情報があれば教えてくださいね。

1 ■興味津々ですね「肉刑譜」

坂ノ上さんってのは、どういう方なんですかね?

コメント投稿

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。