2006-11-09 23:30:57

片腕の売物

テーマ:明治大正 綺談珍聞大集成

先日友人に手招きされたので寄っていけば、分厚い封筒を目の前に突き出すではないか。何事かと思えば、封の中からは帯の付いた札束とそれよりも僅かに薄い札束が出てきた。なにか悪さでもしたのかと思いたずねれば、ナンバーズで当選したのだと満面の笑みである。詳しく聞けば、宝くじ売り場の前を通り過ぎようとしたところ、なにやら袖を引っ張られるような感覚で、買わねばならないと思ったそうである。よく買う番号をあえて外し、初めて買う番号を思いつくまま選んだそうである。当たるとも思わず翌日宝くじ売り場に出向けば、大金を差し出されたので驚いたということだ(正確には銀行で引き換えたのだが)。何とも羨ましい話しである。思わず、「帰りは車に気をつけるように」と憎まれ口を叩いてやった。


梅原北明の編纂した大著の一つに『明治大正 綺談珍聞大集成』というのがある。この書物については後日、詳細に記述するが、今日はこの中にある「片腕の売物」を紹介したいと思う。


浅草あたりに奇々妙々な取り沙汰がありますと探訪者が息せき切って雨の中を飛んで帰ったからそれは何だと聞くと昔より名高い越後の弘智法印の干物や先日回向院へ見せ物に出た坊主の干物と違ってこれは現在浅草の百助横町にて××松蔵として渾名を腕松というものは今年六十を超した爺でこの男が三十年ほどあとに賊のために片腕を切り落とされそれを大切に箱に入れて仕舞って置いたら不思議にも指爪がだんだん伸びるので或人がその腕を三百圓に買いたいというと腕松は五百圓なら売ると当時掛合中だと焼芋屋の前では子守が噂をし井戸端ではおさんどんが評判をいたしましたそれは何にしても金儲けだろうが当せつ右にいい腕を持った人なら五百圓位は一ト月の月給で取れるアア腕松さんホンニさうでは無いか。序にお話申しましたよう切れた腕の爪が伸びたり死人に月代が生えるというといかにも不思議なようだがこれは月代が伸びるでも有りません自然に肉が落ちてくるから伸びるように見えるので有ります。(明治九年十一月十五日)


*一部現代文及び伏せ字に直してあります。


最後には何てことはない、面白くもない落ちが付いたが、人様とお金の関係というのは時を経てもあまり変わらないようでありますなぁ。


AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

まんだら堂さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

コメント

[コメントをする]

3 ■ダンボールの靴かぁ…

底は何で出来てたのか気になるなぁ…

2 ■>昔の大阪・通天閣では

大阪をイメージすると、どうしても織田作之助の作品が浮かんできますね。ミナミで食べたお好み焼きはうまかったなぁ。
ちなみにうちの親父は、戦後の浅草観音様目の前で、段ボール製の靴を売っていたことがあると自慢してました。

1 ■昔の大阪・通天閣では

コブつき玉子は、大阪出身なのですが、高校生くらいになっても「新世界(通天閣附近)」は「行ってはいけない」ディープスポットでした。
とってもおっとこまえだった女友達の独り新世界ツアーでいちばん印象的だったのが、片方だけの古靴いろいろ、どっからどうみても盗んで来たか、拾って来たとしか思えない洋服が山と積まれウソみたいな安い値段で売られていた店、の話でした。
片方だけの靴なんて買う人がいるのか、当時のアタシは理解に苦しんだものでした。
昭和50年代の新世界はまだ、明治大正の浅草と変わらなかったのかもしれません。

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。