2006-05-29 22:48:13

宮守虫喰物を運ぶ(ゐもりむしくいものをはこぶ)

テーマ:ブログ

先日、古書店で新装版『日本随筆大成 第一期4』(吉川弘文館)を購入した。この巻には西村白烏が記した「煙霞綺談」が収録されている。この中には柴田宵曲『妖異博物館』(ちくま文庫)にも取り上げられている、ヤモリの怪しい話しが載っているので、紹介しよう。この話しは、巻之一「宮守虫喰物を運ぶ(ゐもりむしくいものをはこぶ)」という題目で書き綴っている。


○宝暦十二年の春、遠江金谷の駅横山某が居家の壁に雨除の板あり。廿五年已前修覆せしまゝなれば余りに朽損じたれば、是を取りかへ侍る時に、先年此板をうち付たる時節に通りかゝり、釘につらぬかれたると見えて、俗にいふ宮守虫真中を釘にさし通され、其の疵はいへて、くるくるまはるばかりにて迯ることもならず、大工も不思議に思ひ、其のまゝ人々に知らせたれば、珍しき事なりとて大勢集り是を見る。さるにても廿五年の月日、何としてかかく生きながらへぬらんとよくよく見れば、壁に行き通うたる道とおぼしく一筋に跡あり。此雌雄数年の間喰物を運び喰わせたると見へたり。


なお、『妖異博物館』によれば、「煙霞綺談随筆」より古い「醍醐随筆」にも、ヤモリではなくムカデであるが、似たような話が出ていることが記されていて興味深い。


とかげ


柴田 宵曲
妖異博物館
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

まんだら堂さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

コメント

[コメントをする]

1 ■TB有り難うであります!

【ヤモリの怪しい話】
もう既に忘却であります、泪。

コメント投稿

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。