◆キットパス deてがた&あしがたアート◆
体験ワークショップのお知らせ
 
キットパスで、お子さんの手形・足形を残しませんか?
子どもは日々成長します。今日の手形・足形は今日だけしか取れません。
成長の記録としても、思い出作りとしても、アートとしても、手形・足形アートはお勧めです。
 
★見本用として手形を1枚取らせて下さった方には、指定用紙での手形を1枚無料で差し上げます。
(カード作成やボードご希望の場合は、別途材料費を頂きます。200円~)
 
開催日時 2月25日(土)10:30~16:00
この時間内においで下さい。所要時間10~30分程度。
料金 1枚200円~400円(大きさなどにより異なります)
 
場所 マナビオ(市原市五井1626 JR五井駅西口徒歩7分
無料駐車場有
Tel : 0436-26-5267)
 
『キットパス』は … ガラスなどつるつるした所に描いて水拭きで簡単にキレイに出来る画材です。「カラフルな手形アート」、「ガラスアート」「水筆で水彩画」、「ステンシル」や「チョークアート風イラスト」など、様々な使い方で楽しむことが出来ます。
『手形アート』は … 手形を色々なものに見立てて描き加えたり、シールやマスキングテープ、型抜きしたペーパーなどを用いて作品を作ります。写真などと組み合わせて成長の記録や思い出の記録として、また、おじいちゃん、おばあちゃんへのカード作りなどもお勧めです。
AD

こんにちは。ともですピンクうさぎうれしい顔

講談社の、全国訪問 本とあそぼう おはなし隊に参加してきました!
今月は、ピンクの1号車が千葉県内をまわっています。

私が参加したのは、千葉市の誉田小学校わくわくキャンパス(放課後子ども教室)でした。
私は前半15分を担当。

「わたしとなかよし」

 

「ペレのあたらしいふく」

 

「とんでもない」

 

とんでもない とんでもない
 
Amazon

 

を読みました。
はじめてのおはなし隊で緊張しましたが、みんな良く聞いてくれて、楽しく読めました

 

1号車隊長の猪口さんは、

1,2年生には

「おかしだーれ?」

 

 

「それはひ・み・つ」

 

「ももたろう(紙芝居)」(リンクは本)

 

 

3~5年生には

「りんごはいくつ?」

 

「猫の看護師ラディ」

 

「もったいないばあさん まほうのくにへ(紙芝居)」(リンクは本)

 

てした。読みはもちろん、子どもたちへの対応、淀みない進行、さすが隊長!!でした。
また参加したいなあ

AD

とんでもない

テーマ:

こんにちは。ともです。

昨夜は、小2次男に

「とんでもない」

を読みました。
普通の男の子が
「サイはいいなあ」
と羨みますが、サイは
「とんでもない!」
と…。
という風にどんどんお話が展開する絵本です。
最後に全体の俯瞰図があり、そこにもお楽しみがあるし、
間違い探しも。最後の最後にクイズもあるしで、
2倍楽しめる!という感じの絵本でした。
 
「この男の子、『ぼくのトイレ』の子に似てる」
と次男。著者紹介を見たら、出てる!
学校の図書室で読んだんだそう。
そういう風に繋がっていって、いいねぇ、と思いました。
今日この記事を書くのに「ぼくのトイレ」を探していたら、
絵本ナビで前ページ試し読みがあったので、
一緒に読みました。
学校の読み聞かせには向かないけど、
子どもはあっちこっちページを確かめながら
じっくり読みたくなるだろうなあ、と思うしかけが
一杯でした。
AD

こんにちは。ともです桜

私はキットパスアート本部認定講師をしています。

活動の一つとして、イベントでワークショップをしたり、
公民館主催の子育てサークルや自主保育サークルで
成長の記録カード作りを担当したりしています。
そのための見本作りをしたいのですが、
次男も小2で、段々手も足も大きくなってきました。
 
見本作りに使うには、少々大きすぎる…ショボーン
小さな手形・足形があればなあ…、と思っていました。
 
そんなある日、「もぐらの冒険」というあそび場に行ったところ、
2カ月の赤ちゃん!
(実は「赤ちゃんに会いに行くけど、一緒にどう?」とお誘いを受けて、ダメ元!と、キットパス一式持って、いそいそと出かけたのでしたが)
 
ママにお願いしたところ、快く了承してくれたので、
手形・足形ともとらせてもらえました。
(お礼に手形・足形を色紙に捺してプレゼント。
以前、手形はうまく取れなかったから嬉しいと喜んで下さいました。赤ちゃんは、手をぎゅーっとしてるから取りづらいですよね)
 
無事、見本を作れましたラブラブ
今度は、マナビオで手形・足形アートの体験WSをしたいなあと思っています。
手形・足形を提供して下さる方には、こちらで用意した用紙なら無料でお持ち帰り、というのだったら、来てくれるかしら?

 

油断も隙もない

テーマ:

お久しぶりです。ともです。

次男は、ゲームは1日20分!と約束しています。

とはいえ、20分で「ブチッ!」と切れないので、

20分にタイマーセットし、なった時に

「切りのいいところで終わりね」

と声がけするので、実際は25~30分位でしょうか。

この方法だと、わりと納得して、自分で終わらせることが出来ます。

(初めの頃は「短すぎる!」とプリプリしていましたが、

「満足~♪」

とご満悦の時もあります。少々不思議ですが…。)

 

ところが最近、スマホのゲームにも手を出し、

そちらは私や夫の規制がややゆるい、と発見しまして…。

ブロッククラフトというゲームをやりたがる次男。

(前からマインクラフト好きで、似ているし簡単らしいです)
先日、スマホを新しくしたので、今度のスマホにもブロッククラフトを

インストールしてくれと要求してきました。

いいよとスマホを渡したら、ちゃっかりそのままゲームをしていました。

「油断も隙も無い!」

と、スマホを返すよう言ったら、

「油断も隙もあったんだよ」

と返されました。

次男には無かったけど、私には(油断も隙も)あったのね(^_^;)

やられた!と思った出来事でした。