村田晃嗣氏の主張がついに実現!「オバマ大統領をヒロシマへ!」

★詳細は村田晃嗣氏講演会で!

 

★ユーチューブでもご案内しています。

https://www.youtube.com/watch?v=tCUkpvRlhtQ


■楽問塾リアルタイムセミナー■

■村田晃嗣白熱レクチャーのご案内

村田晃嗣氏の主張がついに実現!「オバマ大統領をヒロシマへ!」
日米関係のスペシャリスト/同志社大学教授・村田晃嗣氏が熱く語る白熱レクチャー


■テーマ■
「激震の世界… サミット後の日本とアメリカはどう動くか!!」(仮)
【日時】6/8(水)19:00開演(講演終了20:45)
【講師】日米関係のスペシャリスト/同志社大学法学部教授 村田晃嗣氏
【内容】
●5月27日、オバマ大統領が現職のアメリカ大統領として初めて、被爆地ヒロシマを訪問し、広島市の平和記念公園で原爆死没者慰霊碑に献花した。そして原爆投下国として、広島と長崎を含む第二次世界大戦のすべての犠牲者らに哀悼の意を示すスピーチをした。
この「オバマをヒロシマへ…」は、講師の村田晃嗣氏がオバマ大統領就任の当初より、主張していたもので、その主張がついに実現したのだ。

●サミット後の日本では7月の参議院選挙、そしてアメリカでは、迷走が益々予想される大統領選を控える。結果によっては日米関係は危機的状況になるかもしれない? 日本はまさしく歴史のターニングポイントを迎えている。2016年後半の激動する世界情勢の中、日米の関係はどう展開していくのか! 政治は?経済は?そして安全保障は? 日本に対するその影響は?… 日本はどう対応していくのか? アメリカ通の氏がシャープに語る。

【会場】:クレオ大阪中央・4階セミナーホール(定員100名)
〒 543-0002 大阪市天王寺区上汐5丁目6番25号
地下鉄谷町線「四天王寺前夕陽ヶ丘」駅下車、1・2番出口から北東へ徒歩約3分
■料 金■会員1000円/会員紹介1500円/一般2000円/ペアチケット3500円(一般当日2500円※チケットは、ローソンでも発売中! Lコード57848)

■振込先━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◇
①三菱東京UFJ銀行上本町支店(普)5111741口座名[NPO国際生涯学習文化センター]
②郵便振替009401-92273口座名[国際生涯学習文化センター]
………………………………………………………………………………………

 

AD


■楽問塾リアルタイムセミナー■

 

■村田晃嗣白熱レクチャーのご案内

 

村田晃嗣氏の主張がついに実現!「オバマ大統領をヒロシマへ!」

日米関係のスペシャリスト/同志社大学教授・村田晃嗣氏が熱く語る白熱レクチャー

 

 

■テーマ■

「激震の世界… サミット後の日本とアメリカはどう動くか!!」(仮)

【日時】6/8(水)19:00開演(講演終了20:45)

【講師】日米関係のスペシャリスト/同志社大学法学部教授 村田晃嗣氏

【内容】

●5月27日、オバマ大統領が現職のアメリカ大統領として初めて、被爆地ヒロシマを訪問し、広島市の平和記念公園で原爆死没者慰霊碑に献花した。そして原爆投下国として、広島と長崎を含む第二次世界大戦のすべての犠牲者らに哀悼の意を示すスピーチをした。

この「オバマをヒロシマへ…」は、講師の村田晃嗣氏がオバマ大統領就任の当初より、主張していたもので、その主張がついに実現したのだ。

 

●サミット後の日本では7月の参議院選挙、そしてアメリカでは、迷走が益々予想される大統領選を控える。結果によっては日米関係は危機的状況になるかもしれない? 日本はまさしく歴史のターニングポイントを迎えている。2016年後半の激動する世界情勢の中、日米の関係はどう展開していくのか! 政治は?経済は?そして安全保障は? 日本に対するその影響は?… 日本はどう対応していくのか? アメリカ通の氏がシャープに語る。

 

【会場】:クレオ大阪中央・4階セミナーホール(定員100名)

〒 543-0002 大阪市天王寺区上汐5丁目6番25号

地下鉄谷町線「四天王寺前夕陽ヶ丘」駅下車、1・2番出口から北東へ徒歩約3分

■料 金■会員1000円/会員紹介1500円/一般2000円/ペアチケット3500円(一般当日2500円※チケットは、ローソンでも発売中! Lコード57848)

 

 

■振込先━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◇

①三菱東京UFJ銀行上本町支店(普)5111741口座名[NPO国際生涯学習文化センター]

②郵便振替009401-92273口座名[国際生涯学習文化センター]

………………………………………………………………………………………

AD

2016石平白熱レクチャー
ユーチューブでも紹介中です。是非日本の今後のために、ご案内を広げてくだされば、ありがたいです。
https://www.youtube.com/watch?v=eM9pjn_PvDY

■タイトル■ Gセブン伊勢志摩サミット直前企画!
第6回石平緊急特別講演会 
■テーマ■忍び寄る中国の経済崩壊と習近平世界制覇のシナリオ!!
 

■期  間■2016 年5/21(土)                                   
■時 間■18:30-20:15 
■料 金■●費用:会員1000円/会員紹介1500円/一般2000円/ペアチケット3500円
(一般当日2500円※チケットは、ローソンでも発売中! Lコード56008)
 
■概 要■中国国防費の異常な膨張が止まらない! 軍事予算は過去最高の16兆円を超え、その金が南シナ海、東シナ海を始めとした軍拡に使われる。南シナ海での人工島建設や地対空ミサイル配備、そしてステルス戦闘機や空母建造、軍事利用の宇宙開発費だ。しかし中国経済は成長率減速が目立つ。そして次はバブル崩壊が待っていると噂される…。為替や金利が乱高下し、コントロール不能になったとき、日本を始めとするG7や世界が巻き添えになる。悩ましい中国の軍拡と経済の明日を石平氏が鋭く分析する!!
 
■講 師■中国問題のスペシャリスト/拓殖大学客員教授  
■講師プロフィール■
石平氏(せき・へい 1962年 - )中華人民共和国四川省生まれの漢族系中国人2007年末に日本に帰化。現在は中国系日本人(1世)。拓殖大学客員教授・評論家。主に日中の政治・経済・外交問題について論じている。TV・新聞などでも大活躍中。
 
■対  象■一般社会人・学生 
■定 員■150名 
■会 場■大阪府社会福祉会館401号室
http://www.fine-osaka.jp/syakaifukusi/map.html
■定 員■150名
 地下鉄・谷町6丁目駅4番出口南へ200メートル
■振込先■①三菱東京UFJ銀行上本町支店(普)5111741口座名[NPO国際生涯学習文化センター]②郵振009401-92273口座名[国際生涯学習文化センター] 
■主 催■NPO法人国際生涯学習文化センター
〒542-0012大阪市中央区谷町9-3-11-309

TEL06-6764-1282 FAX06-6761-5834
e-mail:occ@manapi-world.org
HP:http://manapi-world.org/occ/
ブログ:http://ameblo.jp/manapi-world/

AD

 
近代の世界における日本の役割
        「近代と武士道」―明治維新から・大正・昭和終戦まで―
明治以降、世界に門戸を開くが、世界は欧米列強を中心とした弱肉強食・侵略競争の時代!アジアの多くの国は植民地化され苦境に喘いでいた。そんな時代に日本は国民一丸となって自主独立を守り、明治・大正・昭和と、坂の上の雲を目指し、ひたすら走ってきて、欧米と肩を並べるようになった。そして終戦!この80年余、世界に追いつけ追い越せの無我夢中の時代、日本の外交・政治・経済・国民生活を支えたのはやはり、近世、江戸時代に培われた武士道精神だったと云う!? この激動期における武士道精神の果たした役割と功罪をその時代に起きた事件・人物など具体的事実を追いながらその意義を笠谷和比古氏に説明して頂く!

■講師:帝塚山大学教授/近世史・近現代史ナビゲーター 笠谷和比古氏
(かさややずひこ)武士道研究の第一人者。新たな歴史観を提唱し、ベルリン、北京、パリ大学など世界各国の大学客員教授を歴任し、武士道など日本文化を説く国際派。気骨溢れる古武士のような性格で資料に基づいた明瞭な講義は説得力ありと定評!テレビ「その時歴史は動いた」などマスメディアに多く出演し活躍中。

■募集要項
●3回セット料金:OCC会員2500円/一般5500円(ビデオ聴講含む・ローソンでも発売!Lコード56936)
●個別料金:個別聴講は、会員900円/一般前売り2000円(当日2500円)
●定員:100名(若者応援企画で現役学生は無料)
●時間:PM2:30ー4:15 (開場:PM2:00)
●会場:野村證券上本町支店セミナーホール
〒542-0062大阪市中央区上本町西5丁目3番5号上六Fビル3階
地下鉄谷町9丁目駅及び近鉄上本町駅8号出口すぐ
◎お聞き逃しの講座はビデオ聴講ができます。
●お申込み/お問い合わせ
NPO法人国際生涯学習文化センター
〒542-0012大阪市中央区谷町9丁目3番11号 東谷町ビル3階309号 TEL06-6764-1282 FAX06-6761-5834 e-mail:occ@manapi-world.org ホームページ:「マナピーワールド」http://manapi-world.org/occ ブログ:「マナピーの広場」 http://ameblo.jp/manapi-world/


お聴き逃しのビデオ講座聴講会ご案内

 2月20日(土)に歴史家笠谷和比古氏の「世界史における日本の役割」第一回講座を開催しました。その内容が大変好評で、ビデオ聴講会を開いてほしいとの要望
も多数あり、下記の通り、第一回目講座のビデオ聴講会を開催いたします。

どうぞ万障繰り合わせの上、お友達もお誘い頂き、ご出席くださいます様ご案内いたします。

●ビデオ聴講の日程:必ず前日までに「メールや電話ファックス」でご予約ください。

 3/9(水) 3/10(木) 3/12(土) 3/13(日)

●いずれも午後1:30から

●一講座聴講費用:会員900円/会員紹介900円/一般1500円です。

(テーマと講座内容)
■第1回 2/20(土) 徳川社会と日本の近代化-世界史の奇跡- 「近世と武士道」―江戸時代中期から幕末まで―

日本の近代化はどのようにして実現したか。これまでの考えでは、ペリー来航によって鎖国が終わり、その後は国内の政争と内乱を経て明治政府がで き、その下で文明開化政策を推し進めたことによって日本は近代化していったのだ、と。しかし政府の近代化政策によって国が近代化していくのであれ ば、19世紀において世界中に近代国家はみちあふれていたことであろう。しかし実際には19世紀の世界の現実は、英米仏蘭露を中心とする欧米列強 の植民地体制下におかれていた。そのような中で日本だけが独立を堅持して近代化を達成しえた。その根源的な力パワーは日本が欧米列強と接触した 時の徳川社会の中に求められることになる。徳川社会は何故に欧米列強の軍事的支配をはねかえすだけの力を有していたのであろうか。その理由と実態 を解明していく。

★最新刊『戦わない軍事大国アメリカ』
講演終了後には、2016年1月21日発売の日高義樹氏の最新刊『戦わない軍事大国アメリカ』の販売とサイン会、その後、懇親会も予定しています。
PHP研究所のサイトでも紹介されています。

■第19回日高義樹新春特別講演会
戦わない軍事大国アメリカ/PHP研究所
¥1,728
Amazon.co.jp
■日 時:2016年1/30(土)PM2:30~4:15(開場PM2:00)
■テーマ:2016年激動する国際情勢、どうなる世界どうする日本!?
■講 師:国際政治ジャーナリスト 日高義樹 氏
■講師プロフィール:(ひだか・よしき)ハドソン研究所首席研究員
1935年、名古屋市生まれ。東京大学英文学科卒業。1959年、NHKに入局。ワシントン特派員をかわきりに、ニューヨーク支局長、ワシントン支局長を歴任。その後NHKエンタープライズ・アメリカ代表を経て、理事待遇アメリカ総局長。審議委員を最後に、1992年退職。その後、ハーバード大学客員教授、ケネディスクール・タウブマン・センター諮問委員、ハドソン研究所首席研究員として、日米関係の将来に関する調査・研究の責任者を務める。1995年よりテレビ東京で「日高義樹のワシントンリポート」「ワシントンの日高義樹です」を合わせて199本制作。
主な著書に、『アメリカの歴史的危機で円・ドルはどうなる』『アメリカはいつまで日本を守るか』(以上、徳間書店)、『資源世界大戦が始まった』『2020年 石油超大国になるアメリカ』(以上 ダイヤモンド社)、『帝国の終焉』『なぜアメリカは日本に二発の原爆を落としたのか』『アメリカの新・中国戦略を知らない日本人』『アメリカが日本に「昭和憲法」を与えた真相』『アメリカの大変化を知らない日本人』『「オバマの嘘」を知らない日本人』『中国、敗れたり』『日本人が知らない「アジア核戦争」の危機』(以上、PHP研究所)、新刊書に『誰も知らない新しい日米関係』(海竜社)がある。日本とアメリカを駆け巡りオピニオンリーダーとして活躍中!当センター顧問。
■講演内容: 2016年の世界と日本はどうなるのか? 米中露、そして激震の中東と無差別テロの行方は!? 圧倒的な情報量と分析力で、2016年の国際情勢と日本の進路を指し示す!
■定員200名(全席指定)
■会 場:大阪国際交流センター小ホール http://www.ih-osaka.or.jp/access/
          〒543-0001 大阪市天王寺区上本町8-2-6
(地下鉄[谷町9丁目駅又は近鉄大阪上本町駅下車]近鉄百貨店から南へ400メートル) 
■料金:会員1000円/一般2000円/当日2500円<前売券はローソンでも発売中!Lコード54355>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★只今、OCC会員ご入会キャンペーン実施中!
★今ご入会の方に、もれなく日高義樹新春特別講演会にご招待!
詳しくは、こちら→ http://manapi-world.org/occ/nyukai/20150723nyukaiweb.pdf
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●主催: NPO法人国際生涯学習文化センター
 〒542-0012大阪市中央区谷町9丁目3番11号 東谷町ビル3階309号
 TEL06-6764-1282 FAX06-6761-5834 
e-mail:occ@manapi-world.org 
ホームページ:「マナピーワールド」http://manapi-world.org/occ/ 
ブログ:「マナピーの広場」 http://ameblo.jp/manapi-world/
 

 
 

 
 
 
 
教科書では学べなかった近現代史の真実…
江戸時代(近世)を知らなければ、近現代は語れない!
世界から注目され、今も息づく日本の武士道の可能性を探る!


日本人の勇気と自信が湧き出る講座
歴史に学ぶ楽問塾Part9
新サムライシリーズ:2月20日(土)14:30開講!

■メーンテーマ
シリーズ戦後70年の日本を考える!‐総括編‐
「世界史における日本の役割-武士道精神に探る!戦後70年の日本国の将来と日本人の生き方-」

■開講に当たって:
世界から注目され、今も息づく日本の武士道精神は平安以降の発祥から現代までの長い歴史の中で、その時代々々の日本の社会構造や日本人の歩みに大きな影響を与えてきた。その精神は武士を問わず町人から農民に至るまで、日本人のあらゆる層に渡って浸透していたという。
今回は、武士道が日本精神として成熟・確立したと云われる①近世から、②近代、③現代の今に至るまで大きく3回に分け、その時代の日本人の歩んだ具体的歴史的事実を取り上げ、武士道が政治・経済・外交・生活・文化・生き方までどのように活用され、影響し、どのように続いて来たのか? また武士道精神が戦後70年を経た日本国・日本人のこれからの精神的支柱に本当になりえるのか?
笠谷和比古氏に3回に亘って講義して頂く。

■全3回講座セミナースケジュール
第1回 2/20(土) 徳川社会と日本の近代化-世界史の奇跡-
        「近世と武士道」―江戸時代中期から幕末まで―
第2回 3/19(土) 近代世界における日本の役割
        「近代と武士道」―明治維新から・大正・昭和終戦まで―
第3回 4/16(土) 現代世界における日本の役割
        「現代と武士道」―昭和戦後・平成現在、そして未来へ―

■講師:帝塚山大学教授/近世史・近現代史ナビゲーター 笠谷和比古氏
(かさややずひこ)武士道研究の第一人者。新たな歴史観を提唱し、ベルリン、北京、パリ大学など世界各国の大学客員教授を歴任し、武士道など日本文化を説く国際派。気骨溢れる古武士のような性格で資料に基づいた明瞭な講義は説得力ありと定評!テレビ「その時歴史は動いた」などマスメディアに多く出演し活躍中。

■募集要項
●3回セット料金:OCC会員2500円/一般5500円(ローソンでも発売)
●会員の方は個別料金(900円)でも聴講頂けます。
●定員:100名(若者応援企画で現役学生は無料)
●時間:PM2:30ー4:15 (開場:PM2:00)
●会場:野村證券上本町支店セミナーホール 〒542-0062大阪市中央区上本町西5丁目3番5号上六Fビル3階
地下鉄谷町9丁目駅及び近鉄上本町駅8号出口すぐ
◎お聞き逃しの講座はビデオ聴講ができます。

■主催■NPO法人国際生涯学習文化センター
TEL06-6764-1282・FAX06-6761-5834
 〒542-0012大阪市中央区谷町9-3-11-309 e-mail:occ@manapi-world.org
  http://manapi-world.org/occ/ ※ホームページは「マナピーワールド」で検索!

 ■振込先  ①三菱東京UFJ銀行上本町支店(普)5111741口座名[NPO国際生涯学習文化センター]②郵振00940-1-92273口座名[国際生涯学習文化センター]


■スケジュール詳細■

メーンテーマ:世界史における日本の役割

(開講主旨)
歴史認識が問われている。戦後70年を迎えた今、かの太平洋戦争の意義と日本の責任が問われている。社会にはそれらの関係の論著があふれている。いわゆる戦争責任を問題とする図書もおびただしい数である。しかし太平洋戦争を問題とするには、太平洋戦争を生起させた近代の世界というものの実態を理解しておく必要がある。世界の近代化とはどのようなものか。その中で日本の近代化とはどのような意義を担っていたのか。そしてそれらの歴史認識を踏まえる時、現代および未来における世界と日本との関わり方は、どのようになっていくであろうか。世界における日本の役割を、このようなパースペクティブの下に捉えていく。

■第1回 2/20(土) 徳川社会と日本の近代化-世界史の奇跡-
        「近世と武士道」―江戸時代中期から幕末まで―

世界に例を見ない300年余の平和が続いた江戸時代、この時代に武士道精神は武士から庶民の津々浦々まで浸透していた。日本精神として成熟・確立した武士道は、この時代の社会構造にどのように関連し、どのように長期安定時代に貢献してきたのか? 武士は・商人は・職人は・農民は?具体的事象・人物を取り上げ、幕末の武士の世の終焉までを名実共にサムライ講師笠谷和比古氏に語って頂く!


■第2回 3/19(土) 近代世界における日本の役割
        「近代と武士道」―明治維新から・大正・昭和終戦まで―

  明治以降、世界に門戸を開くが、世界は欧米列強を中心とした弱肉強食・侵略競争の時代!アジアの多くの国は植民地化され苦境に喘いでいた。そんな時代に日本は国民一丸となって自主独立を守り、明治・大正・昭和と、坂の上の雲を目指し、ひたすら走ってきて、欧米と肩を並べるようになった。そして終戦!この80年余、世界に追いつけ追い越せの無我夢中の時代、日本の外交・政治・経済・国民生活を支えたのはやはり、近世、江戸時代に培われた武士道精神だったと云う!? この激動期における武士道精神の果たした役割と功罪をその時代に起きた事件・人物など具体的事実を追いながらその意義を笠谷和比古氏に説明して頂く!


■第3回 4/16(土) 現代世界における日本の役割
        「現代と武士道」―昭和戦後・平成現在、そして未来へ―

日本は70年前、米国の爆撃により全土は焦土化し終戦!身も心もすべてを失った日本!アメリカ占領政策により民主化の美名の下、日本精神である武士道精神などは悪として取り扱われた。その後日本は日本人の努力によって奇跡的な発展を遂げて現在に至る。がその裏にDNAとしての武士道精神が息づいていた。世界は今や大激動期に入った。このままで、日本や日本人はグローバル化時代の新たな困難を果たして乗越えていけるのか?武士道精神はこれからの日本に、また世界に、どのような精神的支柱としての、メッセージを送ることが出来るのか?笠谷和比古氏より学んできた近世・近代・現代の武士道との係わり合いの歴史の流れの中で、その答えを問う!

★最新刊『戦わない軍事大国アメリカ』
講演終了後には、2016年1月21日発売の日高義樹氏の最新刊『戦わない軍事大国アメリカ』の販売とサイン会、その後、懇親会も予定しています。
PHP研究所のサイトでも紹介されています。

■第19回日高義樹新春特別講演会
■日 時:2016年1/30(土)PM2:30~4:15(開場PM2:00)
■テーマ:2016年激動する国際情勢、どうなる世界どうする日本!?
■講 師:国際政治ジャーナリスト 日高義樹 氏
■講師プロフィール:(ひだか・よしき)ハドソン研究所首席研究員
1935年、名古屋市生まれ。東京大学英文学科卒業。1959年、NHKに入局。ワシントン特派員をかわきりに、ニューヨーク支局長、ワシントン支局長を歴任。その後NHKエンタープライズ・アメリカ代表を経て、理事待遇アメリカ総局長。審議委員を最後に、1992年退職。その後、ハーバード大学客員教授、ケネディスクール・タウブマン・センター諮問委員、ハドソン研究所首席研究員として、日米関係の将来に関する調査・研究の責任者を務める。1995年よりテレビ東京で「日高義樹のワシントンリポート」「ワシントンの日高義樹です」を合わせて199本制作。
主な著書に、『アメリカの歴史的危機で円・ドルはどうなる』『アメリカはいつまで日本を守るか』(以上、徳間書店)、『資源世界大戦が始まった』『2020年 石油超大国になるアメリカ』(以上 ダイヤモンド社)、『帝国の終焉』『なぜアメリカは日本に二発の原爆を落としたのか』『アメリカの新・中国戦略を知らない日本人』『アメリカが日本に「昭和憲法」を与えた真相』『アメリカの大変化を知らない日本人』『「オバマの嘘」を知らない日本人』『中国、敗れたり』『日本人が知らない「アジア核戦争」の危機』(以上、PHP研究所)、新刊書に『誰も知らない新しい日米関係』(海竜社)がある。日本とアメリカを駆け巡りオピニオンリーダーとして活躍中!当センター顧問。
■講演内容: 2016年の世界と日本はどうなるのか? 米中露、そして激震の中東と無差別テロの行方は!? 圧倒的な情報量と分析力で、2016年の国際情勢と日本の進路を指し示す!
■定員200名(全席指定)
■会 場:大阪国際交流センター小ホール http://www.ih-osaka.or.jp/access/
          〒543-0001 大阪市天王寺区上本町8-2-6
(地下鉄[谷町9丁目駅又は近鉄大阪上本町駅下車]近鉄百貨店から南へ400メートル) 
■料金:会員1000円/一般2000円/当日2500円<前売券はローソンでも発売中!Lコード54355>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★只今、OCC会員ご入会キャンペーン実施中!
★今ご入会の方に、もれなく日高義樹新春特別講演会にご招待!
詳しくは、こちら→ http://manapi-world.org/occ/nyukai/20150723nyukaiweb.pdf
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●主催: NPO法人国際生涯学習文化センター
 〒542-0012大阪市中央区谷町9丁目3番11号 東谷町ビル3階309号
 TEL06-6764-1282 FAX06-6761-5834 
e-mail:occ@manapi-world.org 
ホームページ:「マナピーワールド」http://manapi-world.org/occ/ 
ブログ:「マナピーの広場」 http://ameblo.jp/manapi-world/
 

長谷川幸洋
★速報!『そこまで言って委員会NP』に出演の東京・中日新聞論説副主幹、長谷川幸洋氏講演決定!11/27(金)午後6時45分開始!

■タイトル:戦後70年の日本を考えるシリーズ・年末スペシャル 長谷川幸洋講演会   

■テーマ:
戦後70年、マスメディアは国民に本当に真実を伝えてきたのか?

■内容
戦後、国民のすべてが連合国の支配下に置かれ、マスコミも連合国批判のできない状態から、歴史を刻んでいった。そうした中、官僚や政治家、イデオロギーなど、さまざまな権力や思想が報道する者との癒着の中で、真実を追求する姿勢を変化させていく。敗戦から戦後へ… 日本のマスメディアはこの70年をどのように歩んできたのか!「戦後70年の日本を考えるシリーズ」として、歴史的事実を知り理解することから、その問題点を掘り下げ、今後のマスメディア、そして日本のあり方について考える。

■日時:2015年11/27 (金)18:45-20:30   
■料金:OCC会員1000円/一般前売2000円(当日2500円)
※ローソンチケット(L-58653)でも発売中!   

■講師:講師:ジャーナリスト・作家 長谷川幸洋氏 

■略歴:●(はせがわゆきひろ) ジャーナリスト(東京新聞論説副主幹)。東京新聞・中日新聞社説のほか『現代ビジネス』『週刊ポスト』でコラム連載中。テレビ朝日系列『朝まで生テレビ!』、BS朝日『激論!クロスファイア』、読売テレビ系列『たかじんのそこまで言って委員会』などにも出演。規制改革会議委員。SAJスキー準指導員。著書『日本国の正体 政治家・官僚・メディア---本当の権力者は誰か』(講談社)で09年の山本七平賞受賞。近著に 「2020年新聞は生き残れるか」(講談社)。趣味はスキー。SAJスキー準指導員の資格を持つ。

■定 員■100名   
■会 場■大阪府社会福祉会館301号室
〒542-0012大阪市中央区谷町7丁目4-15(地下鉄谷町6丁目駅4号出口より南へ200m)
(http://www.fine-osaka.jp/syakaifukusi/map.html)   
■振込先■
①三菱東京UFJ銀行上本町支店(普)5111741口座名[NPO国際生涯学習文化センター]
②郵振00940-1-92273口座名[国際生涯学習文化センター]
   
■主 催■NPO法人国際生涯学習文化センター
〒542-0012大阪市中央区谷町9-3-11-309
TEL06-6764-1282 FAX06-6761-5834
e-mail:occ@manapi-world.org
HP:http://manapi-world.org/occ/
ブログ:http://ameblo.jp/manapi-world/


★新しいポスターができました。ご覧ください

島田長谷川日高ポスター

島田長谷川日高ポスター長谷川幸洋
【1】■戦後70年を考えるシリーズ【日米関係】 島田洋一講演会

■テーマ■戦後の日米関係に学ぶ日本の戦後70年!
■日 時■2015 年11/14(土)PM2:30-4:15
■料 金■会員900円・一般前売1500円・当日1800円(要予約)
※チケットは主催事務所/※ローソンチケット(L-56062)でも発売中!  

■概 要■不倶戴天の敵から友好国へ!戦後70年の両国の歩んだ明暗の歴史の中に、これからの日米関係のあるべき姿を探ります。日本は戦後、アメリカの占領政策によってどう統制され現代に至るのでしょうか? その政策の実態とその後の関係、そして未来を語ります。
■講 師■外交問題のオピニオンリーダー/国際政治学者・福井県立大学教授 島田洋一氏(プロフィール)しまだよういち:京都大学大学院法学部卒業、2003年より福井県立大学教授。専門は現代日本の外交と政治、安全保障問題を中心にアメリカや日本の政策を研究。櫻井よしこ氏が理事長を務める国家基本問題研究所企画委員・評議員。学生時代は高坂正堯氏に師事した。 

■定 員■ 100名
■会 場■ 野村證券上本町支店セミナーホール大阪市中央区上本町西5丁目3番5号上六Fビル3階((地下鉄谷町9丁目駅及び近鉄上本町駅8号出口すぐ)
(http://www.nomura.co.jp/branch/branch/uehonmachi.html)

■振込先■①三菱東京UFJ銀行上本町支店(普)5111741口座名[NPO国際生涯学習文化センター]②郵振00940-1-92273口座名[国際生涯学習文化センター]
■主 催■NPO法人国際生涯学習文化センター
〒542-0012大阪市中央区谷町9-3-11-309
TEL06-6764-1282 FAX06-6761-5834
e-mail:occ@manapi-world.org
HP:http://manapi-world.org/occ/
ブログ:http://ameblo.jp/manapi-world/




■戦後70年を考えるシリーズ【現代マスコミ論】 長谷川幸洋特別講演会
★速報!『そこまで言って委員会NP』に出演の東京・中日新聞論説副主幹、長谷川幸洋氏講演決定!11/27(金)午後6時45分開始
→詳細はブログでも紹介 http://ameblo.jp/manapi-world/entry-12084457137.html

【2】■タイトル:戦後70年の日本を考えるシリーズ・年末スペシャル 長谷川幸洋講演会   
■テーマ:戦後70年、マスメディアは国民に本当に真実を伝えてきたのか?
■内 容: 戦後、国民のすべてが連合国の支配下に置かれ、マスコミも連合国批判のできない状態から、歴史を刻んでいった。そうした中、官僚や政治家、イデオロギーなど、さまざまな権力や思想が報道する側との癒着の中で、真実を追求する姿勢を変化させていく。敗戦から戦後へ… 日本のマスメディアはこの70年をどのように歩んできたのか!「戦後70年の日本を考えるシリーズ」として、歴史的事実を知り理解することから、その問題点を掘り下げ、今後のマスメディア、そして日本のあり方について考える。
■日 時:2015年11/27 (金)18:45-20:30   
■料 金:OCC会員1000円/一般前売2000円(当日2500円)※ローソンチケット(L-58653)でも発売中!   
■講 師:講師:ジャーナリスト・作家   長谷川幸洋氏
■略 歴:(はせがわゆきひろ) ジャーナリスト(東京新聞論説副主幹)。東京新聞・中日新聞社説のほか『現代ビジネス』『週刊ポスト』でコラム連載中。テレビ朝日系列『朝まで生テレビ!』、BS朝日『激論!クロスファイア』、読売テレビ系列『そこまで言って委員会NP』などにも出演。規制改革会議委員。SAJスキー準指導員。著書『日本国の正体 政治家・官僚・メディア---本当の権力者は誰か』(講談社)で09年の山本七平賞受賞。近著に 「2020年新聞は生き残れるか」(講談社)。趣味はスキー。SAJスキー準指導員の資格を持つ。
■定 員:100名   
■会 場:大阪府社会福祉会館301号室
〒542-0012大阪市中央区谷町7丁目4-15(地下鉄谷町6丁目駅4号出口より南へ200m)
(  http://www.fine-osaka.jp/syakaifukusi/map.html  )   
■振込先■
①三菱東京UFJ銀行上本町支店(普)5111741口座名[NPO国際生涯学習文化センター]
②郵振00940-1-92273口座名[国際生涯学習文化センター]
   
■主 催■NPO法人国際生涯学習文化センター
〒542-0012大阪市中央区谷町9-3-11-309
TEL06-6764-1282 FAX06-6761-5834
e-mail:occ@manapi-world.org
HP:http://manapi-world.org/occ/
ブログ:http://ameblo.jp/manapi-world/






講師を囲んでの懇親会

●講座終了後の講師を囲んでの懇親会
和やかな雰囲気の中で講座の内容をさらに掘り下げたお話もお聞き頂けます。
●参加費:飲み物と御つまみつきで800円(通常時)です。

●懇親会会場はNPO法人国際生涯学習文化センターのある東谷町ビル1階です。 ●地図はこちらをクリックしてください