*manami*no*顕正会体験記

顕正会員として過ごした18年間の思い出と心の葛藤、現役顕正会員との対話を綴ります。
080-6812-1057
manami-nyago-nyabi@ezweb.ne.jp(携帯限定)
manami_nyago_nyabi@yahoo.co.jp(PC・携帯)


テーマ:
その頃、私は知人の経営する飲食店を手伝いっていた。古いビルの地下の一角で細々と営んでいる小さなパブスナック。

 

不景気真っ只中だし、経営はなかなか厳しそう‥。
 
でもそこは
 
『請願を勝ち続けてやる!』
 
と決意した私にとって格好の職場だった。
 
連絡先を交換するのは当たり前の社交場。対象者は尽きなかった。私はノリの良い若いお客さまを標的とした。ノリが良い人はノリで入会してしまう。飛ぶ鳥をおとす勢いで請願を達成していった。  

 

(余談だけど‥顕正会の組織内では水商売は禁止となっている。でもこれは表向き。私がお手伝いしていたスナックのママと区長は実は顔見知り。当然、私の水商売は黙認。むしろお客様を勧誘して入会させる可能性が高い職場なので心の内では推奨してたのかもしれない。私が辞めた後も区長の紹介で多くの女子部が入れ替わり立ち替わりしていたし、あの第 女子部長だってお小遣い稼ぎに働きにきていた。だったら『水商売禁止』なんて綺麗事を言わなければいいと思う‥。)
 
ほどなくして不思議な現証が起こってきた。

 

ガラガラだった店内が徐々にお客様で埋まる様になった。その数は日に日に増え続け、ついには店内に収容できないくらいの繁盛店になったのだ。

 

同じビルの地下のお店はどこもガラガラ‥。そこへ、満員で入店できないお客様を案内し、私とママが交代で出張し接客をした。
 
当然、他の店舗からも有り難がられる。

 

そのうちに
 
manamiちゃんが働き始めたら店が繁盛するようになった。バブルが来た』
 
と界隈で評判になりはじめた。
 
まさかそんな事は全くあるはずがない。店に遊びにくる人は全てママのお客様。繁盛してきたのはママの営業努力。なのに、私はそんな勘違いをおおいに利用した。勧誘活動は他の店の経営者にまで及び、隣のキャバクラの店長さん、店の経営に悩む小料理屋の店主まで入会させた。
 
宗教の勧誘をしている事はママの耳にも入る。自分の店を勧誘活動の場にされて迷惑していない訳がない。でも同時に
 
manamiちゃんが来てから‥‥』
 
という評判も耳にしている。私を辞めさせたら損をするような気分にもなる。ママは経営者。どちらをとるか?もちろん売り上げをとる。勧誘活動には目を瞑るしかなかった。

 

私は
 
『顕正会の正しさが証明できたぁ。』
 
と感激した。
 
『仏法に犠牲は無いって本当だぁ‥。普通は勧誘活動したらクビになるもん!』
 
と有頂天になった。
 
この様な不思議な現証は『魔』による紛らわしく恐ろしい通力。邪教を正しいと信じ込ませる為に起こってくる。

 

顕正会内ではよく『理屈抜きに』という言葉が飛び交うが、理屈が存在しない団体で勧誘活動をいくらしても功徳がある訳がない。『理屈抜き‥』という言葉に騙されてはいけない。
 
私の要らぬ決意に魔が感応し、不思議な事が起こったのだと思う。
 
現にこの不思議な現証で調子づいた私は
 
『今度は人材発掘!』
 
と、新たな決意をしたのだった。
AD

manamiさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。