*manami*no*顕正会体験記

顕正会員として過ごした18年間の思い出と心の葛藤、現役顕正会員との対話を綴ります。
080-6812-1057
manami-nyago-nyabi@ezweb.ne.jp(携帯限定)
manami_nyago_nyabi@yahoo.co.jp(PC・携帯)


テーマ:
次の日の日曜日。私は張り切って朝一番の日曜勤行に参加した。いつもは総班長と茶寮へ行き朝食をとりながら折伏の段取りをする。でもこの日はなぜか

 

「ちょっとお話があるの。一緒に茶寮に行きましょう」と区長に誘われた。
 

「わーいヽ(*´∀`)ノ久々に区長とご飯が食べられる。お忙しいのに有難い!!」

 

とルンルンしながらお受けした。しかし…。まっていたのはなぜか指導ではなく、ただのダメ出しだった。
 

区長「あなたね・・。そんな事ではダメなんじゃない!!!」
 

私 「えっ???なにがダメ?」

 

何の事かわからなかった。区長は続けた・・・

 

「信心がおかしくなってるわよぉ」
 

なんでそう思うのだろう?なぜ怒られるんだろう???

 

あっ…。もしかしたら昨日の総班長からの電話を折り返さなかったから??

 

区長はそんなたわいもない事で区員の信仰の姿勢を疑うの?

 

「あのぉ。お言葉ですが、最近おかしいのは私ではなくて、総班長です。」

 
と・・・言いたかったけど

 

言えなかった・・・

 

その代わりに涙が出た。
 

それから延々と区長のお説教が始まった。
 

「区長、聞いて下さい。私、頑張りたいんです・・」

と、心の中でつぶやきながら堪える。

 

「私の言う事はただの言い訳にしか聞こえないんだろうなぁ。でもね・・・頑張ろうと思っているから日曜勤行に来たの。区長から茶寮に誘ってくれて指導してくれると思って嬉しくて・・」

 

でも、口には出さない。総班長の讒言よりも私の言い分は格下になる。総班長が「manamiの信仰姿勢に問題がある」と言えばそうなってしまう。顕正会の組織ってそんなもの。

 

しこたま怒られたあとの別れ際、とうとう感情を抑えることができなくなった。

 

そして爆発した!!

 

「組織はいりません。頑張ろうと思っている気持ちを潰すような組織はいらない!!!」

 

組織いらない宣言をかましたのだった。
瞬時に「組織から離れ、一人で折伏の成果をあげて行こう」と決意した。
魔というものの働きは恐ろしい。私のその決意を聞き逃しはしない。
それからは修羅界道をただひたすら突き進んでいく事となる。

※私の反抗期(組織いらない宣言)は第三次まであります。その第三次で顕正会という団体が謗法である事に気がつき、日蓮正宗に帰伏する事になるのです。

 

 
AD

manamiさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。