*manami*no*顕正会体験記

顕正会員として過ごした18年間の思い出と心の葛藤、現役顕正会員との対話を綴ります。
080-6812-1057
manami-nyago-nyabi@ezweb.ne.jp(携帯限定)
manami_nyago_nyabi@yahoo.co.jp(PC・携帯)


テーマ:
班長以上の役職に就くと誓願(実態はノルマ)が与えられる。当時、役職だけあって自ら抱える組織が無かった私は誓願を一人で達成しなければならなかった。友人という友人、知人という知人を端から折伏(実態は勧誘)していった。対象者(勧誘する相手)が尽きると今度は「再折伏」と言って同じ人に対して何度もひつこく勧誘する。


「対象者がいません」


なんて言い訳は通用しない。


「祈りが足りない」

「広宣流布を願っていないから対象者があらわれない」


と、自身の信仰心のなさを責められてしまう。逃げ道はどこにもなかった。

追い詰められる中で一人の友人の存在を思い出した。姉の様に慕っていた○美さん‥。一度勧誘してから疎遠になってしまっていた‥。


「今はやらない。でもmanamiちゃんが変わったら私も顕正会で信仰するよっ」


て確か言ってたよな‥もう一度話してみようかな‥。

ダメもとで‥。

入信は、はまさかしないよね‥

でも万が一やるって言ったらどうしょ(ーー;)


いつになく弱気だった私…。

しかしながらノルマがある‥。

迷いに迷ったけど勇気を振り絞り、電話。すると…


「遊びにおいでよっ」


と言ってくれた‥。嬉しかったけど喜べなかった(^_^;)

お決まりのパターンで顕正会の先輩と○美さんの自宅を訪ねた。


「懐かしいなっ(^^) 元気そうで良かった )^o^( 」


でも‥それだけでは終われない。


顕正会の話をしないとな‥

嫌われるかな?

なかなか話を切り出せないよ‥


動不審になっていると

先輩が目で合図する


「早く話を切り出して」


と‥。

半分ヤケクソになって話を切り出す。

『あのぉ~。〇美さん。聞いて欲しい話があるんだけど…』

そして、先輩とともに機関銃トークをぶつけた。話をしていくうちに興奮して目が熱くなり血走る(私はいつも勧誘すると目が真っ赤になってました)息つく暇なくまくしたて、

半酸欠状態に陥ったころに、○美さんは言った。 


「やってみるよっ」‥‥‥


えっ(・・?)

やるの??本当にやるのそれも旦那さんと二人で??本当にいいの??


心臓がドキドキした。モヤモヤした。

動揺‥(--; (--; (--;

それでも事はドンドン進んでいく‥

壁に本尊を掛けて勤行の仕方、お数珠の掛け方ををレクチャーして


「これから入信勤行を始めます。南無‥‥‥‥」


入信勤行が始まり


「本日は顕正会への入信、おめでとうございます」


終わってしまった‥。

罪悪感‥罪悪感‥罪悪感。

なぜか罪悪感‥。

帰宅途中の車の中で先輩に気持ちを伝えた。


「いますごくモヤモヤしてます。罪悪感みたいなモヤモヤです」


「なぜもっと早く言わなかったのよ?」


えっ?言ったら入会勤行を中止したのかな?

(・・?)


この時のモヤモヤは潜在的意識の中で顕正会はカルトだと感じていたからかもしれない。


大切な友人をカルトの活動に巻き込んでしまったという罪悪感だったかも。

班長になって初めての法戦(?)…私はノルマを達成した。

 
AD

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。