*manami*no*顕正会体験記

顕正会員として過ごした18年間の思い出と心の葛藤、現役顕正会員との対話を綴ります。
080-6812-1057
manami-nyago-nyabi@ezweb.ne.jp(携帯限定)
manami_nyago_nyabi@yahoo.co.jp(PC・携帯)


テーマ:
顕正会の悪質デマに司法が鉄槌
学会怪文書の受け取り記事の虚構を粉砕


顕正新聞 平成17年5月15日号 J子の日記。
『J子』 『日記』
というWordに、私はただただ、違和感で一杯となった事を覚えています。どこのだれだか、実在の人物かもわからない「J子」と、好きな事を好きな様に記録し、時にはフィクションもありという性質の「日記」とを叩きき台にして大草講頭の人間性を批難されても、私は真に受ける事はできませんでした。これは、私だけではなかったはずです。

現に、通常は発刊された顕正新聞を 
『浅井先生の指導を心腑に染める為』に、何度も何度も組織内で読み合わせをしますが、『J子の日記』が報じられた平成17年5月15日号は、唯の一度も読み合わせする事はありませんでした。また、『浅井会長の指導すごいよね。深いご見識でもって』とか『大草講頭は罰だらけで…』などと、おきまりのパターンを口にする会員は悉くいませんでした。『見なかった事にしよう』と、いわゆるスルーってやつをみんなでかましていた感じがあります。ですので『J子の日記?そんな指導は聞いた事ないな?』と、記憶にない会員も多いはずです。
 
平成16年の『河辺メモ』も、『えっ?メモ?メモって記した本人が見て分かればいいという性質のものなのに「戒壇の大御本尊を否定した内容だ!」と他人が断言しちゃうの?!』
と拒否感満載でしたが、『J子の日記』の指導も『嫌悪』という感覚でいっぱいでした。現役顕正会員は会長がまともな指導者ではないという事を一日も早く知るべきです。


※阿部日顕御隠尊猊下様を誹謗した罪は大謗法です。その罪は「J子の日記」の比ではありません。
AD

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。