*manami*no*顕正会体験記

顕正会員として過ごした18年間の思い出と心の葛藤、現役顕正会員との対話を綴ります。
080-6812-1057
manami-nyago-nyabi@ezweb.ne.jp(携帯限定)
manami_nyago_nyabi@yahoo.co.jp(PC・携帯)


テーマ:
区長との対論を終え、Мさんは用意していたメッセージを組織内に一斉送信しました。
区長に包囲網を形成されてしまうまえに…涙なくして拝せませんよ (´;ω;`) 以下、転載します。

顕正会に入信してから 16 年間、私は「幸せになり、そして成仏を叶えさせて頂きたい」と、先生の指導を素直に信じ、自行化他に励んできました。

仏法は道理、文証、そして現証のはずですよね。
でも、私の環境(現証)は何年信心していても良くなる事はなかったのです。
顕正会員としての年数が経つにつれて、身体は病気がちになり、金銭苦、家庭不和は悪化する一方でした。
組織内の悩みを抱えていても、一向に解決する気配はなく時間ばかりが過ぎ、「私の信力が弱いからだ」と卑下し、心も身体も限界ギリギリとなっていました。

それでも、今年4月の法戦では「今こそ逆境を乗り越える時」と自分を奮い立たせ、自分の組織の請願達成を決意して組員さんとともに元同僚を折伏しました。ですが、私も組員さんも、苦しい環境は良くなるどころかさらに悪化してしまったのです。

「幸せになっていく生活法のはずなのに何故?」という疑問がどうしても拭えなくなってしまいました。それでも私はご本尊様は絶対であり、顕正会は正しいと信じたかった。湧いてきてしまった疑問を払拭する為に私はインターネットを解禁しました。『顕正会 本物』とキーワードを入れて検索したのです。そこには、今まで見たことも無い聞いたことも無い大聖人様の仰せが所狭しと並んでいました。

みなさん…知っていましたか?

御書は四百余編もあるんですよ。

その中で、ふと疑問が湧きました。沖縄女子部の先駆けで純粋に頑張ってきた●●区幹事が亡くなりましたよね。幹事は顕正会員の大幹部でありながら末期になるまで癌に気付きませんでした。顕正会でいう「御守護がある」とはいったいどういう意味なのでしょう?また区幹事は歯を見せて、まるで笑ってる様にも見えましたが、理論書にある成仏の相とはなんだか違うような気がしませんでしたか?

私は顕正会では指導してはもらえない、日寛上人仰せ(臨終用心抄)をネット上で見つけました。

一、他宗の行者は縦ひ善相有りともに堕つ可き事。

他宗の行者は善相であっても地獄落ちる。つまり言い替えてみれば善相であったからと言って成仏できたとか顕正会が正しいのだという証拠にはならないのだと知りました。また、次のような仰せもあります。

一、法華本門の行者は不善相なれども成仏疑ひ無き事。

たとえ善相でなかったとしても、大聖人様の弟子は必ず成仏すると…

曇りが晴れました…

結論からいいます。

顕正会は大聖人様の御心のままではなかった。私たち顕正会員は騙されているたのです!!

私が今まで、功徳だと思っていた現証も

「若し衆生生死を出でず仏乗を慕はずと知れば、魔是の人に於て猶親の想を生す」
(種々御振舞御書 P1063)

魔が親の思いとなり、もてなしていたにすぎないという事も知りました。

顕正会はあの謗法団体創価学会を救うどころか、肩を並べる謗法団体だったのです。そして、「学会員は救う」と豪語しながら、法華講からは逃げてしまう理由は、破折によって純粋な顕正会員が正義に目覚め脱会し、日蓮正宗へ帰伏してしまう事を恐れているからなのです。

どうかその根拠(道理、文証)をご自分の目で確かめて下さい。

・私は、元男子部支隊長のブログを見て、顕正会を脱会しても罰などある訳がない、無限地獄などもありえないと確信しました。

(幻の支隊長のブログ)


・大聖人様曰く『形は仏に似れども意は本の非情の草木なり。又本の非情の草木にも非ず、魔なり、鬼なり』

顕正会の偽本尊様疑惑の理由と真実


・浅井会長は「五座三座の格式相守るべし」との日寛上人の仰せに背き、勤行の化義を勝手に変えてしまいました。

・妙信講が解散処分となり、浅井会長が除名処分となった真相

・妙観講と浅井会長の音声

・平成 5 年の公演で浅井会長は原発容認の発言をしていました。私は浅井会長の発言は全て正しいと信じていましたので、裏切られた気持ちです。



法華講とは、先生のおっしゃる団体ではないのでは?と考える様になりました。

そんな時見つけたのが、
元女子部顕正会で現在は法華講員として信心するmanamiさんのブログに辿りつきました。



私は『頑張ってきた顕正会員でなければ、書けない顕正会活動体験談』に強く共感しました。

そして、何度か連絡を取っていく中、
先日わざわざ○○県まで来て下さいました。
法華講へ一歩踏み出しきれない事や
色々な事を質問すると、
御書を通して、顕正会の誤りを説明して下さいました。
分厚い御書を初めて私は見ました。
そしてそれ元に折伏をして下さいました。


私は一歩踏みだし御授戒する事を決意して、
那覇市識名にある光明寺で御授戒を致しました。


道理、文証、現証
この根拠と現実に早く気づいて下さい。大聖人様の御心のままの信心ができるのは日蓮正宗法華講です。まだまだ教学はないですが、五座三座の勤行はありがたい思いでいっぱいになります。心が違います。みなさんにも身を以て体得して行きたいと思います。顕正会浅井先生の指導を鵜呑みにせずに顕正会を客観視してみる事は大切です。これは道理として当たり前の事です。そしてこれは、とても大事な事なんです。

顕正会のみんなにはやく気づいてもらいたい。それが私の思いです。

manamiさんと来てくださった、
元創価学会員の樋田さんの
動画配信活動で沢山の顕正会のが脱会して法華講へ入会しています。これが本当の折伏なのではないでしょうか。

AD

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。