*manami*no*顕正会体験記

顕正会員として過ごした18年間の思い出と心の葛藤、現役顕正会員との対話を綴ります。
080-6812-1057
manami-nyago-nyabi@ezweb.ne.jp(携帯限定)
manami_nyago_nyabi@yahoo.co.jp(PC・携帯)


テーマ:
私は、人材(?)発掘の為にコツコツと訪問指導を重ねた。徐々に結集も伸びてきて、念願の副長職に昇格した。活動の場も広がり地方にまで足を運ぶようになった。地方での活動は長い間の私の念願だった。

総班長の妹さんが区長に昇格したとき総合女子部長より賜ったとされる指導に大感激を覚えたから‥

妹さんは地方の活動が主で東北、北陸へと飛び回っていた方。

総合女子部長はその労を労い


財を惜しまず

労を惜しまず

時を惜しまず


よくぞ行って下さいました。と‥


広宣流布の為に、財も労も時も惜しまずに活動できるなんて、こんな幸せな事はないわよね~


そして地方に人材(?)を頂いてより月に何度もその地を訪ねた。車の走行距離は配送トラック並み。あっという間にポンコツ‥


これこそ財を惜しまずだわ~


と喜びを感じる日々。


そんな中、珍しく日曜日に区集会が開催される事になった。地方からの会員さんも駆けつけてくる。


充実‥。


みんなでファミレスに寄り、早めの昼食。


気が合う同志と、ワイワイガヤガヤ賑やかですごく楽しい


夢にまで見た光景。今までの努力が報われてきたんだと感無量


点が線になり線が面になり、そして全世界に‥


一分でもお役に立てているのだと感じる事が出来た。


そして私の信仰を支えてくれてるのも、かけがえのない同志の存在


でも‥


ふと我にかえる


班員さん達を私一人で抱え込んでいいのかしら?違う様な気がする‥私、組織に戻った方がいいのかもしれない‥私の感情に他人を巻き込んではいけないのではないかしら?


と、いきなり悟りの境地がやってきた。


(顕正会が謗法であったと知る今においてはこの悟りが正しかったかどうかは疑問だけど、)


急ぎ総班長に連絡


班の座談会をしたいんです。区長に指導をお願いしたいんです。


と、申し出た。


私は心機一転。組織に戻って頑張ろうとあらたな決意をしたのだった。


それは組織いらない宣言から数年後。いくらなんでも数年なんて、私、頑固すぎでしょう‥(-_-;)





AD

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。