豚角煮とネギ添

テーマ:
手代のあらです。

インフルエンザ、流行ってますねえ。
手代も逃げ切れませんでした。
結局3週間ほど真菜板に行けず、
ようやく先日顔を出すことができました。
お酒が美味しく飲めることに改めて感謝です。豚角煮とネギ添

さて、久々に眺めたメニューの中に発見したのは
「豚角煮」の文字。手代の大好物です。
さっそく注文しますと、
ちょうど今日から登場したメニューとのこと。

分厚い豚肉、太いネギ、つやのある煮汁。
いかにも美味しそうな一皿です。
お肉はいわて純情豚、
煮汁は真菜板特製のかえしにお砂糖、
隠し味に紹興酒が使われています。
お鍋でコトコト数時間、
旨みがたっぷり沁み沁みの角煮のできあがりです。

合わせていただくのはやっぱりお燗でしょう。
悦凱陣・赤磐雄町の山廃純米無濾過生原酒、27BYです。
お酒だけでいただくと辛みを強く感じますが、
これを角煮に合わせると、お酒もふんわり柔らかくなり、
お肉の旨みも倍増します。
いつもながら、素晴らしいマリアージュマジックです。

2月も終わりつつあり、だんだん暖かい日も増えてきました。
肌寒い夜にお燗を楽しめるのもあと少し。
真菜板でゆっくりと杯を傾けながら、
近づく春を待つとしましょう。
AD