<< 真菜板だより >>

高田馬場の駅遠く 酒仙の住むと人のいう・・・              
知る人ぞ知る日本酒専門の居酒屋<地酒と肴 真菜板>      
店主がこだわるのは味わいと個性豊かな無濾過生原酒の純米酒  
この店のあれこれを「自称」番頭がつれづれに綴ります

お盆期間中も通常通り営業いたします。(日曜日と8/11は定休日)
 

テーマ:
こんにちは。丁稚のまいまいです。

まだまだ暑さが厳しい今日この頃カプレーゼ
皆さんお元気にお過ごしでしょうか。

丁稚はまだ夏休みを取れていませんが
夏バテ、夏風邪などもなく元気に過ごしております。
これも、美味しいビールのおかげでしょうか。

いやいや、それだけではありません。
暑い日にはもちろんビールも良いですが
日本酒も忘れてはいけませんね。

前回の真菜板だよりを書いたとき真菜板に行けておらず
妄想で記事を書いてしまいました。あの後すぐに真菜板に
行きまして、たまっていた食欲をしっかりと満たして参りました。
旬の魚介も美味しく、串揚げなども美味しかったです。
あれこれいただいた日本酒もたまりませんでした。

その中で特に元気をいただけたお料理”カプレーゼ”のご紹介です。
シンプルながら、見た目が鮮やかで食欲も湧いてきます。
味の濃いトマト、バジルをお母さん特製のドレッシングで
サッパリといただけます。水牛のモッツァレラチーズも
コロコロと可愛らしく、優しい食感を楽しめます。

合わせていただいたお酒は開運山田錦。
今年の山田錦は全体的に固めのようですが、それもまた毎年
日本酒の知らない味わいを知ることができて面白いですね。
トマトとの相性が抜群の開運。いつもの優しい広がりで包む
というよりも、スーっとトマトの酸味と合うような。
なんとも分かりずらい表現ですが、美味しさは間違いありません。

しっかりと真菜板で満たされたおかげで
今日も夏バテなどなく過ごせているように思います。
こうして、心身ともリラックスできる場所があることに感謝するばかりです。

もう少し厳しい暑さが続ぎそうですが高田馬場から
真菜板にお越しのさいは汗をかき過ぎないように
どうぞお気をつけてお越しくださいませ。


AD
いいね!した人

テーマ:
手代のあらです。

暑い暑いといいながらも、するめいかの肝バター焼き
気の合う仲間と美味しい酒肴を囲んで和める日々に
改めて感謝したくなる、
8月は手代にとってそんな月でもあります。

そしてお盆の営業ですが、真菜板は通常通りです。
8/11(月)は定休日、12(火)~16(土)はいつものように
高田馬場にて皆様のお越しをお待ちしております!

さて本日ご紹介するのは
「するめいかの肝バター焼」。

実はレバーやホルモンといった肝系が苦手な手代、
このメニューも「肝」の一文字から今まで避けていたのですが
この日は常連Tさんのご相伴にあずかり、
初めていただくことになりました。

思い切って食べてみますと、
あらまあこれが全然きもくさくない。
ほどよく塩気の利いた風味が、
やさしくするめいかに絡んでくれます。
もともと食材が新鮮なうえに、
発酵バターとの相性も抜群だからでしょうか。
するめいかも柔らかくて、
噛むごとにじわじわと旨みが出てきて、
これはまさにザ・酒のつまみ!

合わせるお酒は文句なし満場一致で
「宗玄八反錦純米無濾過生原酒」です。
イカ、肝、バターといえばもうこれでしょう。
旨みといいキレといい、この料理のすべてにぴったりです。

夏バテなどどこへやら、
ぱくぱくグビグビが今夜も止まりません。

手代同様、「肝はちょっと」って方がおられましたら、
だまされたと思ってぜひ一度ご賞味ください。
宗玄八反錦との新たなマリアージュの旅に出られること
請け合いです!
AD
いいね!した人

テーマ:
女中頭のハルです。
日本列島夏真っ盛り、どこまでも空の青さが続いてますね。

さてさて、先日もうだるような暑さの中、行って参りました
真菜板へ。温麺
流石に初めはマスターとビールで乾杯。
落ち着いたところで、お通しをつまみながら、
いつものようにグラスでお酒を所望。

マスター、今の時期は先ずこちらをオススメ、
ご存知 開運ひや詰めです。
涼しいうちは、何と無く物足りない感じでしたが、
いやぁ、こう暑いとスルスルと無理なく体に入って行くんです。
旨みも十分!
やっぱり夏に呑んでこその、素晴らしいお酒ですね。

この暑さだと、やっぱり揚げ物が欲しい!
ってことで、さくさく鯵フライに十旭日、ポークカツには
おお、出ました不老泉。
もう、料理とお酒のハーモニーに、ぐうの音も出なくなります。

さあ、締めの一品どうしましょ。
この時期の真菜板の麺シリーズはやっちゃんうどんが
お休み中。
揖保の糸のソーメンシリーズでお楽しみ頂いております。

私が選びましたのは、温麺。
何と甲斐路しゃも入りで、しっかりとった出汁とあいまって
贅沢でいて優しい味わい。
線の細いソーメンとピタッとハマり、
もう暑さで参った身体にじんわり染み入る心地よさ。

皆様どうぞ、暑い中でも温かい物をとってご自愛いただき、
夏を乗り切りましょうね。
AD
いいね!した人

[PR]気になるキーワード