皆様こんにちは。
女中頭のハルです。

今年は秋が短く、冬支度もしないうちに寒気が訪れましたね。
そんな中、真菜板では11月の終わりに待ちに待ったアレが登場!
そう、皆様ご存知の開運純米無濾過生原酒。開運無濾過入荷

毎年、開運無濾過と共に本格的な冬の訪れを感じ、
そして一年の総決算に慌ただしい日々がスタートします。

皆様も是非、最初は開運で乾杯と行こうではありませんか。

私も昨夜遅ればせながら開運を頂きました。
新酒ならではのシュワシュワ感とフレッシュさ、さながら
酸味の効いた苺ジャムのよう、とでも申しましょうか。
何はともあれこれから暫く、桜が散る頃までの間、
少しずつ変化する美味しさを楽しませていただきましょう。鱈のソテー 華麗なるベシャメルクリームソース添え

さて、本日のご紹介は、
鱈のソテー、華麗なるベシャメルクリームソース添え。

お写真をご覧ください。
紺碧の素敵なお皿に色鮮やかな野菜が彩りよく盛られ、
鱈は皮目がパリパリ、身はいかにもふっくらしていて、
見た目にも美しい。
そして鱈がまとうベシャメルクリームソースがクリーミーで
いながらほんのりスパイシー。
そう、華麗なるカレー風味なんです。

征子さんの丁寧な渾身の美しい盛り付けですが、
何とお皿の淵にソースが一滴ドット模様に!
まあ、これもご愛嬌、画竜点睛を狙ったということでご勘弁を。
とっても美味しい一品ですから。

まだ試食していないというマスターと、お酒をいろいろチョイス。
最初は十旭日三年古酒。
カレー風味が思ったより優しいせいかお酒の勝ち~。

ならば宗玄山田55でどう?
あ、こっちの方が合いますね~、と言ってるところにマスター、
鱈とカレークリームを味わい、
「こっちの方がいいよ」と宗玄八反錦を。
おお、これこれ。
本日のベストマリアージュ。
マスターとのこんなやり取りもまた楽しく、夜もふけて
参ります。

師走をむかえ、早いもので、わたくし女中頭の出番は
本日で終わりとなります。
皆様一年間お付き合いありがとうございました。

年末まで真菜板だよりはまだまだ続きますので、
ご愛読よろしくお願いします。
そして、真菜板も連日盛況です。
ご予約はお早めに、こちらもお待ちしてま~す。
AD