●教師も人の子
『学び合い』は優れていますが、完全ではありません。

特に教師は完全ではありません。


子ども達が本当の力を出すと、腰を抜かすほどのことを実現します。

とても自分一人では太刀打ちできないと教師は自覚します。

その中で、今まで抱え込んでいたことを子ども達に任せるようになります。

そうするとさらに子ども達は実力を発揮します。

そうすることによって子どもをさらに信頼し、任せます。

しかし、それが行き過ぎると、信頼が放任に変質してしまいます。


『学び合い』では教師は何もやっていないようにはためからは見えます。

なぜなら、授業中で話す時間はごくわずかで、ニコニコと子どもをからかいながらウロウロしているだけのように見えます。


しかし、一見そう見えますが、実は教師は仕事を四六時中やっているのです。


他人と関わり合って問題を解決し、その繰り返しの中で関係を創り上げるというのは、人間がサルに近い存在だったころから、いや、もっと過去の時代からやっていたことです。

これに関しては、特段、教師がやるべき事はありません。


「静かにしなさい」、「座りなさい」と叱らなければ、子どもは自然とやります。

しかし、二つのことは教師がしっかり押さえねばなりません。

それは、「何を勉強するか」です。

これがなければ教育ではなく、遊びになってしまいます。

教師は何を勉強するかを指導要領に則って定め、子どもに示さなければなりません。

そして、テストでちゃんと評価します。


これは大抵の教師はちゃんとやります。

しかし、もう一つの「みんなの徹底」は怠りがちです。

サルに近い存在だった頃から、人は他の人と関わり合って問題を解決していました。

しかし、その関わり合った人の広がりは必ずしも広くありません。

好きなもの同士、気があったもの同士に限られます。


子どもが「みんな○○をもっているから買って」と言ったときの「みんな」が二三人であることは多くの保護者が気付いていると思います。

子ども達の「みんな」とは、その程度の広がりしかありません。

しかし、『学び合い』では、「みんな」を強く教師は求めます。

その「みんな」とは、気の合わない子ども、特別支援の子ども、様々な家庭環境の子ども・・・を一人もかけるこ
となく「みんな」です。


ところが『学び合い』が上手く動き出すと、何もしなくてもうまくいきそうな気になり、「みんな」を求めることが弱くなります。

人は易きに流れるものです。

教師が強く求めなければ、子ども達はすみやかに狭い「みんな」に逆戻りです。

そうなると、相対的に繋がりの弱い子が見捨てられます。
そして、一人を見捨てるようなクラスは、二人目を見捨て、三人目を見捨て・・・。
しかし、解決策は『学び合い』しかありません。即ち、再度「みんな」を求めるしかありません。


出典:ネットブック学び合い』クラスの保護者のために (著:西川純)

ブログ風に、改行・色付けを加えています。


AD

1)周りの保護者に『学び合い』の良さを伝えてください。
例えば、『学び合い』を実践しているクラスの保護者に、『学び合い』の良さを伝えれば、そのクラスの担任がやりやすくなります。

また、どの集団にでも中々『学び合い』を分からない先生はいますが、逆に言えば、直ぐに分かる先生もおられます。

そういう先生が「やろう!」と踏ん切るきっかけになると思います。


2)色々な人に伝えてください。
我々は色々な人に繋がっています。

例えば、市や県の教育行政に影響力のある議員と繋がっているかもしれません。

いや、保護者の中にいるかもしれません。

その人が議会で質問してくれるかもしれません。

マスコミ関係の人に繋がっているかもしれません。

その人がきっかけで広く知られるようになるかもしれません。


3)教師に伝えてください
例えば『学び合い』の会(全国各地で開かれています。)に参加して、「どうしようかな~・・・」と思っている教師に伝えてください。

そういう人たちにとって、私より数倍説得力のある語りを保護者や子どもは出来るのです。
全体に発表するばかりではありません。

会のフリータイムにでも、悩んでいそうな教師をとっつかまえて話してください。


4)そして
そして、私には想像できない、何かをしてください。
我々は『学び合い』が有効であるという学術データを積み上げました。

現在、それによって『学び合い』に踏み切った先生が多いと思います。


しかし、そういう人ばかりではありません。

どんなジャンルにおいても、データで納得する人は一部です。

多くは周りの人に影響されるのです。

例えば、「点は位置があるが面積はない」ということだって、そんな馬鹿げたことを「定義がそうなら、そうしよう」と思える人は一部です。

多くの人は、周りの人が、「そうなんだろうな~っと」思っていると「思っている」から納得しているのです。

車を選ぶときだって、車の雑誌を何冊も読んで、それで何を買うかを決める人は一部です。

多くの人は、周りの人に聞いてみたり、町でよく見かける車は何かを見ながら決めるはずです。

『学び合い』を広げるには、「みんな」が大事です。

そして、無理をせずに、出来るところから広げます。

そうしているうちに、難攻不落の「その子」を何とか出来るのです。

例えば、『学び合い』に疑問を持っている人も、その人が信頼する人たちが『学び合い』を実践するようになれば風向きが変わるのです。



出典:ネットブック学び合い』クラスの保護者のために (著:西川純)

ブログ風に、改行・色付けを加えています。



AD
しかし、そうだとしても次の学年も、次の学年も『学び合い』が保証されれば、より多くのことが得られるのは当然です。

現在、『学び合い』は急速に広がっています。

私自身が驚くほどです。

出来れば、保護者の方の力で学校に広げていただければと願います。

正当な主張を粘り強く、大人の関係の中で申し入れる保護者集団は、保護者の方が思う以上にすごい権力を持っています。

少なくとも、「その学校」については、文部科学省以上の権力があるかもしれません。


しかし、「保護者の方が集まって教師や校長に直談判する」というのは無効です。

そのあたりは本に書いたとおりです。

では、どうするか?


実は『学び合い』の作法が有効です。

多くの教師は「気になる子」がいます。

大抵は、その子を何とかしようとして、ありとあらゆる事をします。

でも、そんなことで何とか出来るならば、とっくのとうに何とか出来ます。

しかし、出来ません。

それと同じです。


保護者の方にとって「気になる教師」がいます。

既に、何らかの事はしたと思います。

でも、駄目だったと思います。

そして、「こりゃ無理だ」と思ったのだと思います。


その通りです。

おそらく無理でしょう。

しかし、そこで諦めないで、本当に願ってください。


『学び合い』では「その子」に拘らずに、クラスの問題として捉えます。

そしてクラスを変えようとすると、その子が変えることが出来ます。

何故かといえば、自分一人では「その子」を変えられなくても、クラスを変えることによって、クラスみんなで「その子」を変えようとするからです。


自分の子どもの担任が「その子」である場合は、学校の問題として捉えてください。

学校、特に、校長が「その子」である場合は、市や県の問題として捉えてください。

そして、いろいろやってみるのです。

「え!?、市や県・・・・」と思われるかもしれませんね。

具体的に説明しましょう。



(次に続く)

出典:ネットブック学び合い』クラスの保護者のために (著:西川純)

ブログ風に、改行・色付けを加えています。


AD