貞観政要

ライフネット生命保険の出口治明氏推薦の第2弾 著者 呉兢(ご・きょう) 訳者 守屋洋(もりや・ひろし)の貞観政要(じょうがんせいよう)

 

唐代、治世の問題を真正面から取り扱い、帝王学の指南書となった「貞観政要」

幾多の戦乱を乗り越え、太平の世を現出させた太宗(李世民)が名臣たちと交わした問答を史家 呉兢が編纂。爾来、中国のみならず日本においても為政者たちが折に触れて立ち返る古典の地位を得てきた。「指導者の条件」「人材の登用」「後継者の育成」など、およそ組織運営に関わる人間なら必ず迷い、悩むであろう問題に古人はどのように臨んできたのか。

 

北条政子や徳川家康の愛読書として有名なものです。

 

「草創(そうそう)と守成(しゅせい)といずれか難き」 が有名ですね。

創業は困難だが、継続していくことの方がなお困難だということでしょうか。会社を創業するより、発展・継続していく方が難しいということ。

北条政子や徳川家康が読んでいたというのは、なるほどと思いました。

 

一般的な角度から言い換えれば、攻めか守りか、全く別々のものではなく、攻めがすなわち守りであり、守りがすなわち攻めである場合が圧倒的に多い。相手の攻めを読んで対策を考える、そういう守りをすると将棋の大山康晴さんが言っています。守成といっても、攻めを含んだ守りでなければならないと言うことですかね。

 

訳者の守屋洋氏は「貞観政要」がいっていることは五つのことに要約できると言っています。

 

①安きに居りて危うきを思う

  今が平穏だからといって、明日どうなるかわからないのが世の常のこと。だから、平穏なときほど、いっそう緊張感を高めて仕事に取り組み、来たるべき危機の時代に備えなければならない。

 

②率先垂範、わが身を正す

  上に立つものが十分な説得力を発揮するためには、まず自らの身を正して手本を示さなければならない。そうあってこそ組織をまとめていくことができる。

 

③部下の諫言に耳を傾ける

 人間は誰でも過ちを犯す。君主といえども例外ではない。それを指摘してくれる者がいれば、過ちを最小限度に食い止めることができる。自らの暴走に歯止めをかけるためにも、諫言の道を広く開けておかなければならない。

 

④自己コントロールに徹する

 権力の座にあるからといって、わがまま勝手な振る舞いは許されない。自分の感情や欲望をどう抑えていくか。趣味や道楽などの楽しみごとも、おのずから限度をわきまえてかかりたい。

 

⑤態度は謙虚、発言は慎重に

 上に立つものが謙虚であってこそ周りの支持を集めることができる。発言については、地位に伴う責任の重さを自覚できれば、軽率な発言は許されないのである。

 

トップの条件とは煎じ詰めると「無私」に行き着くのでしょうか。

 

現代のトップやリーダーもこのことを自覚できれば、出処進退を誤ることもないし、それぞれに有終の美を飾ることもできるのでしょうか。

 

最後に出口さんは、もう一冊部下から見た「宋名臣言行録」を推薦している。「この2冊にはビジネスのすべてのエッセンスが含まれている」と

 

 

もう一冊今読んでいるのが、山本七平氏の『「帝王学 「貞観政要の読み方」』

これは、山本七平氏の考えが入ってまた面白いです。

雨の日には、読書と音楽が最高ですね。

今日は晴れですけど。

 

AD