内山雅人のブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:
全仏オープンで錦織選手が強敵ベルダスコ選手に大逆転勝利をしました。
0-6で奪われた第1セットはもちろんのこと、2セットに入っても、フィジカル的にもメンタル的にも不安定で、錦織選手らしいプレーは皆無だったと思います。
 
それもそのはず、不安定な状態で、迫力のあるベルダスコ選手のプレーを受けきれるはずがありません。
ベルダスコ選手は、圧倒的なエネルギーで相手を一気に飲み込み圧倒するプレースタイルです。みていて気持ちが良くなるほど、全球を全力でプレーし、ミスを怖がりません。かつては、ATPランキングトップ10入りをしていた選手です。
かたや、錦織選手のプレースタイルは、針の穴に糸を通すような繊細さと、相手のミスや弱みを見つけたらここぞとばかりにエースを放ってくる大胆さを持ち合わせたものです。
なので、錦織選手が勝利するシナリオは、「ベルダスコ選手の圧倒的なエネルギーに飲み込まれない場所を確保して我慢強くプレーをし、エネルギーが少しでも弱まったときに、一気に、かつ繊細に攻め込む」ということがポイントです。
 
序盤は錦織選手にその場所が全く確保できず、まるで虎とウサギを見ているようでした。
「このままでは、途中棄権してしまうのでは?」という最悪の事態も思い浮かんでしまいました。
 
しかし、この日は、どんなに追い詰められても、心が折れることなくぎりぎりの状態でチャンスを待ち続けました。まさに綱を渡っているときに歩むのではなく、落ちないようにバランスを必死でとっている状態です。
ここで、その前の試合のようにラケットを折ったりしてしまっていたら終わっていたと思いますが、第2セットの第3ゲームではじめてサービスキープしたときから、自分の居場所を着実に確保し始めました。

口でいうのは簡単ですが、
「無理して歩き始めてしまうと綱から落ちてしまう状態」で
「動かないで落ちないようにバランスをとる」メンタルを身につける
ことはそうそう簡単なことではありません。

そのとき、錦織選手が何を自分にいい聞かせていたのか、日常的にどんなメンタルトレーニングをしているのか、私たちの生活にも大変学びになる点だと思います。
結果的に、第2セット、第3セットを6-4で取り返した錦織選手は第4セットは、逆に6-0という大差で勝利します。
後半になってもベルダスコ選手はプレースタイルを変えず、圧倒的なエネルギーを発揮するも、居場所のわかった錦織選手には届きません。そして、ほとんどのプレーが「のれんに腕押し」状態になってしまい、力尽きてしまった感じでした。
 
試合の流れは「ほんのワンポイント」を大事にできるか、見逃すかでこれほどまでに変ってきます。
私たちも、それを見る目を養い、生き方に役立てたいものです。
 
私が、テニスに興味を持って見始めたのは、コナーズ、レンドル、マッケンロー、チャン、ベッカー時代だったのですが、そのときは、その争いに日本人が絡んでくるなど夢のまた夢でした。
今、トップ10に当たり前のように君臨する日本人選手がいることはとてもうれしいことです。
 
今節の錦織選手は運も味方していると思います。
だって、ラケットを破壊し、そのままでは勝ち目がなかった試合で雨がふり中断、その次の試合で冷静さを取り戻してさらなる強敵に勝利しているのですから・・・。
マリー戦楽しみですね。
今は、フィジカル面の方が心配です。
 
マインドマップ・プラクティショナー講座
http://www.manakomi.jp/MMpractitioner/MMpractitioner.html
天才のノート術 連想が連想を呼ぶマインドマップ(R)<内山式>超思考法 (講談社+α新書)/内山 雅人
amazon →http://goo.gl/ODA5zp
セブンネット → http://7net.omni7.jp/detail/1106559081
まなこみのページ
http://www.manakomi.jp/
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。