{BC632C51-1B5C-470F-B517-031017FA3FD9}
違いを知らなければ、種類別の逆毛を使い分ける事が出来ないですね

逆毛の使い分け、かなり重要です

頭に直接立て、ボリュームを出したり、面を整えたり、和髪やポコ盛り、かぶせを作る時の逆毛→クッション逆毛と呼んでいます

ゴムで結んだ後のアップスタイルや、ショートヘア、メンズヘアセットなど…毛束を跳ね上げたり、スジ盛りしたり、エアリーに仕上げたりする逆毛→ゴム逆毛と呼んでいます


着厚ソックスのように密度の高いフワフワから徐々に量を調節するのか…

生け花の剣山と花のようにギュッと根元にだけ硬い逆毛を入れるのか…


それぞれの特徴を知り、立て方を学び、違いを体で覚えていく

とっちか出来ると、どっちか出来なくなるは、あるあるです

繰り返し交互に練習して、違いを理解し、使い分けが出来るよう、自宅やサロンに帰っても練習あるのみです→抜け道は無いです

むやみに練習するよりも、違いや使い分け方を理解してから取り組むと、ヘアセットの仕上がりがグーンと上達します




11月のヘアセット講習日程、更新しました

日程詳細は




にくきゅうLP-Beautyのホームページ

http://www.happylifemam.com/


ヘアセット講習 日程詳細や予約フォーム

→基礎・基本と逆毛というスタイル作りのパーツを学び、組み立て理論でパーツの設計図作りや考え方、似合わせ方を学ぶスタイル数は無限大


編み巻き特化講習の3Dコース
クラッカー金額、受講条件などの内容詳細は、




2つのメイクレッスン詳細は


インスタグラム