自転車で大陸を越えるブログ

学生のとき自転車で日本縦断、オーストラリア横断。一旦は就職したものの、会社を辞めて北米縦断。次に目指すは中南米縦断。このブログを通じて自転車で海外を旅する楽しさが、なるべく多くの人々に伝わればイイなぁ…と思っています。


テーマ:
来週の木曜日までこのブログの更新はありません。えへへ。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
”ジョゼ虎”のサントラをかっちゃいました。くるり最高っ!!
我が家は今『ハイウェイ』がヘビーローテ。
嗚呼のんびりと好きな音楽聴く幸せよ。
イントロだけで脳ミソとろけそうだぜっ。

♪ぼくがたびぃ~にでるりゆぅ~わぁ
♪だーいたいひゃぁっこぐらいあってっっと

オレにはいちおくこぐらいあるぜっ。




アーティスト: サントラ, くるり, 岸田繁
タイトル: ジョゼと虎と魚たち(Oirginal Sound Track)
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日の広島も晴天である。絶好のダウンヒル日和だ。うひひ。
ビビるセクションは余裕で足着いた。相変わらず2箇所は無理っす。
今日もビビってチビった。でもイケるラインが見えた…気がする。
なんかクリアできそうな気がしてきた(早いっつーの)。
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
故開高健さんの『ロビンソンの末裔』を読みました。

2歳年上の兄が開高さんのファンだったのでその影響をモロに受け
代表作と呼ばれる小説の大部分は読んでいたのですが、
この『ロビンソンの末裔』は読み残してていた作品の一つでした。
…とはいっても開高さんの著作は膨大な数なので、
読んでいない作品の方がはるかに多いと思いますが…。
(古本屋に入ると「開高健」の欄を必ずチェックしてます)
最近になってやっと『ロビンソンの末裔』の文庫本を古本屋で見つけ、
「うひひ」と喜びながらチビリチビリと読んでいました。

『ロビンソンの末裔』は太平洋戦争終結の最中に
北海道に入植した開拓者(結局は戦争の被災者)
を取り扱った作品です。とても濃い作品でした。
開高さんにしては珍しく「です・ます」口調で書かれていて、
「開拓者日記」風な小説だったので最初は違和感を覚えましたが、
読むうちに慣れてグイグイと小説の世界に引きずり込まれました。

開高さん独特の皮膚感覚で書かれた小説を読んでいると
僕も北海道の痩せて荒れ果てた原野に降り立ち、
凶暴な熊笹を焼き、水っぽいジャガイモのスイトンを食べ、
ガラスの破片のように皮膚に突き刺さる吹雪を全身に浴び、
"拝み小屋"で必死で生きているような気持ちになりました。

あまり(というかまったく)カタルシスを感じることのない
小説でしたが、北海道の自然の凶暴さと人間の生命力の
凄まじさをひしひしと感じることが出来ました。
やっぱり開高さんの小説にハズレはありませんね。



著者: 開高 健
タイトル: ロビンソンの末裔
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
このブログのスキンを「鳩がハートくわえてる」やつから「鴨の群れが飛んでる」やつに変えました。前のスキンのデザインはとても気に入ってたのですがフォントの色が薄すぎて読みにくいなぁ~と思ったので変えました。Mac使ってる人は色が淡く表示されるはずなので、Windowsに輪をかけて読みにくかったのでは?…と思ってます。しばらくはこのスキンを使いたいと思います。よろしくお願いします(って誰にさ?)。

+++追記+++

あれっ?フォントの色は一緒だなぁ…色使いの問題かぁ。油絵で書いたような鳩の絵が好きだったのですが、まあこっちの鴨の方が見やすいのでこっちにします。フォントはあまり薄くしないで欲しいなぁと思う(他のフォントの色が濃いスキンを選べばいいんだけど、好きなデザインのスキンがない)。CSSの色指定を変えるだけなのでもう少し濃い色にして欲しい。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
以前、作家の素樹文生さんのブログにコメントを書き込んだら、
マモルさん、「マモル」という名前が人格に及ぼした影響って、ありますか?
っていう質問を頂いた…ことを見逃していたのに最近気付いた。
(マモルという名前は本名です)

これはとても難しい問題である。こまったこまった。
理由は簡単で、この類の問題は対照実験が出来ないのだ。

つまり、今ここにいるマモルはずっとマモルという名前だったし、
もし僕がタロウという名前だったら、僕は今とは違う人格だった
かもしれないけど、それはタロウ君に会ってみないとわからない訳で、
でも僕はマモルなわけで、第一僕は次男だし、えぇ~と、そもそもマモルが
タロウ君を仮定する段階ですでに矛盾があるわけであって…
…ううぅ、頭がチーズフォンデュになりそうです。説明無理っす。

 * * *

まあ、難しげな話は無しにしてマモルという名前をマモルなりに考えてみる。

僕は姓名判断などはまったく信じられない。
画数などで人格が決まるはずが無い…と思っている。
姓名判断は一種の心理療法に過ぎない(ちなみに星占いも信じない)。
でも名前の「響き」でその人の人格が大きく変わることはありうると思う。

この名前の響きによる人格の変化は女の子ならば顕著で
例えば「ハナコ」さんよりは「レイコ」さんの方が美人で清楚な
響きがあるので第一印象で得をして「スレる」ことがない気がする。
一方「ハナコ」という名前はある種の反骨心を芽生えさせる気がする。
(あくまで僕の独断と偏見です。全国のハナコさんスイマセン…)

で、「マモル」の響きはというと、なんとなく丸っこくて
柔らかくてやさしそうな気がする。自画自賛してるんじゃない。
「マモル」というホンワカした名前は、小さな頃はイヤだったのだ。
なんとなく「男らしくない」名前な気がしていた。
もっとコウジとか(広島ではコウジは英雄を意味していた)
タケシとかアキラ等の名前が良いなぁと思っていた。
男の子は柔らかい名前より硬い名前を求めるのだ。
「ハナコ」さんほどじゃないけど自分の名前に反抗していたと思う。

さらに輪をかけて僕の本名は「将」と書いてマモルと読むので、
だれにも読めないのだ。学校の先生でさえ間違える。読めた先生はいない。
新学期はいつも「あ…えっと、×マサルじゃなくて○マモルなんです…」
と言っていた気がする。携帯やカード会社からもマサルで手紙がくる
ので訂正の連絡をしなきゃならない。ろくなもんじゃないのだ。

以上のように僕はマモルという名前で得することがないまま現在に至る。

 * * *

うぅ~ん、なんだかわからないけれど「マモル」という名前は
僕の人格の形成に多大な影響を与えている気がする。
どんな?と聞かれても困るけど、なんとなく影響されてると思うのだ。
僕が少し反抗的なのは「マモル」という名前のせいかもしれない。

素樹さんの「フミオ」はどうですか?なんとなくカッコイイっすけど。
なんだかその他大勢の人からデータを取りたくなってきました。
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日の広島は天気がよかったので松笠山のシングルトラック(登山道)を
チャリ(自転車)で走りました。紅葉はほぼ終わっていましたが、
松笠山には色とりどりのもみじの落ち葉が隙間なく敷き詰められた
区間があって、「パリパリ」と落ち葉を踏みしめながら最高の気分で
晩秋のシングルトラックを走ることができました。

僕は前世が鹿か何かの獣だったんじゃないかなぁ?…と思うぐらい、
山の中をチャリで走るとナチュラル・ハイになります。
走っている間は常に半笑いなので山でハイカーに出会うと
マジでアヤシイ人に見られたりします…。

実は僕は松笠山で2箇所ほどチャリに乗ってクリアできない
(地面に足を着いてしまう)セクションがあります。クヤシイ…。
上の写真はその中の1つで、これだとイマイチわかりにくいのですが、
この先の軽いドロップオフの直後に石造りの排水溝が斜めに横切っています。
ドロップオフで前加重になったところに排水溝(しかも斜め…)があるので、
上手く抜重しないと前輪がひっかかってチャリごと前転してしまいます。
(チャリで山に入らない人はわからないですね…兎に角ムズイんです)

難しいセクションに入ると知らず知らずのうちに緊張して
体が上手く動かなくなるものです。要するにビビッてるんですね。
昔の僕なら「気合と根性」でこの難セクションに挑んでいたと思います。
でも今日は悠然とチャリを降りて歩いてこのセクションをクリアしました。
要するに挑戦することから逃げました。歳とったなぁと思いました。
(もう一つの難しいセクションもビビったのでパスしました…)

しかし、元々「気合と根性」なんてものは成功率が50/50な事象に対して、
強引に一歩を踏み出すために人間が作り出した言葉だと思います。
気合と根性で一歩踏み出したとしても怪我をするだけではないでしょうか?
たとえ成功したとしても、それはたまたま成功したまでのことです。
ビビっているうちはダメなんです。…って事を最近になって学びました。

「失敗を恐れずに挑戦せよ」と言うフレーズをよく耳にしますが、
なんだか間違っているように僕には感じられます。
「失敗する恐れを克服して挑戦せよ」の間違いじゃないかなと思います。

 * * *

別に僕はこのセクションをクリアすることを
あきらめたわけではありません。虎視眈々と狙ってます。
しばらく通い詰めれば、ある時ふとクリアできそうな気持ちになるものです。
とりあえずクリアできる気持ちになるまでチャリに乗りまくるつもりです。
最近は昔のような「焦り」が無くなったことに今日気づきました。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ドラえもんの声が変わるらしい。
ドラえもんだけじゃなくてのび太、しずかちゃん、
ジャイアン、スネ夫も声が変わるってさ。

これは一大ニュースである。えらいこっちゃ。

→テレ朝のドラえもんコーナーへ
いいね!した人  |  コメント(14)  |  リブログ(0)

テーマ:
昨日の夜みた「あいのり」のヒデの号泣でもらい泣き。
ヒデェ~、ツライよなぁ、悲しいよなぁ、後悔するよなぁ。
でもそうやって男は強くなるのだ。これしきで腐るなよ。
ヒデにはがんばってもらいたい。

それにしても最近涙腺がゆるい。歳かな?
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。