テーマ:

ギタリスト瀬尾悠介君のシングルCD「No Way」が、2月8日(水)にリリースされました。

タイトル曲「No Way」、カップリング曲「River」共にアレンジ・ミックス、そしてCDマスタリングと担当させて頂きました。

 

タイトル曲「No Way」は、有名な俳優さん(匿名での参加)をゲストボーカルとして迎えたハードロックな楽曲。

カップリングの「River」は瀬尾悠介本人が歌うフォーキーな楽曲。

 

対照的な2曲で、ボーカリストも違うのですが、瀬尾君の人柄がギターを通じて前面に出ていて統一感のある仕上がりになっています。

 

レコーディングはPro Tools HDXで24bit/96kHzでの録音とミキシング。

 

 

ギターのレコーディングはアンプ録音。

色々なアンプシミュレータがリリースされており、誰でも手軽にギター録音が出来るようになりましたが、やはりエレキギターの録音はアンプがベストです。

 

ボーカルはレコーディングスタジオで録るなど、音の面ではかなりこだわりを見せたCDです。

 

「River」のアコギの録音も、僕と瀬尾君がベストだと思える質感が録れるまで何度か瀬尾君にリテイクしてもらいました。

 

また、川のせせらぎの音を録るために多摩川まで行ってフィールドレコーディングをしてみたり 笑。

 

2曲共、ギターとボーカル、そして「River」のピアノ以外のパートのアレンジを担当させて頂きましたが、最初から瀬尾君の中には曲に対するビジョンがあって、それに向けてカンバセーションを重ねながら曲を彫り込んで行く感じの制作でした。

 

僕が出したアイデアに瀬尾君がディレクションをしたり、そのまた逆もあったり。

 

双方がアレンジの段階では対等に話をしながら進んで行ける有意義な制作であったと思っています。

 

ミックス・マスタリングの際には積極的にアウトボードを使うことで、飽和感を無くし、ソリッドでありながら音の分離や作品としてのまとまり具合は増している音像になっています。

 

CDの音源サンプルがこちらで聴けるようです。

https://youtu.be/Wm3wG2LwMWw 

 

 

あと、CDのクレジットにも載っていませんが、「No Way」は私もコーラスで参加しています。

メインボーカリストと違う声が入るとメインが不思議と前に出る事があるのですが、このケースはそんな感じでした。

 

もっと色々と制作について詳しく書こうと思えば書けるのですが、あまり長くてもアレなので、今日はこの辺で。

 

現在、CDは瀬尾君の公式サイトでの通販と、ライブ会場での販売のようですが、今後は色々と販売展開もあるようです。

 

ディスクユニオンでの販売も3月8日より始まります。

 

ディスクユニオンでのお買い求めはこちら

http://diskunion.net/jp/ct/detail/1007336838

 

 

このCDジャケ、歌詞カードも含めて瀬尾君が自分で作ったらしいんだけど、かっこいいんですよね。

是非、お手に取って見ていただきたい。

そしてこの溢れるパワーをCDで爆音で体感して頂ければと思います。

 

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Rupert Neve Designs Shelford Channel
価格:388800円(税込、送料無料) (2017/2/25時点)

 

 

 

 

---------------------------------------

mamoru-y 2nd album.

2016.02.29 配信開始。

 

- 通常版 配信一覧 -
iTunes・APPLE Music(JPN)

Amazon Music

- ハイレゾ版 配信一覧 -
Mora (ハイレゾ)
e-onkyo music (ハイレゾ)

- 聞き放題 -
Tunes・APPLE Music(JPN)
LINE MUSIC

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

mamoru-yさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。