テーマ:
さて、「ライブで使っていた機材を紹介します」の続き。

エフェクターボード

今日は、エフェクターボードには欠かせないもの、電源類。
エフェクターを動かす電源類について書いてみたいと思います。
まず僕が使っている電源タップはこれ。
電源タップ
至ってフツーのPanasonicの電源タップです。
ホームセンターで買いました。
しかし、このフツーの電源タップには、ちょっとしたこだわりがあります。

まぁ、電源タップ購入の際に相談したエンジニアさんの受け売りですけど(笑)。
・電源のON/OFF機能などのスイッチがタップに付いていないもの
・雷カードなどの便利機能が一切付いていないもの。
・電源ケーブルが太いもの

この3点。

電源のON/OFF機能は「スイッチ」ですので、接点が増えるという事になります。
また、雷カードなども、いわゆるスイッチに類するものになります。

接点は少ないほうが電源は劣化しない。

高級な電源タップには、やはりそういったスイッチ、雷カードが機能が付いていないという事も、その裏付けになります。

また、エフェクター類に電源を供給する場合、殆どの場合はDCアダプター・ACアダプターを介しての供給になります。
アダプター類は、多少の蓄電をしてから接続されている機器に放電をする仕組みです。

ちなみに、ライブハウスなどは、どうやって電源を取っているかもプレイヤーには不明瞭。
電圧安定装置まで使って、良質な電源をとっているところもあれば、タコ足配線だらけであまり良くないところもあります。
ライブハウスのWEBSITEなどに書いてあるところもあれば、聞いても教えてくれないという、完全にブラックボックスな非公開な店舗もあります。
それは僕らプレイヤーでは判別つきません。

まぁ、それでもある程度のクオリティーの電源タップを使っていれば、アダプターから電源供給するエフェクターの場合は大差は無いそうです。

以上の事を購入検討していた時にレコーディングエンジニアの方にお伺いしました。
で、薦めてくれたのはPanasonicの、この電源タップ
・余計な機能が一切付いていない
・電源ケーブルが太い
というシンプルなもの。
「電気屋に普通に売ってるよ」って言われて探し始めたのですが、渋谷の大きな電気店をどこ探しても売ってない。
渋谷に無いなら無いんじゃないかと諦めて、地元のホームセンターに行ったら売ってました(笑)。

で、その電源タップから、各エフェクターに電源を分配しているのはこれ。
CAJ
CUSTOM AUDIO JAPAN「Power Blocks」シリーズの「PBHUB6-C」です。

CUSTOM AUDIO JAPANの「PB12DC9-2.1」という専用電源アダプターに繋いで、最大5台のエフェクターに電源供給が可能です。
どうやら専用電源アダプターで無くても動くみたいですが、「PB12DC9-2.1」は最大電流容量が1333mAと大容量のため分岐して使う「PBHUB6-C」に向いています。

エフェクターボードに載っている
One Control ABBOX with 2DCOUT
DIGITECHM-2 Tube Overdrive
DIGITECH SP-7 Stereo Phaser
Deltalab SC1
DIGITECH HT-6 POLYPHONIC TUNER
Deltalab DD1 (HT-6のDC OUT経由)
の6台は「PBHUB6-C」で電源を取っています。

また、「PBHUB6-C」はとっても軽い。
そしてコンパクト。
エフェクターボードを俯瞰で見ると
エフェクターボード
水色のDeltalab SC1 の右横にありますが、コンパクトで大変助かります。

また、Mad Professor New Forest Greenは18Vで使用したかったため、別に18Vのアダプターとして「Jim Dunlop ECB-004」を使用。

Providence Pec2は、付属の専用アダプターを使っています。

僕が使う程度の小規模なシステムであれば、これくらいで十分な電源環境だとは思います。

もし、予算を許せるのであれば、オヤイデの電源タップなど、良い物を揃えていくのも良いと思います。
僕も将来的にはそうする可能性もあります。
そっちの方が良いはずですから。

ただし、そこまで予算が回らないという場合は、この電源タップ、3,000円くらいで購入が出来ますし、「PBHUB6-C」も導入しやすい値段にしては高品質。
候補の1つに入れておいても良いのでしょうか。







--------------------------------------

Infomation

Mamoru Yokoyama Official Website

http://mamoru-y.com/

 

2012年02月「Reboot(再始動)」。

02.07 Live 終了!!
ご来場頂いた皆様、ありがとうございました。


*会場販売分のCD(100枚)は完売いたしました。
AmazonでのCD取扱開始!!
もちろんAmazonなので送料無料。

Reboot/横山 守

↑購入はこちらから 

 

いいね!した人  |  コメント(2)
PR

[PR]気になるキーワード