「ビジネスマン・ウーマンの生き抜く技術!」

人を頼らず、人の意見に振り回されず、自分の生きる道は自分で決める!
自分の頭で考えれば、本に書かれていることを「そんなわけはない」と思えてくる。
ビジネス書を鵜呑みにしないビジネス書を書く!

 

以前、私は「恋愛後順位優先の法則」という仮説を立てたことがある。

それは、人は出会いが遅い人の方に惹かれるのではないかという仮説であった。

 

 

みなさんは、この記事のタイトルを見て、ふざけていると思われるかもしれないが、私は大真面目である。

しっかりと、私のビジネスマインドの一部を形成している。

 

 

それは「第一印象」と「あと印象」でも言えることだからである。

 

 

ビジネスに限らず第一印象がいい人は、圧倒的に有利であることはたしかである。

 

 

しかし、人は「あと印象」に惹かれることも、また事実である。

それは、この人は、「こんな一面があるんだ」「こんな資質があるんだ」「こんな仕事ぶりをしていたんだ」と気づくと、そんな「あと印象」が心に深く残るからである。

 

 

実は、サラリーマン世界では、出世、昇進に関して言えば、「あと印象」がいい人の方が有利である。

 

 

もちろん、本命は第一印象がいい人である。

しかし、第一印象がいいまま、逃げききれるかというと、世の中、そこまで甘くない。

 

 

そんなとき、「あと印象」がいい人が現れると、会社や上司は「あと印象」がいい人に心を惹かれる。

その結果、第一印象がいい人を物足りなく思うことがある。

 

 

そして、異動発表で、大方の予想を裏切り、「あと印象」がいい人が抜擢されるということは、現実によく起きている。

 

 

私からのアドバイスは2つである。

 

 

ビジネスマンやビジネスウーマンで、「私は第一印象がよくないから」、それゆえ「私はよく思われていない」と思う人がいたら、そこで、けっしてあきらめないでもらいたい。

「あと印象」の方が大事だからである。

 

 

そして、第一印象のいい人は、第一印象がいいからといって、そのまま、まかり通るほど世の中あまくない。

「あと印象」を付加し続けることが重要である。そうすれば、無敵になる。

 

 

 

 

※昇進など大事な局面を迎えている人向けに、「昇進は『あと印象』がいい人が有利!」という記事を別途書いていますので、興味のある方は参考にしてください。

http://shinyuri-souken.com/?p=34787

 

 

 

 

 

 

※こっそり読まれています

ビジネスマンが見た出世のカラクリ 出世はタイミングで決まる!
ビジネスマンが見た出世のカラクリ 出世はタイミングで決まる!

本の目次

スマホで読む方法

 

 

※ビジネスマナーをとおして「できる人」の考え、行動を考察

なぜ「できる社員」はビジネスマナーを守らないのか
なぜ「できる社員」はビジネスマナーを守らないのか

本の目次



※営業女子がポイントゲッターになる方法
企業で働く 営業女子が輝く35のヒント

本の目次

 

 

ブログとはちょっとタッチが違う
メルマガ「本に書かれていないビジネスの流儀」の情報
http://ameblo.jp/mamoru-gijutsu/theme2-10094984807.html

 

 

おすすめのビジネス書ランキング        

(ランキングは変動します)

 

 

日本のビジネス書を変えるために
それぞれ1日1クリックよろしくお願いいたします

ビジネス書 ブログランキングへ

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)