「放射能から子どもを守ろう」@高崎

安全を考えれば、最悪のケースを想定し、今から対応することが必要です。

冷静に、風評被害に惑わされることなく、今までと同じ行動をせず、子どもたちを放射能の脅威から守りましょう!!

ツイッター @thidariku


でつぶやいてます。




ミクシーでも


放射能から子どもを守ろう@高崎


作りました。




「子供たちを放射能から守ろう全国ネットワーク」
に登録しています。






当ブログは高崎市教育委員会に署名を出していただいた団体、


高崎中央病院で鈴木先生の講演会をしてくださった団体とも別団体です。






アメンバーについては


受付していません。


すみません。




安全を考えれば、最悪のケースを想定し、今から対応することが必要である。





誰にとってもかわらないこと


( 安全を考える基本的レベル)


科学的な知見


線形しきい値なし(LNT)モデル


社会的な見解


政令が定めた被曝上限:1年1mシーベルト


例外的な基準(どうしてもやむをえないとき)


個人的な判断


被曝上限内でできるだけ少なく


(3.11後の放射能「安全」報道を読み解く 影浦 峡)より

















率先避難者たれ





1.想定にとらわれるな。災害は常に想定の通りに来ないと肝に銘じろ。


2.状況の中でベストを尽くせ。より安全な場所へベストを尽くして逃げろ。


3.率先避難者たれ。他人の命ではなく、自分の命をとにかく最優先で守れ。君が必死に逃げる姿が、他の人の避難を可能にする。



群馬大学大学院教授の片田敏孝氏 より















テーマ:
ずっと行きたかった
アーサービナードさんの講演会
ついに、行って来ました。

子どもと一緒に行ったのが
よかったのか
最後に絵本いただいて
サインしていただき
一緒に写真まで
撮ってもらっちゃいました。

うまく内容が
まとめられなかったところ
Facebookで
まとめてくれていた方がいたので
許可をいただいて
転載します。

アーサー・ビナード講演会で聞いた事が皆の支えになれば嬉しいです!皆様まもご存知の通り,辺野古移設で現在行われているボーリング調査等は、全くペテンです!
私達に諦めさせようとそのムード作りをしているにすぎません!
決して諦めてはいけないと、私達は心すべきです!
アーサーさんのおっしゃるのには、普天間から辺野古への「移設」という事ではないとの事、そもそも昔から辺野古に「新設」しようとしていた訳ですね、奴らはーー:
普天間にはいっくら探しても港はないのに,辺野古に移設が変とおっしゃってました。その通り!!
そしてあくまで諦めムードを誘う為のボーリン調査です!
まだ勝てる!っておっしゃってました。
頑張りましょう!!まだここからです!!!
騙されるもんですか!?

日本人なら知っておかないといけない大事な話、
既にご存知の方もそうでない方も是非聞いてほしい
話の断片を以下にまとめてみました。

日本人なら耳にした事のある第五福竜丸の被爆事件、その当時彼等の被爆をよそに、日本ではアイゼンハワー大統領の命令下中曽根(我が群馬出身です!)と読売新聞 正力 松太郎は、原爆の唯一に被爆国である日本人であるにもかかわらず、核の平和利用等と言う耳障りに良い言葉の元に、その予算を2億3千5百万とったのです!!この予算の数字の意味を知ってぶったまげましたわ!なんと!広島に落とされた原爆のウラン235の数字をだじゃれのごとく扱った予算だったののね!???許されますか??こんな事!
でこのお二方は核の平和利用キャンペーンのPR係!
このお二方のアメリカへの協力のおかげで、私達はアメリカの核開発の資金作りに私達の血税が使われる構造を作られた訳だという事。
皆様、読売新聞購読するってことは、原子力マネーにお金払うってことだそうですよ!!唯一の被爆国なのに!これはセカンドレイプだと思います。
アメリカでは原爆は戦争を終わらせる為の手段だったと教えているそうなのですが戦争を終わらせるだけなら東京大空襲だけで十分だったという事。しかもその大空襲は下町等、権力者や大企業に被害が及ばない地域で、彼等を脅す為のものだった訳なのよね~ーー:
で、それでもう終わりにしても良かった訳なのに、アメリカではプルトニウムの開発がまだ終わっていなかったので、あの手この手で長引かせて、無駄な日本への攻撃(沖縄とか><)を続けたっていう、非道ぶり。
広島への原爆はウランだったけど、ウランは天然資源でいつかは枯渇するから それじゃあ世界を牛耳れないと思ったらしい。
だから完成したプルトニウムで長崎への原爆投下って何よ!!?
そして彼の言うのには、日本はアメリカの為にプルトニウム作りに励まされ、汚染まみれ。でもってアメリカも最終処分場ないので、日本に押し付けようとするかもですって(怒)
アメリカからいつ独立するのか!?って言われました><
早く独立する為に、心底頑張らないと、日本は住めない国になっちゃいますよ







AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
子どもが、小学校から、プリントもらって来ました。
安全だって、言いたいんですかね~。
なんかイヤな感じです。
photo:01





iPhoneからの投稿
AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

おととい、かがや富士子さんの  

総決起集会に音楽センターへ行ってきました。

事務局として行ってきたので

近くで、ニュースペーパーの方や

海江田万里代表も

拝見することもできました。


安部さんの物まねで有名な福本ヒデさん

気さくな好青年でした。

オバマ、小泉元首相の物まねで有名な松下アキラさん

オーラをビンビンに感じました。


海江田代表ダンディでした。

背も高いし素敵ですね~。

かがや富士子さんの

ご主人とお子さんが一緒に

控室にいたのですが

優しく子ども達に

声をかけたり

ご主人に話を聞いたりしていました。




かがや富士子さんの演説で

自民党は憲法9条を変えて

戦争のできる国にしようとしている。

戦争に行かない人は死刑にしようとする。


アベノミクスで景気が良くなるもの今だけ。

景気が良くなったのも

一部の大企業だけ。

庶民の暮らしは給料も上がらず、

ガソリンや生活品上がったりで

苦しくなっている。


雇用が増えたといっても

それは非正規労働者

反対に正規労働者は減っている。

限定正社員というのは

働く場所、仕事がなくなったら

簡単に辞めさせられる。

転勤ができないといっても

辞めさせられる。

ますます、1%のお金もちにに

お金が集まり

ほかの99%の人は

ますます生活が苦しくなる。


TPPに加入すると

国民皆保険が崩壊して

医療費が高くなり

お金持ちしか病院に行けなくなる。


自民党は福島が収束してもいないのに

原発再稼働しようとしている。

犠牲に上で成り立っている

原発反対。

脱原発、再稼働反対

放射能から子どもを守る。

お母さん、お父さんも守る。


子ども達がが勉強したり恋をしたり

遊んだり喜んだり悩んだり

普通に暮らせる世の中にしたい。


等いろいろ聞いてきました。

すべてで共感できました。


mixiに出ていたのですが

京都新聞に載ってた数字ということで

安倍首相が自慢している雇用者が60万人も増えた、の内訳

アルバイト 100万人増加

契約社員  60万人増加

嘱託・他   20万人増加

正社員   120万人減少

全然正社員は増えてません非正規分くらい

こんなに減ってます。


福島が全然収束もしていないのに

再稼働なんてありえません。

放射能で群馬だって汚染されています。

昨日生活クラブの

汚染データ見たら

群馬のレタス検出されていました。

出ないと勝手に思っていて

群馬のレタス食べていました。


自民党政権になってしまったら

子ども達夫兄弟を

戦場に送ることになってしまいます。

拒否すれば

死刑になってしまうかもしれません。

私は子供たちを

夫を兄弟を戦場に行かせたくありません。


私は子どもを守ってくれる

かがや富士子さんを

応援します!!



かがや富士子さんのブログ
より


戦争か死刑か…。


想像して下さい、自分の子どもが戦争へ行くか、死刑になるかの選択を迫られた時のことを。


今回の選挙は本当に重要です。


私は子ども達に戦争のない平和な日本を残したいと、出馬を決意しました。


自民党の石破幹事長が、「戦争に行かない人は、死刑にすると発言」(東京新聞)

http://velvetmorning.asablo.jp/blog/2013/07/16/6904448  


かがや富士子さんの決意表明  


かがや富士子でございま~す。

無事に選挙本番の初日を迎え、元気に笑顔で過ごす事ができました。

ここまでやってこられたのも、支えて下さったみなさまのおかげです。

そして、群馬県内各地域でポスター貼りをして下さったみなさま、本当にありがとうございました。心から感謝しています。感謝♡感謝。


4月の最初に、群馬県の民主党から出馬のお話を頂きました。

正直な気持ち、「えっ、なんで私に?」と言う驚きとともに、

「民主党からかぁ」でした。

はっきり言って、民主党にがっかりしていた一人でした。

でも、一緒に脱原発の市民運動をしていく中で、

民主党の地方議員の方もいたし、

群馬の民主党の方とは、いろいろ話を聞かせてもらえば、考えも近い。

私はとにかく、自民党を倒したい!

その為には、群馬県においては、反自民党の受け皿になるのは

民主党だと思いました。

民主党にはがっかりな部分もあったけど、

民主党を群馬県から変えていきたい。


民主党逆風の中、そして、我が家には小さな子どもが3人もいて、

私が選挙に出たら、どうなるのか、

考えれば不安と恐怖でいっぱいで、出馬の決意をするのは、

自分の身体も心も、

壊れてしまうんじゃないかと思う位に苦しみました。


でもでも、今、自民党政権、

二度と戦争をしないと約束した憲法9条を変えて、

日本も戦争を海外に、わざわざ仕掛けられる国にしようとしています。

もし、憲法9条がもっと前に変えられてしまっていたら、

日本もアメリカと一緒になって、

イラク戦争で人を傷つけ合っていたかもしれません。

私は、子どもたちが、勉強をしたり、恋をしたり、友達と遊んだり、

そう言う事が普通に出来る日本を残したい。

そして私たち大人も、仕事をしたり、お酒を飲んだり、

踊ったり、音楽を聴いたり、本を読んだり、

普通に年寄りになれる日本であってほしい。


憲法が変えられてしまってから声をあげても遅い、

戦争が起きてから声をあげても遅い、

今度の参議院選挙でしっかりと戦わなければならない、

そう思って出馬の決意をしました。


今度の参議院選挙、憲法だけでなく、原発、TPPと、

とっても大きな問題が問われています。

福島第一原発事故の原因究明すらされていないし、

まだまだ原発事故の影響で苦しんでいる人がたくさんいるのに、

原発を再稼働させていいのかな?

TPPに日本が加盟すれば、

私たちの生活が大きく変わってしまうのに、

私たちの多くがTPPの影響を知らない。

なのに加盟してしまっていいのかな?


ときどき、「今回の参議院選挙で名前をうって、

まだ若いから次で頑張ればいいよ」な~んて言う人がいるけど、

みんなはそれでいいのかな?

今度の参議院選挙のあと、3年間は国政選挙がありません。

自民党が勝利をすれば、

自民党がやりたい放題の3年間になってしまいます。


選挙に出馬する事は本当に怖かったけど、

でも日本がメチャクチャな世の中になってしまう前に、

小さな子どもを抱えてでも、

勇気を振り絞って立ち上がりました。

どうか、みなさんもあきらめないで、

一緒に立ち上がってください。

どうぞ、かがや富士子をよろしくお願いいたしま~す。








AD
いいね!した人  |  コメント(2)

[PR]気になるキーワード