http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1484195325/

 

移民・難民は、しょせんは物質主義者や享楽主義者なのです。金、金、金。

移民難民は、いくつもあるはずの移動先の候補地から、

もっとも豊かで楽ができそうな国や地域を目指します。

 

留学生30万人計画とは【自民党のグローバリスト、福田康夫元総理が「日本を世界に開かれた国とし、人の流れを拡大していくために重要である」として、第169回国会(平成20年1月)の施策方針演説の中で打ち出したことにより、2008年7月29日文部科学省によって策定された計画の一つ。日本が世界に対してより開かれた国へと発展する「グローバル戦略」の一環として2020年に日本国内の外国人留学生を30万人に増やすというもの。外国人に対して日本の大学への入り口と卒業後の社会の受け入れ態勢の改善などを行うなどといった政策を実施することにより日本社会そのもののグローバル化を目指すとしている。】

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%95%99%E5%AD%A6%E7%94%9F30%E4%B8%87%E4%BA%BA%E8%A8%88%E7%94%BB

…要するにドイツのメルケル首相に負けず劣らずの狂気の沙汰の移民政策の一環であり、日本を外国人移民の為の理想郷にする売国政策なのは一目瞭然です。日本人は外国人移民の召使いになり、日本を骨の髄までしゃぶらせて明け渡しなさいということですからね。

 

 

国は自国民の為のもの、日本は日本人の為の国です。

福田康夫の主義主張は、それに真っ向抗うものなのは明白です。国民主権の放棄です。

 

【グローバル企業の人間バージョンが「経済移民」、人間バージョン予備軍が「不法移民」と「偽装難民」】
外国人だらけの国は、従業員が国家への帰属意識もなく、既存のその国の企業が潰れても胸が痛まず、恨みにも感じない、まさに多国籍企業にとっては
夢のような国なのです。もう誰にも気を遣うことはありません。慌てて「弊社は投資先の国に多大な貢献をしています」なんて言わなくてもいいのです。

経済移民(合法、不法とも)もそうですね。東日本大震災で多くの外国人が帰国したのを見てもわかるように、自分にとって利益にならない、
儲からなければ日本から出ていくのです。関税を無くせとか、規格を統一しろとか、企業が自由に海外活動を出来るようにルールを
一つにすること(TPPなど)は、個人の場合で言うとパスポートやビザ無しで行ける国を増やすことと同じです。

グローバリストが移民(合法、不法関係なく)を奨励するのは、自分と同じだからです。http://ameblo.jp/evening--primrose/entry-12238037685.html

 

留学生などを日本で就職させる経済移民(外国人労働者)受け入れ政策は紛れもない移民政策です。経済移民(外国人労働者)受け入れ政策は
日本の少子化をより悪化させて、日本人が減り、永住する外国人が雪だるま式に増える負の連鎖について下記記事に各種解説が多数あります。
以下、「留学生なら」「高度人材なら」「親日国なら」「技能実習生なら」「帰化人なら」と考える人に対する反論一覧です。
http://www.sakuranokai.org/article/409816555.html

 

【「経済移民(外国人労働者及びその親族)・難民受け入れ反対、外国人の永住促進の多文化共生政策反対」が差別にはあたらないこれだけの理由】
1. 外国人受け入れの是非はあくまでも国益の観点から議論すべき政策上の問題であり、社会の仕組み・システム上の問題です。
感情論にすり替えられる性質のものではありません。続きは下記からどうぞ。行政機関や日本語学校や人材派遣会社や多文化共生主義団体等への抗議にも活用してね。
http://www.sakuranokai.org/article/432420625.html

AD