平成25年度分のデータです。

とかく韓国人や中国人ばかり槍玉に挙がりますが、その他の
外国人の人種の実態も酷いものです。
入国や居住や帰化規制すべき人種は数多いるのをお知り下さい。

一人でも多くの方に日本の危機を知っていただければ幸いです。

外国人犯罪は日本に限らずですが、自国民より検挙率が低いです。
捜査は困難を極めます、聞き込みなども根無し草の
流浪人であるため、集まりにくいからです。

特定されずに国外へ逃げ帰っていたり、何食わぬ顔で
ふんぞり返っている外国人犯罪者が日本国内に無数にいると
考えるのが賢明です。車の鍵がなくとも盗まれたり、
明らかに外国人が殆どいなかった時代に
比べて治安が悪くなりました。
家の戸締りも日本人だけが住んでいなくて
日本全国に外国人が住んでいる為油断も隙もない、
あからさまに日本人を標的に日本に住んでいる外国人がいます。

外国人犯罪なのにカウントされない不公平

日本人としてカウントされる、その概要

在留資格別

犯罪インフラ

中国人、ベトナム人

韓国人、ブラジル人、ナイジェリア人

外国人の子供の犯罪者と総括

とかく生活保護というと在日韓国人が悪い例として挙げられますが
それに負けず劣らずの人種がいます。
今回は中国人と日系ブラジル人の例を挙げてみましょう。
リポート記事は、こちらです
リポート記事は、こちらです


外国人犯罪者は日本全国の日本人が標的です。
迷宮入りの未解決の窃盗、殺人事件の中にも外国人犯行のものも
あると考えて、言うまでもないかもしれませんが
警察での暗黙の了解があります。

「外国人を見たら犯罪者と思え」警察署のお知らせに
不審な外国人がいないか、お伝え下さいというお知らせが
如何に外国人犯罪に難儀しているか、捜査に協力してほしいかの
意思表示であります。本国でのノリで犯罪を犯す外国人も増えつつあり
日本の警察官は文字通り命懸けで外国人と対峙しています。
外国人は性悪説が常識であり、凶悪ですからね。
だからこそ海外と日本の治安に雲泥の差が出るわけです。
AD