馬森(まもり)牧場  千葉県南房総市・馬と遊べる愉快な体験牧場

海の近い、予約制の小さな牧場です。体験乗馬ほか外乗・宿泊・撮影プランもご用意。
ご予約はメールまたはお電話:0470-58-0213にて。


テーマ:

朝イチでコーネンキの通院。

汗をかかない、疲れがとれない、寒がるなどの症状から甲状腺機能障害の血液検査をうけました。
 

これは通常の健康診断では調べないホルモンの数値だそうです。

コーネンキの症状の中に甲状腺機能障害が隠れている場合があるそうで、念のために採血してもらいました。

 

13時から頼まれた草刈りへ。

白い花咲くミカン畑の中を、モアでばんばん刈っていきます。

機械が大きいのと、ミカンの枝が垂れて本体に当たるのとで、面積の半分くらいしか刈れず。

「牧場管理と馬のトレーニングで手一杯、手伝う余裕がない」 ことを伝え、自分も時々頼んでいる地元の人材派遣事務所のご紹介をして帰ってきました。

 

そう、馬飼いは時間がいくらあっても足りないのです・・。

 

馬を扱ったことのない方のイメージは

「馬は優しい、賢くて素直で人が大好き、心をこめて接すればいつだってその背に乗せてくれ、なんでもいうことを聞いてくれる」
 

こんな感じですが、実際は
 

「人と馬を含めた群れでの上下関係に敏感、賢く順位が下の者の命令は聞きにくい、常に人を試すので優しいだけでは徐々に馬が上位になってしまう、安全に人を乗せるには地道なトレーニングが必要、命令と行動を確実に関連づけるにも時間がかかる」 ものです。

 

(乗馬クラブで自馬を持っていると、このあたりは全部クラブがやってくれますので、オーナーは猫っかわいがりだけすることもできます♪)
 

単身運営+10頭では、我が牧場だけでも手が足りていません。

コーネンキと喘息で通院中の身ですし、

「後先考えず困っている人の頼みごとを全部聞くこと」 よりも、
「自分が余裕を持つこと」を優先しました。

 

牧場南東の、お隣の草地を

餌にするためにざっと刈り取り。所要時間25分。

軽トラから草刈り機を下す時、斜面で作業したのが運のつき。

シフトレバーを覆う部分が土に当たって、バックギアが入らなくなりました(´Д⊂)

大急ぎで修理工場へ持っていき、バールで曲りを直してもらってほっと一息。

これで明日からもばんばん刈れます♪

 

さてタイトル。

ツナギはなかなかSサイズがない上に、メッシュとなるとさらに品数が少なくなります。

4種類のツナギを購入して比較検討した結果、真夏の農業女子に一番良いと思われるものをご紹介します。

長袖メッシュツナギ *Sサイズ売り切れ、再販予定なしだそうです

国産品で縫製もしっかりしており、生地もさらりと薄く、風通し抜群!

今日の陽気だと、寒くて着られません(笑)

 

牧場作業は真夏でも怪我や虫刺され、日焼け予防のために長袖必須。

30代の頃は体力がありどんなに暑くても平気でしたけれど、さすがに40代後半になると動きが鈍くなってきました。

 

仕事で使う肌に直接触れるものは、良いものを買うべき。

これなら蒸し暑い真夏の草刈りも外乗も快適に過ごせそうです(*゚ー゚)

 

まだ疲れが残り、部屋は過去最高に散らかりっぱなしですけれど、それを気にしない夫Tが洗濯物や洗い物を手伝ってくれます。

 

「散らかってても死にゃしないさ~」と考え、心と体力に余裕ができるのを待ちます。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

菅野奈保美さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります