馬森(まもり)牧場  千葉県南房総市・馬と遊べる愉快な体験牧場

海の近い、予約制の小さな牧場です。体験乗馬ほか外乗・宿泊・撮影プランもご用意。
ご予約はメールまたはお電話:0470-58-0213にて。


テーマ:

夫Tと朝5時台のアクアラインバスに乗って

中央線に乗り、健康診断です。

黒い三角のつり革がウエスタン鞍のあぶみに見え、

「ここまで足上がるかな」 などと脳内馬変換します(゚∀゚)

つか、取り替えて滑り止めテープを張ればそのまま使えそうです・・

 

検査の間の待ち時間が3時間半ほどあったので、20数年ぶりの路線バスでバス旅へ。

新井薬師へ行ってきました(^ー゚)ノ

手水には桜の花びらが! 雅ですね~

コーネンキ早期治癒を祈願し、お線香を立てました。

お線香も一昔前の「服に染み込むようなきつい臭い」ではなく、「ほのかな香り」になっています。

 

健康診断の結果はほぼオールAヽ(´ー`)ノ

体重もウエストもほぼ同じで全体的に年々良くなっており、死なない気がします(笑)
コーネンキと喘息の治療を継続し、怪我に気を付ければ元気に牧場運営が続けられるでしょう。

 

検査後、八重洲ブックセンターで乗馬本を3冊購入。

そのうちの1冊 バック・ブラナマンの半生

読み始めたところ、最初のカラーページにこんな写真を見つけました。

引用します。

「人間と馬が接点を持ち“フック”した瞬間。バック(著者)が離れようとするが、馬はもっと近づいてこようとしている。目に見えない糸で結ばれているかのようである」

 

これだ! とひざを打ちました。

わたくしが2012年の11月から行っている “見えない手綱” 遊びは、アメリカで “フック” といわれているもののようです。

怯えや暴力に頼らないトレーニング方法を模索している時に気づいた馬の反応で、これをなんと呼ぶのか知りませんでした。

 

魔法のようにも見えますが、コツがわかれば簡単♪
初対面の馬と紐なしで、一緒に歩いて簡単な障害を飛ぶことができたりします。

 

そしてもうひとつ!!

乗馬コーナーの横に、羽生結弦きゅんの写真集がありました!!

 

(*ノωノ)キャ-----

 

しかもファースト、そりゃもう即買いです。

コーネンキには目から入る栄養が一番効くのですから、保険適応して欲しいくらいです。

 

馬術の本を買って本屋さんを出る時はいつもポーカーフェイスですが、今日に限ってはニコニコでした(´ω`*)

 

都会の刺激を満喫して再びアクアラインバスに乗れば、東京駅から1時間半でカエルの合唱と青草の香りに包まれた我が牧場に到着です。

 

明日は乾草の買い出しに行きたいのですが、午前中はまだ雨が残る様子。

午後から乗馬の予定です。

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

菅野奈保美さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります