馬森(まもり)牧場  千葉県南房総市・馬と遊べる愉快な体験牧場

海の近い、予約制の小さな牧場です。体験乗馬ほか外乗・宿泊・撮影プランもご用意。
ご予約はメールまたはお電話:0470-58-0213にて。


テーマ:

整地の手を止め、馬の餌の買い出し。オオイヌノフグリが満開です。

しだれ梅もそろそろ終わりですね。

整地を終えて戻ると、絶賛リゾート中の馬たちが。

その中の一頭に
「さあ、お仕事だ。行くよ」
と言って馬具をつけると、嫌がるそぶりもなくサクサクついてきてくれます。

少女とナックル。
自分の合図で速歩(はやあし)が出せるようになりました(^ー゚)ノ

速足から常歩(なみあし)への移行もでき始めています。

小石を持って、子供の願いをかなえてくれるお地蔵さんのところへ。

願い事をし、小石を置くことで願いがかなうのだそうです。

あつかましくも、
「今だけ純真無垢な5歳の少女」になってお願い事をしてきました(゚∀゚)
子供の願いを聞く心優しきお地蔵様なら、片目をつぶって許してくれるでしょう♪

・・本日のサバ読み41歳分。
コーネンキの漢方薬が効きすぎです。

まるで霜が降りたかのよう、美しいキノコに覆われた枯れ木。

都会の管理の行き届いた公園だと、枯れ木はすぐに伐採されてしまいますから、目にすることはないですね。

同様に、道をふさぐつるもこんなに伸びています。

珍しく犬も連れて行きましたが、牧場から離れるのを嫌がり、すぐに帰ろうとします。
牧場で生まれ育った牧羊犬である彼は、自分が毎日見張っている家畜以外のものに興味がありません。
ボールを投げてもチラとも見ず、わたくしが拾いにいく羽目になるので、牧場内でのボール投げは禁止です(笑)

近くの河原で石投げをしたり

「男前ひよこ饅頭岩」を見つけてみたり。

う~ん、こいつはロック!(´ω`*)

一日50センチづつ耕している大久保の馬場の畑も、残すところ半分弱になりました。

夜にはフキ味噌作り。

「やや歯ごたえがあって、フキの香りがするしょっぱい味噌」
を作ろうとしたのですが、正反対のものができました(´Д⊂)

アクの抜きすぎ、炒めすぎ、砂糖の入れすぎです。
テフロンのフライパンで、弱火でじっくり焼いたのも良くなさそうです。
新たにフキノトウを採って、鉄のフライパンで焼いて足してみようと思います。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

菅野奈保美さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります