馬森(まもり)牧場  千葉県南房総市・馬と遊べる愉快な体験牧場

海の近い、予約制の小さな牧場です。体験乗馬ほか外乗・宿泊・撮影プランもご用意。
ご予約はメールまたはお電話:0470-58-0213にて。

NEW !
テーマ:

一年で一番寒いと言われる大寒の日。
雨で伐採の下見は延期になりました。
冷たい雨が降り、灰色の海にはもちろん誰もいません。

それでも心は日本晴れ♪
昨日は充実した整地をすませていますし、日々のお問い合わせも多く、お客様を迎える準備も畜舎の掃除と馬ふん出しも終わっています。

さらに地元のばんや温泉へ行き自分の足のマッサージをしていたら、新たな気づきがありました。

「触られてまったく痛みを感じない柔らかな箇所、わずかに痛みを感じる箇所、強い痛みを感じる箇所。
触れてみてまったく違和感を感じない箇所、わずかに違和感を感じる箇所、明らかに硬い箇所」 の、触った時・触られた時の感覚の関連性が、なぜか本日! 唐突に脳内でリンクしたのです。

これは今後の馬のマッサージに活かせます。

気づいてみれば
「なんでこんなこと、今までずっとやってて気が付かなかったの??」
と思えることですが、人一倍センサーのニブいわたくしにもようやくこの日が来ましたね。
まだ風邪が100%治っていないのでお酒は飲めず、紅茶と菓子パンでお祝いします。

実は馬もそうなのです。
こちらの希望、たとえばナックルの丸馬場での人を乗せての速足(はやあし)が伝わるまでに2年もかかりました。
5歳まで1頭でペットとして育ってきたナックル。
急に現れた馬の群れへの依存が強く、人への怯えが全くない彼のトレーニングは難しいものでした。

あれこれと方法を模索して彼の世界にそれが伝わったその日が 『人との契約日』。
「こうすればいいんだ」 と納得した今の彼は、決められたルールに従っていつでも気持ちよさそうに速歩してくれます。

そんな日は珍しく髪もドライヤーで乾かしてダウンジャケットを着用・湯冷め知らず。
さらに内側からも心の暖房がついています♪
これはタイトルどおりで、最後に書きます。

整地と雨で電気柵張りは延期。
気温が低い日が続くと、芽吹いたばかりの牧草も息をひそめます。

去年、虫がついてほぼすべての葉を落としたシルバープリペットの木。
「頑張れ」と声をかけただけで薬も散布しませんでしたが、暑さ寒さに強く地質も問わない強木で、元気に新芽を吹いています。

砂利が浮いてタイヤが空回りする溝にギシギシの根を入れたら、良い感じの滑り止めになりました。
砂利だけでは固まらない地面も、土(プラスアルファなら消石灰)を組み合わせるとうまくいきますね。

整地中に拾ってきた鳥の巣を針金で留め

BBQペースの飾りにしました。
右上の空間に違和感があり

よく見たら、たるたるご本尊でした。
毎日撫でている夫Tにだけはご利益を授けているようです。

猫たちは冷たい雨の日でも好んで外出しますね。
寒がりですけれど、ずっと家にいるのは嫌なようです。

さてタイトルです。
赤字500万円代からスタート、毎年持ち出しで移住9年目の2016年度決算。
おかげさまでついに赤字が200万円を切りましたよっ(^ー゚)ノ


ちなみに去年はマイナス280万円でした。
すべてが自己責任の個人事業主には、流行のブラックなんて言葉はありません(笑)
それでも地道に経費が減り、売り上げが少しづつ伸びています。

まだプラマイゼロの水面に顔を出せてはいませんけれど、息が続くうちに水面に近づけている実感があります(´ー`* )

号外を駅前で配りたいくらいのマイトップニュースですが・・
・・内房線は1時間に1本しか電車がこないのでやめときます。
駅前にコンビニもなく、間が持ちません(笑)

明日は撮影プランのお客様の送迎からスタート。
気温も上がり、積雪の心配もなさそうです。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)