馬森(まもり)牧場  千葉県南房総市・馬と遊べる愉快な体験牧場

海の近い、予約制の小さな牧場です。体験乗馬ほか外乗・宿泊・撮影プランもご用意。
ご予約はメールまたはお電話:0470-58-0213にて。

NEW !
テーマ:

深夜2時ごろから大雨。

小雨になったところを見計らい、Nワゴンの内外をぴかぴかに洗い上げました。

その理由は数日後(*゚ー゚)


昨日一部抜糸した犬は傷口をなめて広がってしまい、再来院。

生まれて初めてのカラーをつけられ、しゅんなりしています。

不便そうですけれど、命と引き換えですから我慢してもらいます。


それでも馬が少しでもおかしな動きをすれば、すぐに出陣モード!

子犬の頃から、動物を追って本能で動き続ける牧羊犬。

夢中になれるものがいつでも手の届くところにある人生、良いものですね(´ー`* )

彼の人生は、『夢中なときとそうでないとき』 の2種類だけです。


いびつな丸馬場を真円にする工夫。

駐車場に使うポールとプラスチックチェーンを購入。

中央に棒を立てヒモを通し、半径7.2mの円を描き、外周にポールと木材を置いていきます。

直径は約15m弱とちょっと小さいのですが、平らな土地のない我が牧場で作れる丸馬場はこれが最大です。


材料費は1万円くらい。

新たな柵を作るよりも既製品を買う方が楽で早いと判断しました。

この先のワンランク上の駈歩 (かけあし) トレーニングの準備です。

後ろ足に重心を移行させたゆっくりと高い駈歩や、途切れない速歩(はやあし)を目指してみます。

中で8の字をかくことで、馬の体の硬さの偏りも改善するでしょう。


不慣れなカラーをがんがんぶつけながら家に入る犬。

9月で8歳、年の頃はちょうどわたくしと同じくらい。

中年をすぎるとどこかしら悪くなりますから、お互い気を付けていきます。

最後は不動産のお話。

今年は年明けから

「近くに物件はありませんか」 と聞かれることが多いです。


自分自身が情報ゼロで移住してきて丸9年。

都会の感覚との違いも含めて説明できるようになっています。


どこに行っても楽しいことを探す方なら、こんなにいいところはないと思います(*゚ー゚)

海はきれいで空気は澄み、東京へのアクセスも良く、住民は親切、食べ物もおいしくて静かな環境です。


地滑り地区で家がゆがむ、雨が多い、泥地で草刈りが大変、車がないと生活が成り立たない、人口と求人が少ないといった地域の特色も含めてアドバイスしています。


明日は撮影、朝から馬を洗ってお客様を待ちます。

気圧も上がるようで、この頭痛と発熱も良くなるでしょう。

いいね!(8)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)