演劇とか それを取り巻く人たちとか

ほぼ個人的な観劇日記に。
イベント運営+素人の視点で観ている事が多いです。
本番以外の前後も大事!

★ツイッター使い始めてみました。
@mamomya


テーマ:
更新。
わざわざ消した所があるのは悲しいですねーヽ('ー`)ノ


□マグズサムズ
1月18日(水)~1月23日(月)
『パパママ★サイバン』
シアターグリーン BASE THEATER
http://www.magzsamz.com/
高校生以下1,000円


□ナカゴー
1月21日(土)~29日(日)
『ベネディクトたち』
あさくさ劇亭
http://nakagoo.com/


□革命アイドル暴走ちゃん
2月16日(木)、19日(日)
『イカれた女子が世界を救う』
横浜人形の家 あかいくつ劇場
http://missrevodolbbbbbbbberserker.asia/
高校生1,000円


■レティクル東京座
L<ライト>エンタメ公演
『アイドル♂怪盗レオノワール』
2月22日(水)~27日(月)
シアターグリーンBIG TREE THEATER
高校生以下1,000円


■X-QUEST
2月24日(金)~3月5日(日)
『ファントム・ビー』
駅前劇場
http://www.x-quest.info/nextstage/
高校生以下2,000円


■高校演劇春フェス2017年岐阜(大垣)大会
3月18日(土)〜20日(月)
大垣市民会館
※春の全国大会(各ブロックから次点校が参加)
無料


□アガリスクエンターテイメント
3月22日(水)~28日(火)
『時をかける稽古場2.0』
下北沢駅前劇場
http://tokikake2.agarisk.com/?page_id=474#tokyo
高校生500円


□山梨オープン小演劇祭
3月26日(日)
甲府南高校フロンティアホール


□コン劇
『段ボールの上でプリントを書くと穴が空く』
4月1日(土)~2日(日)
プロト・シアター
学生800円


■トツゲキ倶楽部
4月19日(水)~30日(日)
『独立愚連飯店』
「劇」小劇場


■ままごと
2017年8月
『わたしの星』

■月刊「根本宗子」

■渡辺源四郎商店

■ポップンマッシュルームチキン野郎

□高校演劇サミット2016
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
花まる学習会王子小劇場の北川大輔さんのディレクターズワークショップ関連のブログ記事を読んで次の様な呟きをした所、

「前年、前々年度と見学をさせていただいた企画。すげえ。すげえよ、これ。
話題の人の参加にちょっと笑った。
そして、ネガティブな事を言っても仕方ないけれど、演劇人が50人も集まるとやっぱりそうなるのか、と言う残念さを3年連続で感じるとはなー。 」

北川さんから
「@mmm_aoya ちなみにそうなる、ってのの、そう、っての、こっそりでいいので教えてもらえませんか?」

とリプを貰ったので、返信のつもりで書きはじめて変な方向に行ったモノ→


ではDMで。と言うのは不毛だと思うので言ってしまいますが、や、そのまま、初日の準備不足、の部分です。
例えば前年度の模様を知る術もあったはず、そう言ったモノすらもスルーして応募してしまう人がいるのだなと。

自分は作る側の人間ではないので、ひょっとして稽古前に台詞を入れる事は想像よりも難しいのかしら?なんて事も考えたのですが、北川さんの反応等を見るにいや、そんなこともないのですよね?と推測しますが。

特に酷い人がいますが(差し替えが今回あったのは本当にびっくりしています)、自分の体感では比べたらマシなだけで求められている事が出来ているのは一割くらいなのかなぁと。流石に低く見積り過ぎですかね?

その比率は容易に観劇に行った時の期待に変換されます。卑怯な物言いをしますが、観客として、実はあの場にいた殆どの人を好きではないな、と判断をしていて、ではあなたの公演を観たいです、と思えるのは一握りだったのです。

勿論、4日間の過程も最終的な作品も無茶苦茶面白く感じていて、これ以上があったかもしれないって事?すげえな、と思っていたわけですが。
ただ、ふと思ったのがこれは普段の観劇でも既視感があるなと。
例えば評判の良い中堅所の劇団を観に行っても台詞入ってねーじゃねーか!
なんて事はまああって、ただ全体としては面白いと思う事はあって。

なにかこう、準備不足でも誤魔化しのスキルで観れるモノに仕上がっている事があるのかな、等と。
4日間と言う凝縮された時間の中で同じ事が起きているのかもしれない、と。
ただ、自分が見学して判断した限りでは、そこじゃない!はずと思うので。
当時は主旨とは違うけれど、ハズレを引いた時にどう対処するのかも力を試され部分なのかもなーなんて事も考えていましたが。

また、言語化は大事だよね、と言う事が何度も言われている中で、例えば50人の参加者がいてこの分量で良いのか、とかも思っていたりします。
勿論、対外的に発するのだけが言語化では無いと思います。
自分の中できっちり処理をしている人もいるでしょう。
ただ、全員が正しくそれを行えているかと言う事を信じる事は出来ません。
てか、無料で参加してるんだから外に向けて発信する人がもっといてもいいだろ!とか思ったりして、これは単に外側からの愚痴です。

クローズドな企画になってしまうと来年も同じ事が起きる気がしますし。
いや、余程の事が無いと起きるのでしょうけれど。

恐ろしいくらい僭越な事を言っていますが、自分はこう言うのを気兼ねなく言える為に客席側に座ってる事にした人なのでご容赦を。

少なくとも東京の演劇人はかなり多すぎると思っているので、出来ないならば演る側にそんなしがみつかなくてもいいんじゃないか、等とも考えているのもあり。
いや、けしてネガティブな意味ではなくて、観客オンリーでだって演劇には関われるのは示したいのです。

自分がそうだからってのはあるんですけどね。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
別格。
観たのは地区と文化祭公演。
下手すると仕事で観れない日程だったので、兎に角縁があった。そう言えば前年度の地区も観れたのは縁だったんだな。

作品としては地区大会のモノをもっと沢山の人に観て貰いたかった。
賞を狙って、とか言う意味ではなく、大会に向けられた作品と思うので、上位大会に進んでいたらその変化が楽しかったろうな、と感じています。

演劇のバックステージモノはそれなりにあると思っているけれど、高校演劇としては新鮮だった。自分は今、恐らく理解のある方の大人ではあるけれど、それでも現役の時に関わった事が無い身としては知らない事とか、よく分からない事が結構あるんですよね。
自分の好きなモノはこういう世界なんですよ!と説明する時に是非観て貰いたい作品。

終演直後の客席の雰囲気。近くにいた別の学校の子が本当に感激した拍手をしていた事を忘れられない。

そもそも前年度の『女子力向上委員会』が大好きで、そちらは都大会まで行ったけれど、地区が特に好きだったな。会場の空気をいつの間にか変えていた作品だった。
その時に、自分がここのファンである土壌は既に培われていた。
だから邪道の極みかもしれないけれど、終わった後、関係者のかたとお話が出来た事がファンとしてとても嬉しかったのです。
あ、お話と言っても思いの丈をDMでお送りしてお返事をいただいた感じ。

そこで生まれたやりとり、その後のやりとりを考えると自分にとって観劇の最高の形があったんだと感じています。


また全国大会、国立劇場と立て続けに観た岐阜農林 『Is(あいす)』に揺さぶられ、ああ、観劇はもういいかもしれない、くらい満足した事が一時あったのですが、実はこちらはほぼ同じ時期に観ていて、恐らく相乗効果で揺さぶられていたし、やっぱり観劇したいよね、って思わせてくれた、繋ぎ止めてくれたのはここだなって思っています。
ふぅっー重すぎぃ!!

ファン過ぎて、昨年は冷静ではいられなかった自分もいるのですが。
こういった形で演る側と客席側が交わる事はもうないかもしれない。
環境は激変するだろうから。
ただ、この事はずっと覚えているだろうし、例え演劇で無くともまた素敵な交わりかたをする事があったら良いな。
とは思っています。
ありがとうございましたー!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。