最近のブログ更新はめっきり....夜、寝る前月のおじ

昼間は他の仕事に追われている事が多く
夜の方がゆっくりと更新できます。
今日も紅茶を片手に書いていますティーカップ

今日のインスタグラムインスタグラムでも画像をアップしたのですが
作図が4枚貼り付けられていた画像...えへへ…
あれではきっと分からないですよね..。

 

「額縁始末」についてブログでもう一度ご紹介したいと思います。

角の始末をする時に使う「額縁始末」
絵画などの額の四隅に似ている事から、この名前がついています。

角の隅はタテ方向とヨコ方向の縫い代が重なるため(合計6枚の生地が重なります)
厚みが出てしまいスッキリと仕上がりません。


角を綺麗に美しく仕立てられる額縁仕立ての方法をご紹介します。
「正しいやり方」と「もう少しだよね...おしい..」というやり方の2種類をご紹介しています。
ぜひ、最後まで読んで頂けたらと思いますにこ

●型紙について●

 
1.周囲を三つ折り始末にする場合、角は上図のような型紙になります。

 

2.ピンクの線を書きます。

 

3.水色の線を書きます(この水色の線が折り線になります)

 

4.ピンクの線をカットします。
これで額縁仕立ての縫い代付けが完成しました。

ちなみに...マミージュエルボックスPatterns Wellのパターンは
④の状態の型紙をお届けしています。型紙の操作不要ですぐぅ~。

※ピンクの線でカットする事により
角の縫い代が重なってゴロゴロする部分がカットされました。


次に仕様についてです。
●簡易的な額縁仕立てのやり方●

 

1.縫い代をアイロンでおります。(型紙上でアイロンの折り目線と記載している部分です)



2.型紙の水色の線の部分を上図の様に折ります。

 

3.出来上がり線で折ります。
出来上がり線で折ると角は自然に額縁の様になります。

 
 
 4.裏側を見ながら押さえステッチをかけます。

※この時額縁の隅はアイロンで折っているだけなので
隙間があいています。額縁の部分はステッチで止まっているだけになっています。


 

5.↑表から見た写真です。

この方法が間違いではありませんが...不十分ですザンネン…。
テストで言うと...70点泣き顔
縫製工場などで使っている仕様をご紹介します。

●正しい額縁仕様●

 

1.縫い代をアイロンでおります。(型紙上でアイロンの折り目線と記載している部分です)

 

2.上の写真の様にタテとヨコの縫い代を重ねるように折ります。
水色の線の部分をミシンで縫います。

※この時、1.で折り返した縫い代は折ったままミシンをかけます。

 

3.縫い代を3㎜程度に裁ち落とします。

 

4.出来上がり線で折ります。
※額縁の先は目打ちなどを使用して角を出して下さい。

 

5.アイロンでしっかりとプレスします。

 

6.裏側を見ながら押さえステッチをかけます。

 

7.表から見た写真です。

角の厚みを確認してみて下さい。
とてもすっきりと美しく仕上がりますキラキラ
中縫いを入れる事で更に丈夫に仕上がります。

給食のナフキンの角、エプロンの隅
などなど....活躍する場は多しです!

洋裁はちょっとした工夫で仕上がりに差がでます♪
ぜひ、取り入れみてくださいねWハート
 
 
 
 
 
 
 
 


 

 
 
 




AD